2017年06月25日

深夜食堂

人気テレビドラマの映画化。

でも映画になっても大きく変な方向に振っていないのが好ましい、確かに一話完結のスッキリ感は薄くなっている部分もあるけれどあの世界の昼の部分とかも垣間見る事が出来てあのドラマの世界によりリアリティを与えている。

兎に角話は静かに進んでいく、ちっとも騒がしくなく日常のちょっとした傷口を覆う瘡蓋の様に進んで行くのです、観ていると実に優しい気持ちになっていきます。

話的には映画化しなくても全然出来る様な映画かもしれない、でも予算が増えた分だけ世界がより現実味を持ち構築されたと思います、世界の拡がりに予算を使った感じです、いい感じの予算の使い方だと思います。

日常で起きる事件ってこんなもんですよ、殺人も宇宙人も天変地異も無いけれど事件の当事者にとっては大変な出来事です、それに七転八倒するのが人生です。

派手なギミックや事件なんて無くてもいいんです、この店で出される料理と同じで素朴なモノでもちゃんと満足出来るのです。

馴染んだ味わいにホッとするし、胃もたれもしない、飽きも来ないのです。
posted by mouth_of_madness at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

AI

これからAIの時代が来るとか言われてます、きっと来ます、色々便利になると思います。

なんか一見AIって人間を作るみたいなイメージがありますけど実際は違います、まぁそういうアプローチも有りますけど実際はある分野のエキスパートを作るのが現時点のモノ。

多分人間の思考をAIで作るという事はミスとか記憶違い、勘違いとかもシミュレートする事になると思うのです、確かに人間臭くなるのかもしれないけれどウッカリ機能があるモノを使うのはかなり危険だし不便になります、まぁそのミスとかが新しい発想になったりもするのだろうけど、自動運転で偶にミスしますでは洒落にならないからね。

プランAとプランBの評価値が同じになった場合にどっちを選択するのかがAIの個性になるのでしょう、使用者の癖とか好みとかで微妙に理解して選択変えたりとかね。

そして人は選択のパターンに個性を感じるようになるのだろう、その挙げ句何でそっちやねんとツッコミを入れる様になるのだと思う。

そんなこんな妄想をしていたら何で人間の思考の仕組みをシミュレートしようとか考えるのだろうか?脳味噌の物理的、化学的シミュレートするアプローチは無いのだろうか?

そっちの方が難しい?

ソフトシンセでも電子パーツのシミュレートをして回路図通りに接続する事で再現するアプローチがあるのですよAIでもそんなアプローチがあっても良いんじゃないのかと思うのです。

まぁ既にあるのかもしれないけれどね。
posted by mouth_of_madness at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

小さな消費税アップ

単に小銭が増えるのが嫌なだけなんだけど、5円か0円になる様に切り上げするという消費税アップ法はどうだろうか、まぁ世の中的には切り捨てにしろというのだろうけどね。

緊急GPSボタンというのをスマホに付けるという案、押すと押された位置情報がサーバーに保存され、地震等で生き埋めになった時の位置の参考用になるとか、拉致とか誘拐の時にその場所の特定がしやすくなる。

動画配信ですけどローカル局番組専門チャンネルが欲しいと思う。

テレビにもいいね!ボタンをつけるべきだ。

パスタの茹で時間結構書いある時間アテにならない、特に輸入物、水の硬度とかの違いが影響しているのかも。

AKB総選挙での結婚発言、なんか演出臭い感じがするのですが、卒業するのが決まっていてそれを劇的にする炎上商法な感じがする、我慢出来る云々がどうにも臭いのです、チョイと名言みたいに仕組まれているでしょ?

欧州もアメリカも猛暑というけれど日本そこまで暑くないよね、朝方とか網戸で寝てるとチョイと肌寒し。

言論封鎖より怖いのは偏向報道による、思想洗脳により状況が理解できなる事、マスコミとか著名人は言論封鎖を嫌がるのは思考洗脳する既得権益を失う事。

今日は小ネタ。
posted by mouth_of_madness at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

嘘だらけ

最近のニュースを見ると何が本当で何が嘘かというのが全くわからなくなる。

昔からそうだったのかもしれないけれどあまりにも今の嘘が雑すぎてトホホになります、此所まで来るともう東スポもムーも笑えない状況。

東スポとかムーの方がまだワクワクする夢がある分だけ良く思えます。

今の政治とかのグズグズなんて誰も幸せににしないし、国を良くするモノでもないのは確か、単に社会不信になるだけのグダグダなのです。

兎角この世は化かし合いなのかもしれないけれど、此所まで杜撰だと子供かと言いたくなる、三歳児かと言いたくなります。

ホリエモンが三歳児で行こう的な事をいってますが三歳児の結果が今の政治やマスコミなのではないのか、知識だけのある三歳児というのが如何に問題かというのを実感しないのだろうかと思う。

この日本の状況をみるとまだ北朝鮮の方が大人に見える、背伸びしている中学生位に思えるからね。


厨二病と三歳児が多数を占める国、大人がいない為におかしな事になっていく国、それが今の日本。

三歳児がいても良いよ、世の中を動かすには必要なのかもしれない、けれどコントロールする大人がいない状態では今に大事故を起こすのである。
posted by mouth_of_madness at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

お金

日銀総裁も困る日本人のお金の使わなさ、でもデフレマインドって何?

モノよりお金って考える事?

今の日本、お金をそんなに使わなくても生活できるし、娯楽もタダで楽しめるモノが結構充実している、まぁ実際はお金を出してくれる人により施しを受けている状態になれきってしまっているだけなのだけどね。

其処で思う、人に施しをする仕組みをもっと充実させれば世の中もっと動くのでは無いのか?女性に酒をおごる同席酒場みたいなモノを色々な業種に発展させてみるのはどうだろうか?

いきなりはハードルが高いかもしれないけれど日常にそれがあるのが当たり前に成る位に時間が経てば良いような気がするのです、ファミレスとかで同席して払うのが当たり前位になれば世の中チョイと変る筈。

奢られっぱなしはマズイという事ならば5回に1回は逆に奢らないと駄目な仕組みとかを入れてみたらどうだろうか?

まぁ施しをしてその見返りを考えるのが難しい部分でもあるのだけど、世の中勲章好きという人がいるからそういうのを刺激する仕組みを国も考えればいいかもと思うのです。

奨学金とかにしても誰に払っているかわからないというのが良く無い、それならば奨学金に登録した学生のプロフィールをみて誰に何口という感じで寄付するシステムを作るべきだと思う。

お金の使う目的の無い人にその道を作るというのがこれからの新しいビジネスになるのではないだろうか。
posted by mouth_of_madness at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする