2018年04月25日

SING

日常に色々と問題を抱えた者達が歌を歌う事で崖っぷちから脱出しようとする映画。

何の捻りもない作りで素直に観れば面白いのかもしれません、でもなんか今一つしっくり来ない。

徐々に成り上がる感じがないのがグッと来ない部分だと思う、奇跡の一夜で大逆転という一発勝負的な感じがするのが個人的に面白くないのだと。

そのせいでこの奇跡の大逆転で上手くいったというエンディングの後にこの後また同じ様に失敗して徐々に落ちぶれるのだろうという後味の悪さを残しているのです。

どうにもそこがスッキリしないのです。

最高のステージをやって、客が入り過ぎと喜び過ぎで建物が壊れるオチで、文無しになってスッキリ、でも街を歩けばまた最高のステージを見せてくれと声をかけられる、金はないけど夢はあるみたいな方が僕的は良かったと思う。

今のエンディング、なんか成り上がって終了という感じなのです。

後なんだろう流れる時代感がチグハグな感じがした、わざと?
posted by mouth_of_madness at 08:10| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

テクノロジー

テクノロジーにより便利になる、今まで出来なかった事が出来るようになる。

確かにそうかもしれない、でもある面では人の価値を奪っているとも言える、現状の経済は人の価値を金に換算している様なモノなのだ。

テクノロジーは人の価値を発揮できる場所をドンドン奪う、これから加速してその椅子は減っていく、命がけ椅子取り合戦になるのですよ。



昔は三人必要だった仕事がテクノロジーの進化により一人になる、給料が3倍になるのならまだしも、基本的には据え置きです、給料増やしていたらコストダウンにはならないからね。

仕事が無くなった人は大変だし、仕事がある人も自分一人に責任がかかるという事で大変になる、まぁ仕事があるだけマシだけどね。

コストダウンを考えなければテクノロジーの恩恵で一人の仕事が減り余暇生まれる筈なのに人はそれをやらない。

ひたすら競争を続けなければ価値を維持出来ない社会を作ってしまっているからだ、それが人類の発展なのだろう余暇も増え負荷も減っているから長寿になっているのが正しい見解なのかもしれない。

でも昨今の企業の数値改竄とか見ると今一つそう思えないのですよ。


椅子を守るのに必死になりすぎて何をしているのか理解できない様な精神状態に成っている様な気がするのです。

テクノロジーが現状の社会システムと馴染まない、馴染んでいな歪みがこれからもしばらく続きそうです、早くどうにかしないとね。
posted by mouth_of_madness at 08:09| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

テクノ省

日本政治に足りない物として未来を予測してその対策をする省庁が無いという感じがする。

別に地震等の大災害や戦争とかを予言しろというのではなくテクノロジーの発展により社会生活の変化に対応する政策考えておく部署が必要だと思うのです。

ロボット技術やAIが発達した場合に失業する人をどうするかとか、もっと発達した場合に労働の対価としての賃金による経済の仕組みが成立しなくなった場合の時にどう対応するべきか、自動運転の為の道交法の整備等々色々と新しい技術の出現により問題が起きる事の予測を立てていくべき事が次々出てくるのですよ。

その時が来た時に対応しても遅すぎるのです、

仮想通貨とか遅くてちょいとした問題が起きたでしょ?

もう少し早めに法整備をしていればと思うのですよ、またネットショッピングとかの発達により小売店とかの閉店とかが起きる事とかも予測しておくべきだったと思う。

閉店する事がけしからんというのではなく、その変化で起きる問題点を軟着陸させる事が大事だと思うのです。

兎に角テクノロジーの発達は社会を変える、その変化の速度も速い、その事に精通し問題が起きる前に様々な可能性を予測し対策を用意して置くことがこれから政治には必要なのです。
posted by mouth_of_madness at 07:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

三十五万円

麻生太郎が三十五万円のオーダーメイドのスーツを着ているとの事をテレビでやる愚鈍さ。

これが情報として意味ある事と考える愚鈍さ、これってマスコミの終焉だよね。

これで麻生はけしからんという考えている国民が多数いるしたらイヨイヨ日本も終わっていると思うね、国自体が非常に貧しくなっているのかなと思うね。

大臣がこの程度スーツで良いのか!恥ずかしいという方向だったらいいけど、高すぎけしからんというのはあまりにも貧乏臭いよ。

それに一般サラリーマン視点で見たら高いのかもしれないけれど三十五万円のスーツってそんなに高くはないと思うよ、タレントとかの私服チェックとかを見てもわかるでしょ?

閣僚レベルが吊るしで2着目半額みたいなモノ着てほしい?それこそ国際外交の場とかで恥ずかしい思いするのではないのと思うけどね。

それに麻生の金銭感覚がおかしいというのであれば、同程度の年収や資産の持ち主がどの程度のスーツを着ているのか比較しないと、野党議員の党首とかその辺りの議員がどの程度のスーツを着ているのかを出さなきゃ駄目だよね。


議員の金銭感覚の中でもずれてる部分を提示しないと無茶苦茶な文句ですよ。

自分の給料、資産で買っているのであれば基本的には問題視すること自体がおかしいのにね、税金とかの不正使用とかでなければ問題なしです。


多分この程度の事でガタガタ言うから景気が良くならないのだと思う、文句を言いたい位に景気が悪化したという事も言えるかもしれないけれど、僕は人としてせこくなっているのが実情だと思う。

金を持つ者が金を使わぬと景気は良くならないのです。


自分は金持ちになりたいと貪欲なのに、他人が贅沢する事は許さないこの構造が駄目、ただの貧乏で人を妬んでるのに清貧を求めるのが足を引っ張り景気を悪くしていると思うね。

posted by mouth_of_madness at 20:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

道具

道具に手が慣れ、仕事とかにガッツリ必要なモノになっているに壊れてしまい途方に暮れる。

後継機で更に改善されたモノとかがある場合はまだ良いのだが製造終了、後継機も無しとなると非常につらい、何時までもあると思うなよという話だ。

修理が出来れば良いのだがそれも出来ないというのが大体のハイテク商品の宿命だったりする。

壊れていないときはその商品のチェックなんかしないしね、最初から2,3台買っておくというのも何か違う、手に馴染むかどうかもわからないからね。

馴染んだら予備を買っておけというのだろう、でもここで問題になるがOSの変化やドライバーの対応という事にやられる場合があるから、予備があれば安心という訳にもいかなかったりもするのです。

ドライバー無くて諦めたりとかソフトに関しても新しいOSで使えなかったりとかで途方に暮れたりした事多数です。

メーカーが無くなって違うPCでアクティベート出来ないとかもあるしね。

その為に古いPCが処分出来ないパターンもあったりする、まぁそんなに使ってないモノの場合は諦めて処分しろというのが正解なのだと思うけどね。

色々なモノが生活に馴染んだ所で無くなる、これからも色々なモノを無くす、発展するというのはそういう事なのかもしれないけれどその事により不便になるのはチョイと辛い。

無常という事を知ったとしてもそれに慣れるのは中々大変です。



まぁ大体が無くなるモノ、後継機が出ないモノは不人気であまり必要とされていないモノだったりするから世の中的にはあんまり問題になる事はないのだけどね。
posted by mouth_of_madness at 19:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする