2018年12月15日

聖闘士星矢

これのアニメリメイクで男性キャラが女性キャラに性転換されてファン激怒。

聖闘士が男性ばかりはちょっとねというおかしな理由、いないのが差別的という考え馬鹿みたいです、それって差別とは何かというのがわかっていないのですよ。

この感じでいくと今にLGBTのキャラもいないと駄目になるし、人種も色々と出さないと駄目になりメインのキャラだけでも増えすぎて話が回らなくなるに違いない。

それにキャラの特徴付けでも色々とおかしな事になると思う、馬鹿な事をしたりすると〇〇は馬鹿だというのか!と苦情が来るんじゃないの?

これらの行き着く先はフラットな人間の形をした人間もどきしか出てこない不思議な物語になるのよ。

また今回の件の様な安易な改変を見るとその状況にテーマがある様な作品でも女性キャラにしたり黒人キャラに変えられたりというおかしな改変が行われる恐れがあるよね、何故かアフリカから奴隷としては連れて来られる様な話なのに奴隷の中に白人を入れるという様な訳のわからない改変が行われるのですよ。

この思考停止は尖った部分をどんどん削り丸くしていく、それは現実社会も蝕んでいく、このおかしな考えの蔓延が進むと人の個性も失われると思う、行き着く先は無個性、そして滅び。


posted by mouth_of_madness at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

カルロスゴーン

カルロスゴーンの拘束について、フランスの政府側は日本を非難する、でも国民側は日本よくやったと言う人々がいる。

日本擁護の意見を見ていると政治家のお友達の企業のトップ的金持は守られていて悪い事をしても揉み消してくれるという感じです、よくドラマや映画である様な腐敗構造に憤りを感じている状況です。

擁護している人は多分勘違いしている、日本にも同じ構造があると思う、でもカルロスゴーンと友達の政治家がいないだけです、まぁゴーン側にしてみれば極東の2流国家の政治家と友達になるなんて有り得ないと。

それにしてもフランス、国民にそんな風に思われているのってどんだけ前例があるのよ。

バレているとしたら、不買運動や選挙で落とすとか色々しそうななのに、最近もデモとかを激しくやっている訳ですからその構造を変える事が出来そうなのに出来ていない。

実に訳がわからない。
posted by mouth_of_madness at 07:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

大臣

結構コロコロと失言とかで大臣が変わる、大臣が変わっても官僚で政治は回る、いやむしろ大臣は官僚のブリーフィングとか答弁書で動いている事を見ると大臣って何かやりたいって意識すら無いように思える。

単に大臣になりたいだけ、肩書きが欲しいだけに思えるのですよ。

仕事としては単に責任を取るだけの微妙な役職。

でもそうなると政策のミスは大臣のせいではないのですよ、実際は官僚達のせいなのよ、その官僚が責任とらないのはなんか変じゃない?好き勝手やって責任は大臣や国民に押し付ける状態は変なのですよ。

それならばむしろ各省庁の官僚のトップが大臣になり、ガッツリと世間の晒し者になり政策の責任を取らされる方がスジが通っているのではないかと思う。

まぁそこですると権力の暴走が起き更に政治は混迷しそうだけどね。

でももう少し官僚には組織の中での緊張感だけでなく有権者の目に晒される緊張感の中で仕事して欲しいよね。

大臣の言う事をきかないのならばしっかりと責任をとらすべきなのよ。
posted by mouth_of_madness at 02:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

商売

アメリカは日本車を沢山買っているのに日本は米車を買わないのは不公平だ、もっと買わないと日本車に圧力をかけるぞという言い分。

これってもう商売人では無いよね、売れない理由かんがえなだいよ。

そもそもアメリカ人も日本車を好んで買うという事をもっと真面目に考えるべきなのに圧力をかける事に労力を注ぐ、そんな考えだから売れないのですよ。


それに日本の安全基準だの、燃費基準、排ガス規制だのが障壁になって売れないというけれど、国の基準が無かったとしても売れない、日本では軽自動車が売れるのですよ、税金の面もあるけれど日本の道路事情的に軽が扱いや付いのですよ。

そう考えると一番の障壁は道幅かもね。

道幅広げろとかいう無茶な注文してきたりしてね。

でもその道幅とかの障壁がないアメリカで日本車が売れるのはやはり維持費とかだったりするのだろう、故障しなくて長く乗れるというのはお得だよね、必要以上に大きくないから燃費もいいしね。

海外の反応系でも故障とか燃費の話よく出てるしね。

そこでふと思った、ホラー映画とかでよく車のエンジンがかからないという演出があるけど、日本人からしたら都合よすぎの演出と思うけどアメリカではよくある事なのかも・・・・

まずは自国の人間が欲しがるイカす車を作りなさいよ、そして日本人に売りたきゃ日本人向けアレンジをちゃんとしないと、ハリウッド映画は世界公開を考え色々と工夫してるでしょ?それと同じですよ、ディズニーのCG映画とか看板とかをローカライズしたりと細かい事をコツコツやっているのだから。
posted by mouth_of_madness at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

挫折する人

挫折する人っているよね、まぁ色々な理由で挫折しているとは思うけど一番の理由は自分を過大評価していたという事でしょう。

自分の評価低いと挫折しないのですよ、まぁ低く見積もっていて、打ちのめされた場合は立ち直れないかもしれないけど。

そもそもその他大勢の一般人が自分を高く評価するのが間違いです、小中高と色々な事で自分より優秀な者を見てきたと思うし何かを目指す時にそのジャンルでの憧れである対象を見てきた筈なのに自惚れるというのは微妙に何かがおかしいのですよ。

色々な成功体験があったのかもしれないけれど調子に乗りすぎです。

出来ることはただひたすら亀の歩みだったとしても前に進むだけ、自己満足の為に前に進むだけ。

出来ない事は一杯ある、むしろ出来ない事の方がおおいのですから挫折なんて無駄な行為、気持ちなのです。

凄いモノ見たら、挫折するよりそれを楽しむべきなのです、追いつけなくてもしょうがないのが人生なのです、勝てないから何?いや世の中の人大半が負けるのですからそんなこと気にしては駄目なのよ、そんな事よりも好きな事を楽しむべきなのです、あんな高みがあるんだと楽しむべきなのです。
posted by mouth_of_madness at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする