2011年11月10日

士農工商

江戸時代の身分制度、士農工商とした意味が今良くわかる。(まぁ実際には厳しい身分制度では無いみたいだけどね、まぁここは学校でいう所の暗黒時代的な差別的身分制度として考える)

いま有る意味コレが逆になっている。

商人は自分の会社が傾く事については責任をとる事になるのだが、自分達の発言で政治への影響が出て国が傾いても責任をとる事はない、自分の企業が儲かれば国が傾こうがどうでも良い事なのだ、此奴等の正義とは自分達が儲かればそれで良いのである。政治に口を出すのも国を良くしようという事ではない、自分達が優位に儲かる為の提案をしているだけなのである。

だがきっとこういう言い訳をする。企業が儲かるから法人税もとれるのだ、俺達が儲からなければ国は終わるというのだ、俺達が支えているのだいうだろう。

しかしコレは間違いだ企業が存在できるのは消費者がいるからなのだ。まぁ消費者も企業がいるから生活が出来るのだけどね。どちらかだけでは無いのである。

ついつい好調になるとその事を人は忘れがちなのだ。

実際には政治との三竦みになるのだけどね、此等のバランスがとれて上手く回るのである。

商人は金という力を使い権力をも手にしようとする、二つも力を手に入れてはバランスが壊れるのである。まだ二つの力を手に入れても責任をとるのならばいいのだけどね。間違った事をした場合は政治家に責任をとらすという腐れ外道だからね。自分のやった事でヤバイ事になったら逃げるだけの卑劣漢だからね。

今商人は国という概念を超えている、その超えた感覚で物事を考える。無国籍企業という概念と国家という概念の衝突が今である。
posted by mouth_of_madness at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

マジカル・ミステリー・ツアー

何時までも何とかなると甘い考えを持つのは止めないと駄目だと思う。

誰かが良い感じにしてくれると思うのは止めないと駄目だ、今に大変な事になる。

コレまでが偶々運が良かっただけなのである。

良くわからないから結論を出すことなく人任せ、デモとかも人任せだったり、その事が正しいかどうかなどの判断もせずに無駄な行為をする馬鹿を見る目であざ笑う。

マスコミの情報を鵜呑みにして間違った判断をするの迷惑な事かもしれないがそれはまだ良い。少なくとも答えを出している、何らかの判断をして民主主義を実行しているからね。(僕は民主主義はあまり良い政治形態ではないと思っている、だがそうは思っていてもその中で最前の判断をする必要があるとは思っている)

自分で答えを出すことなく頭の中だけで最前の答えを出した気になり世の中馬鹿ばかりだと自分の世界に引き籠もる、世の中悪くなったと文句だけはいう阿呆。

悪くなったのは世界の事をわかった気になって何も行動も判断もしないからだ。たぶん行動をしないのは何もわかっていないからだ、本当に危険と判断したならば行動するのだ。このままではヤバイと思っている時にはその危険を回避する行動をとるのである(自殺願望が有るなら別だけどね)

大体何処に連れて行かれるのかわからないのに無条件で任せたと思える不思議。何か麻痺していると思う。

バスに乗っているのに運転手以外誰も目的地を考えていないのだ、知らないのだ。まぁ単純な旅行であればスリリングで良いのかもしれないけれどね。

そして運転手はすぐ変わる、さっきまでと違う話をするのだ。でも目的地の事を話す事はない。何も決めていない行き当たりばったりの運転手だからね。面白いモノが見えたらすぐに進行方向を変えるのだ、それも無免許でね。

そんな暴走バスに乗っている事を忘れているのだ。いつ谷底に落ちてもおかしくないし、何もない辺鄙な所に連れて行かれるかもしれないのだ。偶々運が良かったのが何時までも続くと思うのは命取りである。
posted by mouth_of_madness at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

ゾンビランド

途中のビル・マーレイの屋敷での下りは多少中だるみをしたのだが青春ゾンビコメディとして中々楽しめた。しかし同じコメディとしてみると「ショーン・オブ・ザ・デッド」の方が僕的にはやはり面白い。

序盤のテンポとかが良い感じだけに途中の失速感が気になるのである。映画自体は短いのだが途中の失速感の為に本来の時間より長く感じた。まぁそれでも退屈で眠いという事はないけどね。

ラストの遊園地での救出劇にしてももう一つ山場が欲しい所である。ストーリー的には今のままでも良いのだが、絵的には馬鹿な絵が必要だと思うのだ。山程いるゾンビの群れを十戒のモーゼの如く裂いていく様な絵が必要なのだ。チョイと引いた所から撮り、もの凄い量のゾンビを蹴散らしているという絵が欲しいのである。凄く引いた位置で主人公達は点になっている位の馬鹿なシーンが欲しかった。

それを蹴散らすというのがヒーローでは無いだろうか。無茶というモノでは無いだろうか、その蹴散らしでランキング1位をとって欲しいモノである。
posted by mouth_of_madness at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

アジアの成長を取り込め

いまアジアの成長を取り込めとかいわれますが、成長を取り込み経済が良くなった先に一体何が有るのだろうか?何れそれも停滞する、そしたらアフリカの成長を取り込めとでもいうのだろう。

その後は一体どうするのだろうか?どこにも効率的に成長できる外需が無くなったらどうするのだろうか?

しかし問題は其処ではない、何の為に経済成長をするのかが見えていないというのが一番の問題なのだ。目的が無いから無意味に成長し続ける事を目指す羽目になる。いつの間にか経済成長する事が目標になっているという馬鹿な状況になっているのである。

飢えからの解放、寒さ暑さからの解放、病からの解放、様々な危険からの解放、労働からの解放それらを実現する為に経済成長が必要という事なのか?しかし何処まで成長すればそれが可能になるのか?

現状では労働からの解放と経済成長は相反する様な気がするけどね。

良い暮らしをする為に働くとかいうがガムシャラに働き空いた時間をヘトヘトになった身体で楽しめるのだろうか?まぁヘトヘトにならないとビールは美味しくないというのならばまぁそれは理解出来るけどね。

何だろう人間の労働、経済とは?何かネズミが車輪を狂った様に回すのと同じなのではないかと思ってしまう。回っているという状態が無意味思えても安心に繋がっているのではないか?それとも工場で単純作業を延々と繰り返しているとある種のトリップ感に襲われるのと同じではないのか?代わり映えのない社会活動を繰り返していると世界が永遠に続くという安心感に逃げ込んでいるのではないか?何も考えなくて良いというぬるま湯生活なのである。

同じ様に経済成長を続けていれば悪い事は無いだろうという安易な希望にすがりつき何も考えないという無責任な世界。何かを達成した後にどうなるのだろうかという不安から目をそらしているだけなのである。

また経済から別の価値感になれば今の身分、立場が維持出来ない人々が意地でもそれを阻止しようとする。

これでは何時までも経済成長の果てに来るモノが見えてこないのである。

posted by mouth_of_madness at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

コンビニ

ドンドンと増殖するコンビニをみるとふと疑問に思う、こんなに必要なの?まだ違うチェーン店ならばわからんでも無いのだが同じチェーン店でこんなに近くに有る必要が有るのか?むしろこんなに近いとお互い客を食い合ってよろしくないのではないか?

加入料で本社が儲かれば末端なんかどうでも良いといわれていたりするのが本当なのではないか思えてしまう位に増殖しているのだ、偶に潰れて無くなったりもするが違うチェーンのコンビニで復活したりする。

みんなそんなに歩きたくないのだろうか?いや自転車さえあれば多少減った所でそんなに問題がある距離ではない。そりゃ近くにあれば便利だし、それだけアルバイトの雇用を増やす事になるかもしれないけどやはり増えすぎだと思う。

過剰な便利の為に人は堪え性が無くなり、色々な有り難みがわからなくなっている様な気がする。色々と無計画でも何とかなるという状態が続くと計画を考えるという事自体が出来なくなるのではないだろうか。先を考えるという能力が失われていくのである。

世の中には多少の不便も必要なのだ。
posted by mouth_of_madness at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

アポカリプス・オブ・ザ・デッド

オブ・ザ・デッドとついてますがゾンビ物では有りません、もう一つの流行物のヴァンパイア物です。

非常にさえないです、ボンクラ映画です。痒い所に手が届かない為に非常にムズムズして実に気持ちが悪いのです。予告編ではカーアクションがいけるか、「ワイルドスピード」のB級版的な感じとかで意外と良いかもと思った僕が馬鹿でした。多分売りのカーアクションなのでしょうが何とも締まらないのです。なんかブワーーッと走っているだけでカーアクションでは無いのです。絵的には「マッドマックス2」似た状況ですがあの迫力の10分の1という感じです。

襲って来る奴があまりにも普通過ぎるのももの凄い減点要素だと思います。ヴァンパイアが暴走しているのだから何か其処にネタが欲しい所だと思います。物理的には無理でもトンネルで天井走りをするとか、トラックの下をくぐるとか、ガンガンジャンプして襲ってくるとか、2ケツしている奴の後ろはバイクの上に立つとか位の絵面は欲しいモノです。またトラックに鉄パイプが積まれてたりしてそれを切り離し大量串刺しとかは定番として欲しいモノです。バイクで事故った位では死なないのを片っ端からトラックでミンチにしていくとかね。無茶でもトラックの荷台から落ちた主人公がウエスタンラリアットで敵のバイカーをたたき落としバイクを奪うとかねといったモノがあってこそだと僕は思う。

敵は人間とは違うという部分をガツンと出すべきです。怪物に対してたたき上げの選ばれた軍人が戦いを挑む、勝ち目が無い様な状態からの大逆転こそが燃えるシチュエーション。なんかあんまり大したピンチ感がないので盛り上がらないのである。

やはりこの手の馬鹿映画にはウヒッ体験がないとね。(アハ体験なんかではない、ウヒッである)

あと剣劇アクションを入れるのであればもう少し殺陣をちゃんと練習してください。なんか昨日映画で観た剣劇を箒で真似しているボンクラ中学生にしか見えないレベルで映画にするのはちょっとね・・・・
posted by mouth_of_madness at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

サイボーグ

それまでいた労働者を解雇し新しい効率の良いモノに交換していく。国民も利益を生まなければ移民を受け入れ交換していく。頭さえ無事ならば身体はいくらでも交換可能、より便利機能、効率が良いモノにドンドンパーツ交換していく。

昔ながらの情感、人間性なんか必要ない、効率よく利益を生み出すパーツこそが頭脳が必要としているのである。選ばれたと勘違いした自分達だけがその情感を愉しめば良い。美を理解出来る者達だけが世界を感じれば良いと思っているのである。

サイボーグ化していく世界。

しかし思う、脳だけが自己を構成しているのだろうか?脳だけがオリジナルで有れば後のパーツは全て別のモノでもオリジナルの自分が構成できるのだろうか?確かに日々代謝があり構成は変わっていく、だがDNAによるある種の統一性はあるのではないかと思う。

ドンドンとパーツを代えていくそれまで感じていた感覚器と違う情報が脳に返って来る。脳からの指示も概ね同じ動きをするのだが微妙な違いが蓄積されていく。その結果脳にもその影響が出る様になる、それを成長というのかもしれないが脳が当初考えていたのと違う方向にずれていくのではないだろうか。

また当初は上手くいっている様に思えるたものが突然拒絶反応を起こし脳を廃絶しようとする事もあるだろう。脳が死ねば駄目になるのだがその様な結果を考える事無く拒絶反応を起こす。まぁ稀に脳を乗っ取る事に成功する事もあるかもしれないけどね。身体が新しい脳のパーツを手に入れるのである。
posted by mouth_of_madness at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

破滅主義者

あるコミュニティの中で力を持つ、その力は利益を生む、更に力を持つ。

そうしていく間にそのコミュニティをコントロールしようとする。力でそのコミュニティを脅迫していくのだ。コントロールしようとはいってもそのコミュニティを良くしようという考えは無い、そのコミュニティから搾れるだけ搾ろうという馬鹿みたいな行動をしようとするのである。

有る意味現状の企業が国の制度を変えないと国を出て行くと脅すのはテロ行為ではないのか?国民の生活を人質をとって自分達の条件を通すのだ。また倒産すると経済危機が起きるぜといって国にお金を要求するのもテロではないのか?無茶な経営を行いボロ儲けしようと企んだ挙げ句失敗したのにね。それまでにあぶく銭を得て愉しんだ分を返す事もない。

それまでそのコミュニティから受けた恩恵とかは全く忘れてしまうのである。自分がそれに属している事すらも忘れてしまうのである。逸脱し自由だと叫んでしまう馬鹿をさらしてしまうのである。

いやもしかするとそのコミュニティの一員と考えている僕の認識がおかしいだけかもしれない。現状は実は別のコミュニティに所属している人間の侵略行為なのかもしれない。

おおっコレが陰謀論とかでいうNWOとかイルミナティとかいうやつか、それとも保守派がいう所のコミンテルの侵略という奴か・・・・

しかしドンドンと搾り取っていくといずれカラッポになっていく、搾りきった先には自分達にも破滅が来るというのが見えていないのか、馬鹿なのか。

いやこれはきっと破滅主義のせいなのだ。

科学技術とかを過剰に進歩させるのもきっと世界を破滅に導く為のモノなのだ、欲望を暴走させる為の仕組みなのである。「キチガイに刃物」ではないが世の中の人にテクノロジーという世界を破滅に導く威力を持つ刃物を与え暴走させようという魂胆がきっとあるのだ。破滅主義者の黒い企みなのである。
posted by mouth_of_madness at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

TPPの闇

TPPを農業問題にしている現状、しかしふと思った。トコトン農業問題という印象操作で裏で他の大事な事を隠すという問題の矮小化が叫ばれているのだが、これにはもう一つの罠があるのではないかと寝る寸前の幻覚をみるような状態の脳味噌が反応した。

農業が大変だといわれているが、アメリカは実は農業はどうでも良くてコレに関しては日本の言い分を飲むのではないだろうか。そうなると今反対している農業関係者は大丈夫なのと思いこみ怒りが急速に冷めるのである。それならばTPPはOKともの凄い反動で意見が変わるのである。マスコミも日本外交の勝利となるし、交渉でなんとでもなるという印象操作がこの農業問題を解決するだけで日本人に印象づける事が出来るのである。

そうなれば今色々と問題があると言っている有識者の意見は悲観論的すぎるだの、日本の外交力を甘く見ている自虐的な考えの持ち主とレッテル貼りに成功するのだ。慎重すぎて損をする所だったといいかねないのである。

TPP24項目とかいわれているがその内の1項目折れるだけで23項目が通るのであれば安いモノなのだ。農業問題が大きい問題と印象づけてあればその1項目勝ったいう印象だけで日本大勝利と考えかねないのである。

激安大特価7割引とかいわれると得した気になり別にいらないモノを買ってしまう間違いをするのと同じ様なモノか。元の定価自体が嘘とも知らずね。

そして日本が弱体化させた後に最後の農業もまた新たなる仕組みを作り奪えば良いのだから。


posted by mouth_of_madness at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

処刑請負人・キルゾーン

男達の様々な思いは一点に集まり暴力的終局を迎え、女達はとタフに未来に向かういうとチョイといい感じな映画みたいな様だが実際はかなり怠い映画。

なんか思わせぶりな感じの話があるのだがちっとも頭に入ってこないのだ、色々な事情があるのかもしれないがそれらがちっとも噛み合わないのである。色々な話はあるのだが核心部分がない為にペラペラなのである。

それでもまだ銃撃アクションがいい感じならばまだ良いのだが学校の校内を銀玉鉄砲ではしゃぐ小学生の如きモノを見せられては失笑しか出ない。

どうしてこうなった!?

なんかただのアクション映画と違うぜという心意気は感じるのだがどうにも脚本力が足りない、この無謀さには好感を持つのだけどね。何か一点突出した部分が有ればいいのに、何となくまんべんなく作ってあり引っかからないのだ。まんべんなく作ってあるとは言っても完全なる調和、マイルドな味わいという様な完成度も無いけどね。
posted by mouth_of_madness at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする