2015年04月30日

グローバル化に必要なモノ

グローバル化とは馴れ合いではない、個人の自由も誰かが与えてくれる甘えたモノではない。

集まれば助け合いで何とかなるというモノで無い筈なのだ、まずは自立というモノがあってこそのモノなのよ、自立もしていないクセに出し抜こうなんてモノは絵に描いた餅なのである。

大体自立していないモノを信用する奴が何処にいるのよ、それに自立していない事により様々な条件等を飲ませられ従属させられるのが関の山。

個人の自由というのもそれを行使するのであれば時分で尻を拭けるようになってから、責任もまともにとれもしないのに自由とはヘソで茶を沸かすというモノなのだ。

兎に角何かを変えればこの閉塞感から抜け出せるという何も考えていない状態では駄目なのよ、とりあえず先に進んで見れば何かが変わるという安易な考えではサイコロに身を任せる博打なのだ。

それって言うのはサイコロに責任を押しつけているだけだからね。

グローバル化にしても大きな仲間に入っていればとりあえず安心という、この大きな仲間で失敗したのだったら仕方が無いよねという思考停止のなせる技なのよ。

考えて考えてコレがベストというのならばまだしも、問題が起きたらその時に考えれば良いというスタンスでは確実に失敗するし、問題が起きた場合にその集団に答えを求める羽目になるだ。
posted by mouth_of_madness at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

PCが壊れた

いま結構面倒臭い事がコレでは無いでしょうか?

スマホ無くしたの方が大変な人も多いと思いますが仕事道具件、個人の情報という意味で僕はPCです、ゴールデンウィークはHDDの付け替えとかで結構潰れそうです。

何だろうこの電子の箱に頼っている状況、なんでこんなモノに支配されているのだろうと思う今日この頃。
posted by mouth_of_madness at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

同性婚

同性婚を人権問題で語っているけど本当にそれでいいのだろうか?

婚姻による国が与える優遇面というのは国家維持の為なのではないかと思うのですよ、国にとってメリットが有ると思うから優遇するのですよ。

別に同性愛者だからといって国家権力が罰を与える訳では無いのですから人権云々というのは何か違うのではないかと思うのです。

まぁ確かに最近は結婚しても子供を作らないとという状態も増えているのだから同性婚と何が違うのだという意見もわからないでもない。

そう考えると子供という部分に注視するべきなのかもね。

多分こんな感じで人権が暴走していくと今に人頭税とかになるのだと思う、累進課税とか人権という面ではある意味おかしいともいえるからね、国家を維持する、社会を安定させる為にあるモノだし、様々な税制優遇等も産業等を維持及びソフトランディングさせる為に必要なの事なのだ。

単純に人権で変える事ではないのだ。

国家や社会が人権を守っているから成立しているのに、人権で国家や社会を壊そうとする、権利を主張する前にその権利の源泉を知るべきなのだ。

気持ち悪いと思うとかは個人の趣味の問題だからね差別だのとか言っては駄目よ、色々な趣味の人がいて色々な所でキモイと言われているのだから、そんなモノに片っぽしから喧嘩売っていてら世の中は停滞ですよ、ギスギスですよ。

権利を認めさせるという部分を見ると何か違うのよ、愛とか人とかいう感情部分ではないく利益を得ようという浅ましさを感じるのですよ。
posted by mouth_of_madness at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

覚悟

安倍の政策に対して文句がある人が国民の意見を聞いていないと言ったりする、また国民は戦争になる覚悟なんかしていないとかいう。

此等の意見を見たり聞いたりすると政治は自分達と関係無いと思っている感じが実に情けない、何にも覚悟出来ていない状態で民主主義だの権利だのと言っている感じだ.

投票で直接的に首相を選んではいないから安倍を首相に選んだ訳ではないというかもしれないけれど、自民党を選んだのは投票した国民なのよ、反対意見だけが国民だけではないのだ、どんな少数でも意見を聞かなければ駄目ならば投票の数は関係無くなるし、政党も国会も意味が無いと思うよ。

不満があれば国民の意見を聞けと言うだけでOKだからね、でもその意見を聞いた挙げ句に駄目になったら多分自分達が言った事忘れて無策な政府と文句を言うのでしょ?

政府をコントロールするのはねぇ三権分立なんかではなく国民の覚悟ですよ、覚悟を持って投票行為を行うのが筋なんです、官邸の前とか国会の前でデモを行う事ではないのですよ。

あれらは何か政治活動ごっこをしている自分の酔う為のモノです、集団で叫んでいると気持ち良くなって思い出作りも出来るという政治祭りなんです。

そんな状態に覚悟なんかありません。

選挙は覚悟でやるモノなんです、間違った投票をすればおかしな事になると腹をくくるしか無いのです、どう決まろうが覚悟を決めるしかないのです。

おかしな状況になったとしたら自分達の馬鹿さ加減、説明力不足等を反省するしかないのです。

間違った政権を選んだらおかしな事になる覚悟を決めていた筈なのです、現在の安倍政権が安全保証絡み、憲法改正の方向に進むと言った事はわかっていた筈、戦争云々の覚悟なんかしていないとか今更言うのは単に勉強不足か物忘れが酷いかといった事に過ぎないですよ、選挙前は止めないと拙い事になると言った意見は有った訳で其処で覚悟を決めないとか無責任の極み。

人は常に色々なモノを選択し、様々な結果の果てに生きている、常に自分で責任をとるしかないのですよ(まぁ小さな子供は其処までの能力も覚悟の事を理解していないけど)


しくじったら悪い事なるという事を念頭に置いて覚悟するしか無いのです、したくなくても覚悟するしかないのです、それが民主主義であり人権であったりするのです。

なんか他人が自分を良い感じにしていくれるのが人権と思っていたり、意見を聞いてくれるのが民主主義と思っていたらそれは勘違いです、そんなに選ばれてはいません一億二〇〇〇万分の一に過ぎないのですよ。

誰もを一億二〇〇〇万分の一の対等な関係性にするのが人権です、特権は無いのです。

その特権の勘違いが覚悟を鈍らせるのです。
posted by mouth_of_madness at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

悪の法則

色々な情報がバラブラに提示され、話を構成するする為の情報も色々T欠落している、大まかな事はわかるけれど謎は残る、この翻弄される感じはこの映画の主人公とリンクする、主人公も全貌がわからないまま何とかなる筈と足掻いている、最期にはきっと何らかの解決があると甘い夢を観ている。

同じ様に映画の観客も最期にはスッキリと事件の全貌がわかる謎解きがあるに違いないという甘い幻想を持ちながら観ていると思う、だが実際にはその様な着地点は無い、ズバンと映画は終わり観客はある種の置いてけぼりになる。

その様な作りなのだが何かと魅力的な為にグイグイと引き込まれるのだ、説明しない事で集中させているのだ、何が起きているのかわからない事により映画の価値を高める事に成功そしていると思う、色々と想像を歓喜させるのである。

多分この話、説明的ストーリーに描いてしまえば結構面白く無い筈、其処から色々な情報を欠落させる事で面白くなるというお手本みたいな感じに思えた、デビット・リンチだともっと訳がわからんみたいな感じになるから丁度良い感じのヒネリかただと思うのだけど、結構訳がわからんという評論とかも見受けるから僕だけがそう思っているのかもね。

この欠落した感じが僕にはリアルを感じさせてくれて良かったのである、世の中誰もが全貌をわかりはしない、自分の都合の良い解釈で現実を定義してある程度コントロール出来ると思い込んでいる、でも実際は断片に過ぎないのよ、様々な現実は其処に在りいつの間にかそこに迷い込む.関係ない世界の口がそこら中に開いているのだ。

その事に無自覚な主人公の行動の危うさが自分の事の様に思えてドキドキするのである。
posted by mouth_of_madness at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

ゾンビ・リザレクション

馬鹿と阿呆と間抜けとキチガイが自分のエゴ丸出しで楽園を目指すゾンビ映画。

ノリが僕のはだに合わずひたすら苦痛、序盤の変な笑わかしとかがサムくて風邪ひきそうになりました、頭痛が酷くて辛かったです。

またこの映画のウリとして特殊なゾンビが出てきますが結局何?と観る人を突き放してしまいます、置いてけぼりに途方に暮れます、大澤誉志幸の歌が頭の中でリフレインします。

僕にも覚えがあるのですが何かネタを思いついた場合にそれに引っ張られというか思いついたという満足感から他の事が見えなくなる、この大ネタがあれば他の事は些細な事と勘違いしてしまうという実に不味い状態に人は陥りがちです。

さらにその大ネタも面白ければ救いがあるのですが意外と駄目な事、大した事が無いと言う場合が殆どと思います。

良くジョブスとかの例を持ち出して、良い発想も難癖つけて潰すのが日本の社会だ。新しい事に対して寛容になるべきだとか言いますが成功例だけをみて言うのは止めてもらいたい、数々ある失敗例がどれだけあるのか?

そのリスクを誰が負うのか考えて言ってくれと思います、大成功も無いけれど大失敗もないという選択もまた大きな選択なのです、大成功を望む割に格差社会は許さない、(厳密にいえばこの比較はおかしな事かもしれないけれど)大失敗の果てい人生を棒に振る場合もあるという事をわすれないでね。

そんな事を想起させる映画でした。

楽園を目指すのに馬鹿を頼っては駄目、救世主は役立たずというのがこの映画の教訓。
posted by mouth_of_madness at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

道徳

道徳教育の推進という話が出てますが、官邸ドローン騒ぎのニュースをみて同じ事をやりたいと思い行動に移す馬鹿をみると気合いを入れて道徳教育しないと大変な事になります、既に成ってます。

自由を謳歌し過ぎなのよ、何か麻痺しているのよ。

そんなのは極少数ですよ言うのかもしれないけれど、冷蔵庫に入る奴が連発したりとか、先日の集団万媚騒動とかをみてもそんなに少なく無いのではないと思う。

面白いが正義、人生楽しんだ者勝ちという感性が道徳感をなくしているのだ、これもねぇテレビとかの悪影響ですよ、自分らしくの勘違いですよ、そりゃ楽しい方が良いでしょうけど人を不快にさせるのはどうなのよという想像力が足りないのである。

他人の事が想像出来ないだけでなく、更にそんな事をしたら捕まる可能性とか想像出来ないという想像力の欠如感、これやったらオモローで何も見えなくなるという馬鹿状態なのよ、天然の炎上する人も同じなんだと思う。

人生駄目にする可能性とかも想像出来ないとか欠如にも程があると思う、それにやっている事がそれ程面白い事とは思えない、コレは僕の想像力の欠如なのだろうけど何が面白いのか全くわからない。

それとも此等の阿呆な事をやる人はそれ位に日々の生活で面白い事が無いという事なのか?面白沸点が低すぎだと思うのだが。

その様に考えると道徳教育に必要な事は想像力なのではないか、何をやっては駄目とかいうネガティブな事を言うのではなく、社会の関係性をひたすら想像するのだ、想像の翼を拡げるの訓練をするのだ、自分に対するデメリットを想像出来るようになってこそブレーキがかけられる、自分に返って来るメリットを想像出来てこそ優しくなれるのではないだろうか

人はねぇ不快させたくない無いと思っていても知らないうちに不快にさせていたりするのよ、その辺を想像出来ない限り道徳は難しいのだ、存在自体を否定される場合とかどうすりゃ良いのよと思うからね。

言われた通りにする様な道徳では色々な事に対応出来ません、書いていない事に対して、時代の変化に対しても想像出来る技術こそが大事なのである。
posted by mouth_of_madness at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

喪失

大前研一が提示する、強制か否かは関係無い、ただ一言謝って欲しいだけという韓国の要人の意見。

いやそれっておかしいでしょ、悪くなくても謝れっていうのが内包している状況って出鱈目でしょ、この考えの背後に透けて見えるのは人権問題とか戦後補償といった問題ではないという事。

日本が謝る事で、土下座する事で頭を踏みつける、俺達の方が上なのだという満足感、優越感こそが全てという事、そして一度でも罪を認めたという事が残れば、其処を切っ掛けにズルズルと文句を言い続けるだけ、冤罪とかそんな事は関係無い、形だけでも罪を認めた時点で有罪確定なのよ、丸く収めるといった考えは無いし、再審なんかも無い。

人に優しい俺という状態に酔う、でもねぇそれは物事をダラダラと長引かせるだけの駄目な選択、同じ感覚を共有している者達の間でなんとか上手くいく可能性があるモノ、価値感等が違えばキッチリと様々条件等の取り決めしなければ駄目なのよ。

キッチリとスジを通す、それこそが大事なのに、安易な優しさにより誰も不幸になる、自己満足が更に問題を大きくする、そんな事を繰り返すと何が問題だったのかわからなくなっていくのだ。

結果今回の大前研一の様に頓珍漢な事になるのだ。
posted by mouth_of_madness at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

脱力

人は色々な事でトホホとなったりして脱力してしまう、脱力してはいけないのだけどタリバンの「春の攻勢」24四月二四日に開始という記事をみてヤマザキ春のパン祭りみたいにいうなという感じが脱力感を生み出してしまうのだ。

季節の風物詩みたいに言うのはよろしくないのではと思うのだけど、そんな感じで始まるよというのがわかっているのも生活の知恵なのかもね、戦争とか紛争といった感じで語ると重いい感じだけど、(いや実際に大変な事なのだろうけど)なんかこうすると賃上げデモとか春闘みたいな感じで被害に巻き込まれる人々も精神的には楽になれるのかもね。

嗚呼今年もこの季節が来たか、食料とかをストックして逃げる準備とかしておくかねという感じに成れるのかもね。

深刻な絶望感溢れるよりは良いという事かもね、必要なユーモアなのかもね。

と思っていたりもするのだが翌々考えるとコレって翻訳がそうなっているだけで現地の人にとっては絶望的言葉だったらそうしようと此所に来て思う。

頃がその場の思いつきで書いているこのブログのグズグズ感だ、書きながら考えているグダグダの臨場感。

その臨場感が読む人を脱力の坩堝に・・・・
posted by mouth_of_madness at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

良いという幻想

世の中で良いといわれているモノが実は幻想ではないのか?

良いといわれているからそう思いこんでいるにすぎないのではないか、民主主義が良い、資本主義が良い、自由が良いと思い込んでいるのではないか?

最もらしい良い点を言う事は出来るだろう、でも先に挙げたモノについて悪い点、問題点を挙げる事も可能なのだ、それらを比較してメリットが大きいから良い事なのだというだろう。

でも実際には絶対的基準があり数値化されている訳ではないのだ、都合の良い物差で評価しているだけなのだ、そんな事はわかりきっているという意見も多いだろうけど、其処に填まりこみ停滞してしまうのが人間なのである。

長い時間が洗練させた上澄みだからそうそう間違いでは無いのかもしれない、色々な人が良いというモノを集めた結果として常識が今の価値観だからそれなりに根拠があるのかもしれないけれど実際にはねぇ?

イスラム教もキリスト教も仏教も様々な政治形態も良かれと思い始まりそれぞれの良いという価値観でやっているけれど様々な衝突を生み出しているし問題も引き起こしている、解釈の仕方で同じ筈の中でも価値観の衝突が起きている。

人は結局の所何が良いのかわかってはいないのだ、共通の認識も無いのだ、あるという幻想の中で足掻いているのである。

単純な美味い不味いですら、文化の違いで変わる様なモノだからね。文化で美味いと幼少期から刷り込まれれば美味いと認識する様なモノだからね。

関東と関西でうどんのつゆだけでも良し悪しが違うからね、つゆの色だけで味が濃い、塩っぱいと思い込みで認識してしまう様なアヤフヤな認識だったりするからね。

その程度の能力で善悪なんかわかりようがない、常に自問自答するしかないのである。
posted by mouth_of_madness at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

馬鹿になる仕組み

人は何故馬鹿になるのか、現在進行形で進む馬鹿化はどうして起きているのか?

僕は個性化、言論自由というのが馬鹿を生み出しているのではないかと仮定する、全ての個性化が悪いとは言わないが個性化は馬鹿な考えだったとしてもそれは個性だ、俺がどう考えようが自由だという逃げ場を作り出していっているのではないかと僕は考える。

絵にしてもそうだが個性だ、ヘタウマだといって絵の基礎的な技術から目を逸らしてしまうと駄目になってしまうのだ、蓄積された技術の上でそれらを駆使してこそイイ感じになるのだ。

安易に個性で逃げさせては駄目なのよ。

ネットとかでもちょっとした意見でも賛同者が出たりして其処で満足していくうちに馬鹿が拡大化していく、過激な発言をおだてられ勘違いしてしまうのだ、自称面白い人もそう、自分の身の回りのネタをやって身内の中で人気者程度で面白いと勘違いしてしまいお笑い論を色々と語ってしまうのだ。

あっこのブログもそうなんですけどね、まぁ賛同者はほぼ皆無だから調子にのる事はないけど。

その様な事を繰り返していくうちに人はドンドンと駄目になる、馬鹿になるのだ。

政治家が小粒で駄目になったのも多分同じ事、政治バラエティ番組とかで視聴者の反応とかで調子にのってしまい政治でやるべき事を見失う、大体がコツコツと地道に積み上げる事が大事なのに派手な事言ったり、過激発言をしたりするのが自分の意見が有ると勘違いしてしまう、地味な落としどころでは人気で無いし話題にならないからね、議論の起きそうな所にばかり口を出す馬鹿な政治家に成るのだ。

突飛な事、極端な事を言うだけならば政治家である必要はない。

多分、おかしな事を言う人を面白がるうちに馬鹿スパイラルに巻き込まれドンドンと馬鹿なるという悪循環、馬鹿の拡大生産が様々なツールが早くなる事によりに加速度的に酷くなっているのが今なのだと思う。

ネットが生み出す集団知という話も有るが実際は集団痴なのである、ネットを止めればブレーキをかけることは可能かもしれないがもうそれを止める事は難しい、電気止めろとか言うのと同じ位に生活に入り込みかけているからね、そうであるならば如何に安易な個性を叩きつぶすかがこの馬鹿化を止める鍵ではないだろうか。
posted by mouth_of_madness at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

無駄を無くす

マクドナルドの業績不振、そういう事で年内131店舗閉鎖。

赤字店を減らす事でマクドナルドを黒字にするという考え、でもねぇコレはサービスの低下で一時的に黒字にするという方法で良く無い事なのよ、何処でもサービスを提供出来るという部分を捨てているのである、この広域に渡るサービスこそが強みの一つなのだ。

それを捨てる愚行、確かに総店舗数からしたら其処までサービスが低下する事は無いのだろう、だがコレにより一時的に業績が上がる事が実に問題なのだ、この手法を勘違いしてしまうのだ。

ある種サービスを提供するという部分は無駄なのだ、商品を提供する部分に負荷するプラスαがサービスだったりするのよ、人は一見その無駄な部分の良し悪しに金を使うのよ。

マクドナルドがやるべきは何で客が離れているのかを知る事、安易に価格の問題という事にしない事なのよ。

株主相手に商売しているとおかしな事になるのよ、ちゃんと客に商品を売って業績を上げないと何の会社かわからない様になるのだ、でも今の社長株主ばかり観ているかんじがするけどね。

美味い、安全という部分をまず追求、モスと同じ価格帯で発売して勝負出来る味を作る、まずは其処からではないのか?いやスケールメリットからすれば同じ価格ならばマクドナルドの方が美味しいモノを作る事が出来るのではないかと思うけどね。まぁ早さという部分で多少味を犠牲にする部分はでるけどね。

安さを追求するあまりに食に大事な味を疎かにした結果が今のマクドナルドの状態なのよ。

今にねぇセブンイレブンがドーナツに参入したが如くハンバーガーにも手を出すかもね、総菜パン以上の作り立て感のあるモノを用意しているかもね。

そうなると益々業績は悪くなると思うよ、そんな状況になれば下手するとレンタルスペースにみたいな商売に鞍替えするのかもね。

本職の美味しさを見せつける事が出来なければドンドン悪化する。
posted by mouth_of_madness at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

微糖

缶コーヒーの微糖、ちっとも僕には微糖ではない、糖である、甘さ控えめですらない、カロリー的には控えめかもしれないけれど僕の味覚的には糖としか言えない。

まぁその他の缶コーヒーは多糖とか糖汁といった感じだけどね。

ふと思う何で其処まで甘くする?僕は自炊しているけど砂糖って中々減らないです、別に甘いのが嫌いなのでは無いのだけど珈琲を其処まで甘くする必要があるのかと思うのです。

子供にも飲んでもらいたいのだろうか?そりゃ商売だからわからないでも無いけど、苦みと香ばしさ、豆の甘味こそが良いのにと思うのです。

珈琲に糖分が入ると酸味が際立って嫌な感じだと思うのだけど世の中はそうでも無いのだろう、まぁ無糖の缶コーヒーも薄くて珈琲飲んだ感じが足りないけどね、更にいうならば糖分の入った珈琲風の飲み物を飲みたければコーヒー牛乳の方が良いと思うのだが。

まぁそんな事を言うとポン酢や黒胡椒が好きな僕もそれらを使いすぎと言われるのだろうけどね。

この缶コーヒーの甘さ、実は人が疲れているという事なのでは無いか?ストレスから糖を求めているのではないか?でもカロリー0の糖分に成ったせいで味覚的には甘味を感じても肉体的には糖が足りない状態に成っているのではないかと思う。

亜鉛不足で味覚がおかしい可能性もあるが。

ビールにしても苦みが減っているし、少し子供味覚になっているのではないか、酒を飲む若者が減っているというのも実際は酒が美味しくないという事ではないのかと思う。

ジュースみたいな酎ハイ的なモノが多いのもガツンと酒の味が来るのが耐えられないのかもしれない。

でもカレーとかは昔より辛いタイプがあるしその辺は微妙。
posted by mouth_of_madness at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

好き勝手

マスコミという権力の暴走を政治が抑えると言論封殺というこのおかしさ、また三権分立とか言うけれど司法の政治介入に対する影響力を伏せぐ事は可能なのだろうかと思う今日この頃。

どの力が暴走しているのかをちゃんと見極めないと駄目なのだ。

何も間違った事を言っていないのであれば取材等の情報を公表すれば良いのだ、何処から聞いた情報なのか、どの様に調べた情報なのか明らかにすれば良いだけの事。

間違った情報、思い込みの情報、こうなるべきと捏造した情報というおかしな事を野放しにして来た反動が今なのではないのか。

圧力をかけられたと思ったら圧力なのだとか言い出したら何にも言えない言論空間を生み出してしまう、政治は何も反論出来なくなってしまうのだ、中立を保ち報道しろいうのは確かに難しい、何が中立かは良くわからないからね、だからといって自分の主義主張を漏りまくり報道する事は中立ではないのではないか?

政府を監視する、国民の意見の代弁者といった勘違野郎が調子をこくなと思う、選挙で選ばれた議員もまた国民の意見の代弁者でもあるのよ、報道がおかしいと思う国民が入れた一票がマスコミを叩く事になる事もまたある種のスジが通っているという事なのよ。

マスコミは自分達を守りたければ徹底した取材により政治力に屈しなくても済む、国民の支持を得る事が出来るような報道をするべきなのだ。

マーケティングや己の思想を広める道具を国が格安で提供している訳では無いのだから、誰にも文句を言わせない言論の自由を謳うのならば自分で発表の場を持ちなさいよ。

言論の自由を盾にして、国民も勝手に味方につけていると勘違いをして自分達を正義の味方にするのはやめとくれ、我々が理性的日本人の代表だみたいな顔をするのはやめとくれと言いたい。

我々は権力に屈しないというのならばそれだけ骨太の報道をしろよ。

ノストラダムスとかより当たっていないような経済記事とか、厨二病も真っ青な俺世界わかっています記事、俺の言うとおり社会は動かすべきといわんがばかりの勘違い。

そんな馬鹿が権利と権力を振りかざす、誰かの金に目が眩んだ様な報道をする、何処にスジが通っているというのだろうか?誰がそんな肥大化した権力を渡したというのだろうか?

真実って何かね?
posted by mouth_of_madness at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

ラッスンゴレライ

ネットの一部で気持ちの悪い事に成っているラッスンゴレライ。

あまりの気持ち悪さにモーリー・ロバートソンまで参加する始末。

実に気持ちが悪い状態が出現しているのである、どの様に反応しても損しかしないという状態が出現しているのである、無視すれば良いというかもしれないけれど、それはそれで物事をみようとしないとないという嫌な状態なのだ。

このネットにより作られる奇妙な問題定義というか陰謀というか得体の知れない状態がこれからの社会のある種のササクレを生み出す仕組み、このササクレが指に刺さり嫌な気持ちになる仕組み。

嘘でも情報が提示された時点でその証明をしない限り意味を持つ、昔は嘘を垂れ流す事が難し語ったけど今は簡単、そして半永久的にその嘘が情報の海に残って行く。いや嘘と言うのは駄目だね真偽不明情報というのが正しいね。

無い事を証明するのは難しいからね。

真偽不明の情報に動かされ先に進めない状態がこれからの世の中の仕組みになるのかもしれないね、無視してもそんなに問題無いのかもしれないけれど、その情報の裏にいるニヤケ顔があると思うと実に不愉快な気持ちになる。

今言われてちる内容の様な悪意に踊らせられているとしたら芸人のニヤケ顔、虚偽情報に反応している馬鹿がいるとその虚偽情報を作ったモノがニヤケているのもまた不快、誰かが発した情報に色々なモノがくっついて強大化した真偽不明情報の塊、その中に紛れる本当の情報とかもあるから手に負えない。

多分これから必要なのは断捨ではなく遮断なのだろうどれだけ情報を遮断していくかが大事になるのだ、そうしなければ時間を無駄にする事になるし、真偽不明情報に惑わされ選択を間違うリスクを負ってしまうのだ。

判断する為に情報は多い方が良いのだろうけどノイズの氾濫で正しい情報を受け取るのが難しくなってしまっては意味がない。

自分がその情報に惑わされ無かったとしてもその情報に惑わされた人の動きにより社会が変革する事はある、それに巻き込まれれば何らかの被害や影響を受けるのである。

虚構と現実が混じる世界へようこそ。
posted by mouth_of_madness at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

本当に良くなっているのか?

洗剤も常にCMでは新しくなって洗浄力アップ、掃除機も吸引力アップ、オーディオも常に高音質化髭剃りも切れ味アップ。

常に同じ様な感じです、本当にそんな効果が上がっているのであればトンデモ無い位に進化している様な気摸するし、過去のはショボすぎて駄目なモノに金を取られていたのかという気にもなる。

オーディオに関してはそんなに良くなっている感じはしないし、(耳の劣化の方がオーディオの進歩より先行しているのかもしれないけど)、洗剤も結局オーソドックスな粉石鹸とかを使っていたりするし、箒とモップ、雑巾とかの方が掃除ではイイ感じだったりするからね。

埃取りとしては掃除機は良いモノなのだろうけど結局は拭かないと汚れはとれなかったりするから過剰な進歩をしているのかもね、小数点以下の小さな差を埋めているだけなのではないだろうか。

その様にも思うのだけど、実際は本質を見失いグルグルと回っているだけなのかもしれない、Aという問題点を潰すとBという問題点が発生し、Bを直すとC、Cを直すとAがまた発生してしまうそれを繰り返す、直前のモノより良くなった部分が有るからそれを売りにするのだけど新しい問題点が生じている状態なのである。

そのうちにそのモノの本質を見失うのである、目の前にある問題点に気をとられ過ぎなのである。

多機能にし過ぎて使い方が分かり難いとか何をやるにしても面倒臭い状態になるとかあるでしょ?それらはな本質を見失って進化しているのである。
posted by mouth_of_madness at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

バランスをとる

政治等で言われるバランスをとるという考え。

自民が一人勝ちをするのは駄目だ、暴走を止める為にもバランスをとる必要があるといった事が呟かれる。

確かにバランスをとる事自体は悪い事ではない、大事な事だと思うのだが本当にそれでバランスがとれるのかという疑問があるのだ。

対案も出せない、ただ反対を叫んでいたり、革マルとかと繋がっていたりする様な連中でバランスをとって良いモノなのか?バランスがとれるのかという話なのだ。

AとBと比較出来甲乙つけがたい、どちらの言い分もあると思える様なモノで無いとバランスをとる事は出来ないし意味が無いのではないだろうか。

それにねぇバランスをとるといっても左右対称の整った状態をバランスがとれていると思っているかもしれないけれど、焼き物とかで歪な形だったり、一見バランスが壊れている様な感じがするけどギリギリでバランスがとれているいる状態というのもあるのだ。

一見おかしく見えてもそれで調和がとれているというのもあるのだよ。

三竦みみたいになり身動きとれない状態になっては不味いのよ、多少バランスが壊れてこそ動きがでる部分があるのだ。
posted by mouth_of_madness at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

バスに乗り遅れるな

AIIBで言われているバスに乗り遅れるな、TPPの時にも言われていたように気がする。

このバスに乗り遅れるなという人々、行き先、運転手、経営会社とかの事を考えて言っているのか?

怪しいバスに乗らないというのも大事でしょ、怪しくないとしても目的地が自分の行きたい目的地で無ければ普通は乗らないでしょ?マジカルミステリーツアーみたいなバスに乗ってどうするよ。

またAIIBに関しては既に日本は同じ様なモノを持っているのである、客の審査がやや厳しいという話も有るが安全な運行をする為には仕方なしの部分もあるからね。

それにバスに乗ると言うことは人にこれからの行き先を任すと言うことだ、途中で自由に降りる事も出来ないかもしれないのだ。

既に日本は自家用車を持つに至っているのにあえてバスに乗る必要があるのか?それ程の効率化がされているのだろうか?むしろ日本は更に便利なモノを作るべき段階なのに人のバスに乗り送れるなという。

新幹線を作れだのジャンボを作れというのがスジなのではないか?もっと良い仕組みを作れと尻を叩くべきなのだ。

経済のオートブレーキ完備とかで最悪の事故を防ぐシステムとかの構築を図るべきなのだ。

大所帯の運営が上手く言っていないEUとかの感じとかをみても、このバス更に混迷を極めると思うよ、それにこのバス事故ったら埋められますよ。
posted by mouth_of_madness at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

立て替え

ISISの遺跡破壊、盗掘もしているからそれが目的なのかもしれないし、宗教的に偶像崇拝の禁止からの破壊かもしれない、だが実際はNWOの考えでは無いのか?

実際は過去との決別、歴史の分断ではないのだろうか。古くからの考えを破壊しないと、コレまでの垢を落とさないという考えではないのか。

イスラムにある種の新自由主義が入り込み暴走している状態なのだ、原理主義に戻った訳ではないのだ。

ネット等により様々な情報が入る事で価値観が壊れていった結果、世界はおかしな方向に書き換えられているのである、膨大な氾濫する情報を反芻する事が人間には出来ない程にテンパっているののである。

様々に情報によりコレまでは色々と押さえつけれていた、真実から切り離されていたと錯覚するだけに十分な量の情報が流れた為に人は良く物事を考えず行動する様に成ったのである、騙されたと思っている部分と、俺は世界の真実に辿り着いたと言う妄想に囚われ新ルールを作らなければという考えが行動に移される。

でも膨大な情報を処理出来た上での結論ではないから間違えてしまうのだ。

知識量、情報量があるから賢いと考える愚かさ、馬鹿では無いのだろうけどそれを使いこなしていない状態では基本的に馬鹿である、今は情報なんて調べればそれなりに増やせるからね、真偽を確かめる事とそれらの情報を用いて次のステップの知識を生み出す事が出来てこそです、新しい知識を生み出す事が出来る人を賢いというのです。

情報に考えが誘導されている状態ではその域には達せません、積み上げて来た英知を、過去からの時間を粉砕している様では情報の大事さはわかっていないのです。
posted by mouth_of_madness at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

絶倫

絶倫の一言で片付けては駄目なのだろうけど、フィリピンで買春を続けた元校長。

その数12000人以上ってどんだけよという位のパワフルさ、更に14歳から70歳までの範囲の広さも特質すべき能力、更に更に14万を越える写真、アルバム410冊というコレクター的執着力、どれをとっても半端ない。

草食男子と言われるモノの対極にある感じだ、かって日本人が売春ツアーなるモノをやっていた時代も有ったからオッサン達は精力が強い人多かったのかも。

まぁ今も大学生のサークルでヤリコンとかが有るみたいだから若者も実際は精力が無いわけではないけど、このオッサンの性への執着は並々ならぬモノがある。

もしやこの世代のとかの性衝動の行動の反動というか反面教師というか反発というか若者の草食化があるのではないかと思うのは僕だけだろうか?

実際はバブル世代のダサさの反動くらいがリアルなのかもしれないけれどね。

あまりにもガツガツする感じに辟易したのが実情では無いだろうか、その感じで嫌儲とかもいるのかもね、人間の悪意と欲望の境界が入り交じった部分に嫌悪を持ってしまったのだ

それらが格差を生み出した原因と漠然と理解しているのではないだろうか。

夢や希望を異様に生臭くしたくせに、平等だの競争の拒否だの個性だのという事をメインに教育したらそりゃ生臭さに耐えられないのである。

無菌とか消毒とかの果てに生が絶えられなくなったのである、その生臭さを拒否しても生きられる社会を作ったからね。

ある意味人がいなくても成立する社会を構築中だkらね。
posted by mouth_of_madness at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする