2017年12月15日

政治に興味が無い

日本の若者が政治に興味が無いという記事。

パッと反射的に考えると由々しき問題だとなるかもしれない、政治は変らないという諦めが原因だという考えもあって若者の政治離れは問題だという。

でもふと思う単に興味があるだけで知識も思慮もない政治的欲求が無闇やたらに政治的活動をしだしたら興味ないより余程悪影響だと思う。

全員参加している事に必要以上に期待しては駄目なのよ、興味があるけど知識が無い連中が株とか投資話で騙されるのと同じなのよ、単に市場を荒らす為の要員にされカモにされるのですよ。

それに二つの強力な意見の対立が起きれば国は二分され内乱状態ですよ、半数が興味が無いというのは考えようによってはその内乱を起こさせないバランサーとして働くのです、酷い喧嘩にならずに議論が出来るのですよ。

また興味が無いというのは実は不満が有っても其処まで深刻な不満ではないという事なのかも、今やるべき楽しい事の方が政治より大事という事です、政治なんかを変えなくてもソコソコ楽しめていて、未来に不安はあっても何とかなる感が社会にあると思っているのですよ。

認識の甘さはあるのかもしれないけれど、問題は有ってもそれなりに政治は上手く回っているという事なのだと思う。

ある意味政治に興味が無いという事は褒められてもいい事なのでは無いかと思う、狂信的でないという事、自由意志があるのだと思うのですよ。

民主主義最高みたいな妄想があるから政治に興味を持てという事に陥っているのだと思う、程々で良いのです、極端なおかしな考えが蔓延しない程度に程々で良いのです。

posted by mouth_of_madness at 15:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間違って非公開になってた

すんません、間違って非公開になってました。
posted by mouth_of_madness at 00:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

HK アブノーマルクライシス

変態仮面の映画の続編。

やはり悪ノリ映画は一本目よりパワーダウンしたと思う、主人公の奇抜さという部分がこの作品のキモになり過ぎているので余程その他の部分でヒネリを入れないとどうにもモノ足りない事になってしまうのですよ。

小ネタも今作は控えめな感じがするしね。

兎に角見所が鈴木亮平の肉体披露だけな感じがするのです、変態仮面に対する敵の変態性がどうにも足りないのです。

敵の変態性がないからただのバトルモノに成り下がっていて面白くないのです。
posted by mouth_of_madness at 23:49| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

IQ

IQが高い人は心理、生理学的に問題を起こしやすいという説。

まぁそんな事もあるのかもねと思う、賢いという事は世の中の色々な事象に気がついて処理してしまうだろうし、出した答えが悲観的な結果になるというストレスも膨大ではないだろうか。

色々と見えるという事は未来のワクワク感を奪うという事も有るのではないかと思う。

それらのストレスはきっと物凄いよね、そのストレスで身体を壊すとかもあるんじゃないの?

また寝ている時も脳が処理する情報が膨大かも知れない、それにより良い睡眠がとれていないとかも有るんじゃ無いのと思う。

また別の考えとしてIQが高いというのは脳の能力が偏っている状態なのかも、それが極端だと賢いのかもしれないけれど他の機能の部分が劣る事になるのではないだろうか、劣った機能の部分が心理的、生理的問題を引き起こす要因になるのではないかと。

まぁ脳のキャパが半端なくデカイ人間だとIQが高くてもバランスが悪いという事も無いかもしれないけどね。

一つの能力で物事を計るというやり方がこの歪な感じになっているのである、賢いという尺度でみるからおかしいのですよ、短距離走が早いからといって万能スポーツマンとは思わないでしょ?苦手な競技があるからって問題有りとは言わないでしょ。

賢いという事を過剰に良いモノだと考えすぎなのよ、だから賢いけど問題があるという感じ方になってしまう。

単なる一つの尺度。
posted by mouth_of_madness at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

相変わらず何様のつもりか

自分達が食わないからといって犬食うなって、自分隊の感覚ではペットで家族だからったいう文化だからといって食うなという。

人の家のペットを勝手にさばいて食っているのならわかるけどそういう訳では無いよね、旅行中にそこらの犬を勝手に食っている訳では無いのよ、何食おうが大きなお世話ですよ。

それに無理矢理それを食わされる訳ではないのにね、イヤだったらその国に行かなきゃ良い訳だし。

自分達の倫理感、世界感が世界標準で、それを守らない奴には圧力をかけても良いという傲慢さよ。

牛食わない国から牛食うなといわれても、豚食わない国から豚食うなと文句言われても何馬鹿な事をという感じであしらうでしょ?

その歪な傲慢さが世界をおかしくする、その傲慢さの価値観でグローバル化何かしたら大惨事というかストレスの大爆発で取り返しのつかない事になるのですよ、自称グローバリストを名乗るので有れば他の文化とかにも敬意を表せよと思う。

実際の正体は自分の考えこそが世界標準という考えの元に単色に塗り上げようとする馬鹿なのだけどね。

それに国連とかは昆虫食を推進していたりするけど何で昆虫はOKなのよ?昆虫もペットとして飼っている人もいるのにね。

極端に走ると他の種族の命を喰らう事はおかしいとなり、人間しか食べちゃ駄目とかになるかもね。

その結果「ソイレントグリーンは人間だ!!」となるのですよ、でもあの映画のオチって酷いのか?というと僕はそう思わないのだけどね、食糧不足な世界な訳ですよ増えた人口の食料の為に年寄りが安楽死で食われる状態、かなり良心的なシステムだと思うけどね。

まぁ寿命と成長から考えると不効率だと思うけど。
posted by mouth_of_madness at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする