2012年10月01日

ipad

最近ipadを使っていて思う。

キーボードってなくても良い感じがするのよ。使いたい時にだけ出てくる入力装置というのが実に快適なのだ、これからPCはタブレットに集約していきキーボードもマウスもなくなり机がスッキリという状態になるのが良いのではないかと思うのである。

今36インチ位(7680×4320位の解像度)の大きさで画板みたいなタブレットPCで筆圧感知のペンが使える様なモノ有れば直ぐにでも欲しい所だ。机がスッキリするのが実に嬉しい感じだ。

以前キートップが液晶か有機ELのキーボードがあったがそれがタブレットだったら自由自在の配置で組み替えたり大きさ変更出来たりすればもう最高です。是非早い所APPLEさんには頑張って貰いたい。次のマックはもう大きなipadになる位にして下さいと思うのである。

いや別にマイクロソフトでもグーグルでも良いのだけどね。

昔壁をテレビにするという考えがあったが実は床をテレビにするとか、テーブルをテレビにするとかが実は正解だったのではないかと思う。確かに見るという面では壁の方が良いのかもしれないが触る、操作するという要素が入って来ると壁ではなく床とかテーブルの方が使い勝手が良い感じがするのである。
posted by mouth_of_madness at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする