2017年10月19日

ファンタスティック・フォー

リブートされたアメコミ映画、お前もかという感じ。

これはねぇ酷いです、そんなに出来の良くないテレビドラマの第一話という感じです。

なんか中途半端な青春モノになってしまっているのですよ、トコトン青春モノにして二人の若き天才科学者の科学に対する考えのぶつかりあいみたいな映画になっているのならばまだしも中途半端にヒーローモノになる為に見応えが無いのです。

でもかなりの時間を超人になるまでの話で尺を使っているというおかしな作り。

ベンの家のやさぐれ感とかを入れるので有ればもう少し大人になっても救いのない感じとか丁寧にやれと思うのよ、中途半端なキャラクター付けのシーンの為になんかチグハグな感じがするのですよ、それに友情の亀裂とかがどうにもシックリ来ないのよ。

主人公は非常に申し訳無いと罪に苛まれてもベンは笑いながら文句を言うくらいが丁度いい、いずれ解決してくれる、だって天才だからねと信じてくれる位の方が僕的にはスッキリ、少年時代からの付き合いを描いているのだからね。

逃げた時も必ず戻って来ると信じている方がグッと来ると思うけどね。

またヒーローモノとしてみた場合にラストのバトルがどうにもカタルシスがない、非常にアッサリ味、それのせいでドゥームの強さが感じられないのよ、デザインのアレンジも何だかななぁという感じですし。

またメンバーの中に黒人も入れとこうという感じでキャスティングをするのは良いけれど兄弟で人種変えるとかマジですかと思う、意味不明のキャラ設定という感じなのですよ、どうせシングを黒人にすると黒人はお間抜けで不細工になるのかというツッコミが入るのを恐れたのだろう。

兎に角色々と雑に作りすぎ。

CGとかにしても異世界の描写とかがどうにもスケール感が無くてドンヨリというのもねぇ、其処でラストバトルってマジか!?と思うよ、予算無いのと思う位にショボショボなのです。

この調子だとまたリブートするんじゃないのと思うね、ここから続編作って当たりそうに無いからね。
posted by mouth_of_madness at 20:01| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

誰にでも出来ない仕事

誰にでも出来る仕事の逆として誰にでも出来ない仕事を考える。

政治家?結構色々な人がやっているし政治の能力が無くても出来ているし、人数もそれなりにいるので誰にでも出来ない仕事ではないよね。

弁護士にしても増えすぎて仕事に困るという事を考えるとこれまた誰にでも出来ない仕事ではない、社長にしてもなろうと思えば結構簡単になれる、食えるかどうかは別にして結構なれる。

アイドルにしても地下レベルならばある程度やる気でなれる筈。

風俗嬢にしてもAV女優にしても結構やる気があればなれるしね、役者にしてもミュージシャンにしてもこれまた結構なれる、料理人とかにしても成る事は大変かもしれないけれど余程の味覚障害とかが無ければこれまた仕事にする事は結構出来る。

職人にしても同じ時間をかけ真面目に修練すればかなりの人は最高レベルでないにしてもそれなりのレベルには達するのではないだろうか

そう考えると意外となれない仕事って宇宙飛行士とか首相とか大統領とかなのかも?でも此等の人って言うほど給料貰ってないよね、首相とか大統領とか社会を動かす影響力を持っていたとしても少ないよね、まぁ中国とかだとトンデモ無い額が動いていたりするみたいだけど。

誰にも出来ない仕事というのは殆ど無くって結局は超一流かそうでないかであり仕事で格差があるのは変ではないかと思えて来るのです。
posted by mouth_of_madness at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

誰でも出来る仕事

保育士は誰でも出来る仕事だから賃金が安い。

でも誰でも出来るから安いというのは何で?専門性があれば高いというのは何で?と思う、それを当たり前と思っている認識にこそ間違いではないのか。

同じ時間働いて、同じ様に疲労していく、どれ程の違いがあるのかと思う。

専門性が無くてもその仕事をする人がいないと社会は動かないのだ、色々と問題が生じるのですよ、それにねぇ仕事自体は一見簡単に見えて、誰にもやれるように見えてもそれを続けるという事になると誰にでも出来る仕事では無かったりするのですよ。

体力のある若い時にしか出来ないとかいうのも有ると思うしね。

保育士の場合。子供のご機嫌をとる、親のご機嫌をとるという客商売的に考えるとそれが上手く出来るというのは指名が多いキャバ嬢みたいなもんでしょ?それならばそれなりに給料貰っても良いはずだよね、教育者的側面も有るし、そう単純な仕事では無いよね。

それに現在、保育士不足といわれている訳ですよ、需要と供給という面で考えると不足分を埋める分が給料面だとしたら給料をアップするというのがスジでは無いの?

給料は需要と供給である程度決まるのではないか?それなのに低賃金でやっているとしたらそれは保育園利用者の甘えだよね、誰でも出来る仕事に金は出したくないけど子供の面倒をみろという傲慢だよね。

勝手な決めつけの価値観が生み出す給料の金額、俺の仕事は専門性高いからという勘違いが世の中をおかしくする。

誰でも出来るからという事より社会に対するその仕事の役割で評価するべきではないだろうか。

保育士の場合とかだと其処に子供を預ける事が出来る事で仕事を続ける事が出来る事で生み出す富、子供を諦め無くて良かった事による国家安定の富といった事をもう少し考慮するべきだと思うのです。
posted by mouth_of_madness at 19:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

人材流出

技術職の待遇を良くしないと流出するという問題。

実に難しいよね、金になるかならないかわからない研究開発費に金を出し続けている企業とそれをせずにその人材を引き抜く企業。

成果が出た人間だけを引き抜く訳である意味リスクは少ない(ちょっと出遅れるというリスクはある)、引き抜いた企業は研究開発分をその人間の待遇に使えばそりゃ技術職の給料は良くなるのは当たり前。

10年とかの研究もその人材を引き抜けばあっという間に追いつかれてしまう、引き抜くのもトップでなくてもいい、そりゃトップの人間の方が良いけれど新しい技術の理屈を知る者であれば使いモノになるのよ。

引き抜かれないような待遇をする為に給料を大きくすると、今度は研究開発費に影響が出るしね。

モラルの問題?

多分ベンチャーで大ヒット商品的イメージがあるかもしれないけれど、世の中の技術の大半は地味な日々の積み重ねが生み出しているのよ、色々な基礎技術が新しいモノを生み出しているのですよ。

その地味な事をやって来たのを成果だけを奪い使い捨てる、でもそれを合理的、賢い、技術者の評価を正当にしているというお花畑社会。

何時引き抜かれるかという恐怖感から何処も開発をしなくなると物事は停滞する。
posted by mouth_of_madness at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

ヘタレ

クラロワというゲームをやっていて思う事、負けそうになったりちょいとミスしただけで諦める人が意外と多い、時間の無駄にならない様にという配慮かもしれないけれどちょいと精神がヘタレすぎ。

シングルマッチで相手が諦めた場合の嫌感、タッグマッチで味方が抜けた時の糞感どっも不愉快な事には違いはない。

負ける事が嫌なのか 、時間の無駄が嫌なのかはわからないけれどそこから先にいく事がゲームの醍醐味なのにそれを捨ててしまう。

足掻いた先に辿り着く面白さが良いのに、色々な嫌感から逃げようとする。

ゲームに本気になるのがおかしいというのかもしれないけれどこの程度の嫌感に耐える事が出来ない人間、実生活の嫌感に耐える事が出来ているの?

無理な気がするのだけど・・・

まぁこういうヘタレは現実で疲弊しているのにゲーム位は楽しく遊ぶというのだろう。

遊びでまで苦労したくないというのだろう、そんなに暇じゃないしとね。
posted by mouth_of_madness at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする