2016年09月10日

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号

恒例の仮面ライダー勢揃い映画、更に新しいけど古い仮面ライダー3号が出てくる作品です。

仮面ライダードライブが車に乗っているせいでレースというのがなんか安易な感じ、レースに見応えがあればまだしも其処が雑な為に実に酷い事になっている。

それにねぇ3号が1号2号を倒して歴史が変わったのならばV3とかどうなるのよと思うのです、車に入っているマークもあれって立花レーシングのマークじゃないの?とか何か微妙にグラグラするのです。

確かに子供はV3の設定とかどうでもいいだろうし、拘り過ぎると娯楽作品として子供が楽しめないモノになるだろうとも思うのだけどその世代のオッサンとしてはもう少し拘りが欲しかったと思う。

それに本編終わったと思っていたら4号の話に続くよみたいな展開が余りにも商売的で子供を金に見ている感じも嫌だね。

記憶から、歴史から消えた仮面ライダーの痕跡を探るのにもう少しディケイドを上手く使ってと思うのです、まぁありきたりだけど、ディケイドを使わないのならばもう少しゼロノスをしっかり使えと思う、時間の歪みをちゃんと見せるべきだと思うのですよ。

ゼロノスは出している訳だからね。

それにショッカーが支配している社会にしてももう少し闇の部分を描かないと駄目だよね、これといってそんなに一般人が不幸せに見えないからね。ショッカーの世界征服って何なのかと思ってしまう様では駄目だと思うのです。

話の流れはシンプル、子供にも理解出来る事は大事、でも細部までしっかり出来ているという手抜きの無さが後々意味を持つと思うのですよ、懐かしんで見直したらよくできているなと感心出来るというのが必要だと思うのです。

バトルも何時もと違う感が欲しい、映画館で大画面で観るというハレの日にスペシャルなモノは必要だと思う、確かに戦隊と組んでの巨大ロボバトルはスペシャルかもしれないけれどそのバトルにスペシャル感が足りないのです、仮面ライダーとしてはスペシャルだけど戦隊としてはスペシャル感が無いのです、もう一味欲しいです。
posted by mouth_of_madness at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

RE−KILL 対ゾンビ特殊部隊

ドキュメンタリーテレビ番組風ゾンビ映画。

多少荒いけど結構好き、ちゃんと合間のCMとかもニヤニヤしてしまう感じが素敵なのですよ、兎に角役者が自然でいい感じなのですよ、

もう少し照明が良ければと思うのですが低予算でアラを見せない為にはしょうがないのかもね。

POV映画の類いは大体が編集されていない感じで無駄なシーンや如何にもオフショットを撮っていましたみたいな雑な映像が有るのですがこの映画テレビ番組という形式をとっているのでその辺がスッキリとしているので実に観やすい。

カメラの手ぶれはキツかったりもするのですがダラダラとしたシーンがなくいい感じです、インタビューを怠く感じる人も居るかもしれませんが、全く本編と関係無い会話とかに比べたら意味のあるインタビューなので観ていて不愉快にはなりません。

ストーリーラインがなくてもCMとかでリズムを作り出している為に退屈もないです、メリハリがちゃんとあるのですよ、それに見せたいであろうアクションシーンに無駄な話がない為にここもまたスッキリしているのですよ。

脚本が甘いと色々とテンポが悪い事になるけどストーリーがないからテンポが悪くならないのです。

これには感心しました。
posted by mouth_of_madness at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

ハイレゾ

良い音楽を良い音で聴きたいという願望からハイレゾというのは産まれたのかもしれないけれど、どうにもそうなっていない感じがする。

単純に商売の為というが実情ではないだろうか、現時点では音楽データの扱いが煩雑なのよ、更に良い音が出たらまた同じ曲の音源を手に入れる事になるという、同じ音楽を何度も買うという歪な状態に思えるのよ。

売れる新しい音楽が産まれにくいから古い名曲のリサイクルというのハイレゾの正体ではないのか?

それにねぇ実際にそれを聞き分けるには耳も必要だし、オーディオシステムも良いモノが必要になる、またオリジナルの音声データが高音質である必要もあるのですよ。

でも意外とそうなっていないし、ハイファイ感を出す為に変に音ヌケが良くなったりすると記憶の中の音と違い新鮮に聞こえるけれどこれじゃ無い感に微妙にゲンナリする事にもなる。

もしかするとハイレゾで音が良くなったのではなくマスタリングの違いにより音が変わったのが良い音になったと錯覚している可能性の方が高いのではないか?

新録は元々からダイナミックレンジも広いからヌケの良さがわかるかもしれないけれど旧譜に関してはどうだろうと思うのです。

でも音が良くなったとか言われると聞きたく成るのがオーディオファンの駄目な所、結局は音楽ファンでは無いのかも知れない。

音楽ファンでなくなった時に本当に聴きたい音とは何なのか?曲を聴くのではなく音を聴き出したらもうそれは駄目な道に突入していると思う、まんまとその商売に踊らされているのが今なのではないのか?

聞き比べればわかるという様では駄目だと思うのです、まぁ聞き比べても良くわからんというのが大半だろうしね。

聞き比べなくてもこれは良い音、グッと来たという様な感じは現況では薄い、DVDからブルーレイになった時の様な感動はない、今でこそハイレゾとか言ってるけどDVDオーディオもSACDも割と失敗よね、変えただけのインパクトがないからね。

その様な微細な差をあたかも凄いかの如く吹聴しいる感じが気持ち悪い、それがハイレゾ。
posted by mouth_of_madness at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

中途半端な受け答え

今の世の中色々な情報がそこら中に溢れている、調べればあっという間にそれらが発掘されるというのに何故中途半端な受け答えをするのだろうか?

蓮舫の二重国籍問題とかをみていて思う、また本当か否かわからないけれど小倉智昭の事に関しても何か油断があったのでは無いかとすら思う。

メールが出る筈は無いとでも思っていたのでは無いかと。

多分今は全てバレていると思って行動、発言するべきなのだ、古い雑誌っでこんな事言った可能性とかを考慮しておくべきなのだ。

アヤフヤだとしたらその事を先回りで発言するべきなのです、後手に回ると其処を勘ぐられる、そうなると何を言っても言い訳になり涙の記者会見も薄ら寒い演技と思われてしまうのだ。

もう露出狂の如く自分を先にさらけ出すしかないと思う。良い政治をしたかったという様な言い訳は通用しないのですよ、どうせ政治生命断たれるのならは゛お金が欲しかったというのがベストかもね。

まぁそうなると本当の生命がなくなる可能性もあるけど、でも秘書がやった事と言い訳するよりはマシかもね、最期に色々な人に薄いかもしれないけれど責任のとり方を提示しているだけマシだからね。

中途半端な言い訳は更に過去を掘られる事になるからね。

単なる記憶違い、勘違いだったとしても一度言った事の矛盾に対して攻撃するのが今の世の中なのよ、自分が不完全でも他人に完全を求める脅迫的な潔癖症。

まぁ自分の言論の責任をもたないと駄目だとは思うけど、僕はその場の思いつきでグラグラと思想、思考が揺れる、でも書いている時、発言している時はそう思っていたのだけどね。

でも色々と怪しい発言をしていると思う。
posted by mouth_of_madness at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

知能・貧困・右翼

虐げられる者の最期に逃げる場所が愛国だってよ。

馬鹿=虐げられる。

貧困=既に虐げられている。

よって此等の人は愛国に走るという理論だし、それなりにそれを裏付ける様な情報もあるのだろう、まぁ実際には世の中の殆どは馬鹿なんだけどね、逆もまた言えると思うけどね。

右翼が馬鹿だとしても左翼もしれてるよね、香山リカとかみても何処に品性があると言うのよ知性のかけらもない。まぁ左翼の人は香山リカなんか左翼じゃないというと思うし、本人も平和主義者だというのだろう、それを言い出すと右翼も色々ですよ。

また

賢い=自立している。

自立しているから国家という枠はいらないという線引きからリベラルに行くのかもしれないけれどそれが錯覚とわかっていない段階で馬鹿だと思う。

国家というシステムの上での優秀性だったりするのよ、クダラナイ考えを妄想を遊ばせる余裕があるのは国家がある程度機能しているからなのよ。

システムが崩壊したら安全がなくなるという事というのを理解しろと思う。

たとえ国家を破壊したところで新たなる構造が出来てくる、結局は国家解体を叫んでいても現況のシステムを組み替え新たなる自分にとって都合のいいシステムにしたいだけなのよ。

馬鹿と賢いと思っている馬鹿、どっちも馬鹿なのに社会での成功とかが自分に価値があると思わせてしまう、国家というシステムがあるから賢いと勘違いさせてしまうこの歪さよ。
posted by mouth_of_madness at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

改革

多分色々な人がやりたがる改革って多分厨二病拗らせたモノだよね。

何かと現状を俺のならば凄い事に出来る、俺の発想は世界を一新出来るという選ばれた者という妄想の暴走なのです。

だから人の考えに反対をするだけに終始するのですよ。

兎に角後先の事は考え無いし、良し悪しすら考え無い、改革をする事が目的に成っているのです、実際は地道にちょっとずつ改善するという大変な作業の方が大事だったりするのに、改革という妄想に逃げ込んでしまうのです。

積み上げるとという事は物事を良くしていたとしても名前の残る様な事では無かったりするからね、何かを成したという達成感がないのでしょう。

何かを生み出す土壌には成りたくなのです、そしてこの変な欲望が社会を不安定にさせるのです。

ただ変えたいだけだからね。
posted by mouth_of_madness at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

離れ

車離れだの、映画館離れだの、CD離れだのといった若者の○○離れ、それと対極にあるような断捨離とかミニマルな暮らし。

どっちも煽るマスコミは一体どうしたいのだろうか?

まぁ映画館離れに関しては映画に行ってもモノが増える訳ではないから良いのかもしれないけれどね、家にテレビもいらないしね。

このまま行くと今にミニマリスト離れというのも出て来るね、合理的であれ、シンプルであれという脅迫観念からの離脱という日が今に来ると僕は思います。

所詮は作られたライフスタイルだと思う、単純に流行の一種ですよ、それに合わない人が無理してやっても上手くは行かないのです。

楽になったという人も多いでしょう、自由になったという人も多いでしょう、でも多分勘違い、今に捨てなきゃという事に追い詰められて行く人が出て来る、逆の生活をしていて楽しめている人を見た時に自分の考えが揺らいできますよ。

元々のそういう正確の人は良いのです、でもダイエットだの健康だのブームの様に飛びついている連中は離れて行きます、別のライフスタイルが提示されればフラフラとそちらに流れるのです。

持たないという物欲。

かって日本で流行った侘寂という文化、元祖ミニマリスト的な茶室に一輪挿しといったモノも消えた訳では無いけれどその後は色々な展開をしているのです、高度成長期のテレビ等の三種の神器とかでかいステレオコンポブーム、トレンディドラマやバブルの頃の阿呆物欲といった時もあるのです。

経済状況や社会の雰囲気が変わればどうとでも変わるのが多数の人のライフスタイル。

これからも色々な○○離れは続く、新しい流行が出て来れば古い流行は淘汰される運命実に当たり前の事、その流行を生み出しているメディアが○○離れで良いのかという不思議な行動、離れる原因の流行を作りつつ憂う、割とキチガイの行動にも思える。

色々なスポンサーのしがらみと流行の変化の葛藤によるおかしな行動。

何処にも合理性はない何らかの流れに翻弄されているだけなのよ、オタク文化ですら消費社会に組み込まれ、今や単なる産業の一形態ですよ、大多数が周りを巻き込み無理をさせる、ある時ふと自分を取り戻し素に戻る様なモノなのです。

流行という名の新興宗教がこの世の仕組みなのです、こうすれば幸せになれると導いてくれる神がそこら中にいるだけなのです。

煩悩を捨てよと同じです。
posted by mouth_of_madness at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

コスト

格差を大きくしていく上の人。

今は儲かりウハウハだろうけど治安は徐々に悪くなる、格差が広がれば広がるほど治安は悪くなる、治安を維持する為に結局は別のコストを払う事になる。

社会が不安定になるし消費者を潰していく過程で儲けは徐々に減る、今はまだ海外へ販路を拡大する事で維持出来るかもしれないがそれも無理になる日がいずれ来る。

目の前の利益を追求する余り土壌を駄目にしていく、今の経済活動は狩猟民族の様なもの、取り尽くした先を何も見ていない、絶滅させて気がつくのだと思う、農耕民族的に土壌を耕して豊かにし、時には休ませる、その一手間やコストを払う事を忘れているのです。

消耗していく市場、悪化する治安、外に広がる事で市場を大きくする事も大事だと思うけど縦方向に厚みを持たせるのも大事なのよ。

簡単に厚みはつかない、じっくりと文化を熟成させる事が大事なのにそのコストを払おうとしない、結果人も劣化していく一方。
posted by mouth_of_madness at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

嫌ならば観なければよい

24時間テレビに対する非難に対する回答の一つが「嫌ならば観なければよい」

確かに単なるお笑いバラエティならばそれでも良いのかもしれないけれどそうではないから問題なのだと思います、ある種の思想が人に影響を与える事に不快感を感じるのだと思います。

自分は観なければ大丈夫だけど、その番組を観て感化され間違った認識が蔓延る可能性が嫌なのではないだろうか。(嫌な人に話を聞いた訳ではないから妄想、それに嫌な理由は人が複数有れば色々だろうしね)

放送法的に無理かもしれないけれど、24時間共産主義はこんなに素晴らしいという番組やっていたら拙いと思うでしょ?(共産主義のいい側面だけで番組を作る事は可能だからね)

そんな番組を嫌ならば観るなと言うだけで済む?

毎年そんな感じで思想汚染をされているとしたら問題を感じるでしょ。

日々偏向報道に関しては放送法的に問題だと言っても嫌ならば観るなと言わないでしょ?愛を売りにしているし、善意を感動を喚起させる様な番組だからそうなっていないだけ。

愛国的、日本最高という番組も行き過ぎれば怖いし、日本はもう駄目だ、日本はこんなに悪い国だという番組も非常に拙い、ある側面だけを描く事の危険性があるのだと思う。

自分が観なくてもそれに影響される者に醸成されていく、そして間違った認識が世の中をおかしくするのです。
posted by mouth_of_madness at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

セラフィット

景品表示法に違反だったフライパン、でも他のフライパンもどうなのよと思う人は多いと思うけどね、焦げ付かないとか摩耗に強いとか書かれていてもチョイと火が強かったりとかで駄目になるよね、金属のヘラも金タワシも研磨剤も使っていなくてもいつの間にかキズって増えるよね。

電気炊飯器の釜ですらいつの間にか擦り傷とかついていて何が原因なのよと思う事山の如し。

僕はフライパンは鉄派です、ちゃんと手入れしていけばいうほどそんなに焦げ付かない、強火でガッと炒める方が野菜炒めも水が出なくて良い感じだと思うのです。

使ったら直ぐにお湯とタワシでゴシゴシやれば汚れもスッキリです、別に洗いが大変な事は何も無いのですよ。

まぁ難点はチョイと重い事ぐらいか。

使い辛いと思っている人は金タワにクレンザーとかでゴシゴシやりすぎて折角作った皮膜を駄目にしていると思うのですよ、微妙に潔癖な感じが洗剤をつけしっかりと汚れを落とさないと考えてしまうのでしょう。

亀の子タワシとお湯で十分に汚れは落ちてます、表面のヌルつきも固形物感もないです。

健康的に油を使いたくないという理由が焦げ付かないフライパンに向かわせるのかもしれませんが、そうでないとしたら鉄のフライパンは良いモノです。

景品表示法的な事考え無くてもすむしね。
posted by mouth_of_madness at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする