2016年11月30日

消費低迷

天候不順のせいで消費低迷だそうです。

そんなに変わるモノなのかね?今日日ネットとかでも注文出来るし車に乗って買い物というのも有るしね、天気が悪けりゃ日々の生活品なんかチョイと割高感のあるコンビニとかでの買い物すれば消費額は増えそうな気がする。

季節のモノが売れないと駄目なのかね?夏暑く、冬寒いとかで無いと駄目なのかね。

野菜高騰が影響しているとか言っているけれど価格の高騰を抑える為に利益を切り詰めていてその後の消費が進まないという事なのか?

野菜を高く買っているから残り自由に使えるお金が少なくなり天候に関係無いモノが売れない、その結果お金の循環が止まっているという事なのかね。

でも本当に其処に因果関係があるのかね、其処の説明が欲しいと思う。

どういう根拠でそんな事になったのかがないとなんか騙されている感じしかしないよね、それにねぇ景気が天候に影響されるのであれば政府はもっと天候を景気対策に織り込むべきではないのか?

もっと天候予想に力を入れなければ駄目だよね、天気で経済政策が無意味にならない様にしないと駄目だよね。

その辺の対策をせずに言っているとしたら馬鹿丸出し、影響する事がわかっていながら何もしてないとしたら明らかに馬鹿としか言い様がない。
posted by mouth_of_madness at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

ギフハブ

覚醒剤容疑のASKA容疑者の謎の言動中に出て来る組織「ギフハブ」。

実に興味深い、一体何の為の組織なのだろうか?そしてASKAを監視する理由は何か?

と適当な出だしで書き始めてみたけど後が続かない、才能のがあれば此所から何処までも膨らまし話を面白くする事も出来るのだろうけどね。

でもこの謎の組織の名前は世の中に出てしまった、これからこの組織の暗躍はドンドンと表に出るのではないか?

世の中には何か追われているという人がいる、盗聴されている、監視されているという人々がいる、その人達は誰に追われているのかというのが今回のASKAの発言でそうか僕を追っているのはギフハブではないかと疑う、確信する人が出て来るのでは無いだろうか。

ASKAが謎の組織の命名をしたという事が凄い事になるのだ。

これを切っ掛けに「This Man」みたいな感じになるのでは無いだろうか、嘘話だろうがデマだろうがそれを切っ掛けに朧気な形が実体化する、嘘とか妄言に実体感をつける切っ掛けを作り出したのではないだろうか。

これまでは警察に監視されているとかCIAに監視されているとかいう妄言がギフハブという謎の組織になりより闇に落ちていくのである。

面白がりその名前を持つ組織を作る連中も出るかもしれないし、今都市伝説に新たなる1ページが記述されたのである。
posted by mouth_of_madness at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

限界集落

限界集落で大麻栽培というニュース。

本当に此所だけなのだろうか?多分これだけではないと思う、大麻栽培していなくても住民票を移したりする事無くこっそり、ひっそり住み着いている連中もいるのでは無いだろうか。

これといって迷惑かける事無く住んでいれば良いじゃないという意見もあるだろう、だが其処で子供を作り戸籍も何もない、存在しない人間とかが産み出されていけば色々と問題になる。

身寄りのない人間の土地や財産とかも徐々に奪われていき成りすましとかする様になれば混乱する様になるのだ。

これがまだ日本人ならばそんなに問題は無いかもしれないが、密入国した人間で日本侵略の先兵だったらどうなるのだろうか?

村の住人全員が他人がすり替わり生活をしているとしたら?

変なSF映画ではないが10年とかかけて徐々に寿命で死んで行く人と入れ替わり、死にそうにない人間は殺害して行くとしたら?

戦後のどさくさで土地を奪われたり、名前を奪われたりした人達がいるという話が現在は限界集落でそれが行われているのではないかと妄想してしまうのです。
posted by mouth_of_madness at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

バットマン vs スーパーマン・ジャスティスの誕生

一言「長いよ!」といいたい。

面白くもなく、でも其処までツマラナイという事もないという微妙な感じで長い。

元ネタを詳しく知っていれば細かいネタでニヤニヤ出来るのかもしれないけれど其処まで詳しくないのでニヤニヤ出来なかった。

正義とは何ぞというテーマをやりたいのだろうけど結局はひたすら殴り合いをしているだけ、まぁ世の中のバトルモノはなんか色々な主義主張があっても殴り合いをしているのだからこれが欠点というのはチョイと強引かもね。

でもねぇこの映画の場合、主張の声が小さいのですもう少し腹の底から、魂の叫びを出せよとという感じなのです、ラストのドゥームズデイを倒さないと駄目だから余力を残す必要があったのだろうとは思うがバットマンとスーパーマンのバトルもっとボロボロになるまでやって欲しかったと思う。

お互い精も根も尽き果てた所でのドゥームズデイ、このボロボロの状態でどうするのという所からの協力攻撃でしょと思いました、バットマンがヤリで突撃して倒したと油断した所に攻撃を受けそうな所を助けようと身代わりに串刺しになるスーパーマンという展開が欲しかったと思う。

ドゥームズデイとのバトル、バットマンが活躍している様に見えないのですよ、ワンダーウーマンの活躍の方が目立ちすぎなのですよ。

シリアス、落ち着いたトーンとかだったとしてもここぞいう部分では臭いまでの熱さが欲しいのです。

狂言回しのレックスルーサーにしてももう一捻り欲しい所、これまた主義主張に対して声が小さいのです。
次回作への伏線だから声が大きいと駄目なのよと言われるのかもね。
posted by mouth_of_madness at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

経済政策

様々経済政策が行われるけどイマイチというか殆ど効果が出ていない感じがする。

何故なのか?学者や政治家が無能なのか?

政策理論としては無能ではないのかもしれないけれどチョイと抜けているのだと思う。

理論は正しいのだがその理論が産み出す利益を自分の懐に入れる経済亡者の事を忘れているのだ、経済亡者は利益を還流させる事無く富の塔をひたすら作り続けるだけ。

多分これまで色々と試された理論、程度の差はあれ経済を建て直す機能はあったのだ。

だが上手く回り出し利益が出てくるとそれを世界中の連中がそれを吸いだしていくのだ、利益は国家の経済を建て直す事無く吸い出されているのだ。

それにねぇこれは経済亡者の馬鹿な部分、全体がもっと大きく裕福になればもっと儲ける事が出来るのに、育てる事無く収穫する、最期の一滴まで搾り取るが如く収奪する。

徐々に土地は荒れ果て何も採れなくなる事を理解していない、理解していてもそしたら次の土地を奪えば良い、ドーピング等で土地を持たせれば良いという感じ、死体を肥料にして持ちこたえさせれば良いという餓鬼なのよ。

普通の経済政策たぶん性善説的アプローチなのよ、性悪説的対策を入れておかないと駄目なのよ。

トリクルダウンとかをみてもわかるでしょ?上に集まった富が下に垂れなかった、上の人が足を知っていて垂らしてくれると考えたけれどそうはならず上が肥るだけになったでしょ。

ちゃんと垂らす様に何らか罰を入れとかないと駄目なのよ、善意でやってくれる筈では上手く回らないのです。
posted by mouth_of_madness at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

本能

レイシスト的考えは動物的本能なのかそれとも理屈的なモノなのか?多分どちらもあると思う。

だからこそこれまで色々な仕組でそれらを押さえてきたり、衝突して来たのです。

レイシスト駄目といって避難するのは容易い、でもねぇその結果衝突したり、文化が変化する事に対する考えはどうなのよと思います。

ぶつかる者は全てレイシストなのだろうか?

最初はそんな事を思っていなくても日々ぶつかる事でストレスが溜まれば怒りは爆発する、人数が増えていけば民族紛争になるのです、世界各地で起こる民族紛争は果たしてレイシストのせいなのか?

主義主張の違う集団が集まればぶつかるのですよ、別に人種が違わなくてもぶつかるのですよ、日頃レイシストは駄目だという人間が暴力的に衝突するではないか、考えが違い受け入れる事が出来ないとぶつかるのだ。

偶々人種とかが違うと長年培った文化が違う為に主義主張の違いが出やすいのだと思う。

またレイシストは駄目だという考えは敵からすると利用しやすい考えでもある、仇なそうとする者はそれを利用し内側に入り込む、内部から蝕むには最適な甘い考えなのよ。

時間をかけてその範囲を拡げて来たのがこの世の中、それも何度も拡張するも分裂し縮小したのがこの社会、それも多量の血を流しながら拡張してきたの実情だし、EU離脱とかいう事が起きたのも縮小の現実、スコットランド独立騒ぎもあったりしたのもごく最近の出来事。

今も沖縄独立とかいう扇動で分裂を企む連中がいるのをみても何時でも小さくなろうという勢力とか考えがあるのですよ。

上手く混じる準備が出来ていない状態で混ぜると拒絶反応が起きるのです、混ざったと思っていても時間が経つと分離したりする様な事も有るのです。混ぜられる量の限界とかもあるのです。

様々な拒否感、恐怖感というレイシストへの引き金が有る限りじっくりと時間をかけるしか無いのです。
posted by mouth_of_madness at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

責任感のない優しさ

人権問題の一番の問題は守れという人に責任感のない事だと思う。

凶悪犯罪を起こした人間の人権を守っても被害者の人権は守らない、被害者の怒り、悲しみは自分で何とかしろと言わんばかり、それにその犯罪者が再犯したとしてもその責任をとる事はない。

また移民問題とかで無用な衝突を生み出したりしても知った事ではない、その衝突により死者が出たところで移民を助けた自己満足の前には関係ない事になってしまうのだ。

兎に角自己満足と無責任のオンパレード、移民とかは衝突はなくても税的負担をみんなにかける事もあるのよ、現時点で低所得でヒーヒー言っている貧困の人間を助けよといいつつ更に負担増をするとか正気ではない、富裕層に頼むから良いというけれど負担増が進めば現時点では中間層と言われている人間も貧困層になりかねないからね。

色々な技術発展とかで経済成長により助ける事が出来る人数は増えてはいる、だが現時点では限度があるのです、どうしようもない時に見切る事も必要なのです、自分達が助けたいからといって他人にそれを押し付けるというのはちょいと人権の横暴だと思う、押し付けられた人間に無理やり責任をとらせて何が人権か。

誰かの人権を守る為に他人の人権を脅かす、なんて喜劇。
posted by mouth_of_madness at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

世の中はは何故間違うのか?

色々と人々は選択を間違う、個人レベルでも国家レベルでも。

その理由はそんな事する訳は無いという思い込みと、同じ常識で動いているという勘違いからである。

ちょっと違和感を感じていたとしてもその様な思考が邪魔をし判断を鈍らせる、疑って良いのか?という考えが間違いを引き起こす。

陰謀なんて無いという思い込みとかもそうなのよ、そんな陰謀が出来る力があればそんなリーク情報とかバレる様な事はないとかいう考えが判断を間違わせるのですよ。

世の中自分の思っている様には動いていないのよ、それぞれの思惑とかがあり、色々な常識で動いているのですよ、似ていても微妙に違う常識でね。

そもそも移民とか難民とかで問題になるのは生活格差とかでは無く常識の違いが衝突の原因なのですよ。

有る範囲では人の行動は読めるのかもしれないけれど、読めない人間がノイズとなり物事にカオスを産み出してしまう。

そのせいで読みを間違えてしまうのです。

変な事が起きるかもという事を頭の片隅ではなくもっとメインに据えて考えるべきなのです。

むしろ物事を上手くいかせる為にはノイズを如何に潰すかが大事なのだと思う、ノイズを減らす事で予想通りの結果を導き出すのです。

アメリカ、そんな事は起きないだろう、非現実的だと思い無視するとカリフォルニア独立する事になりかねないよ。独立ではなく離脱というのが正しい?

日本も沖縄独立とかそんな馬鹿なという考えは捨てた方が良い、それを指揮している連中の背後とかも含め調べ早めに潰していかないと取り返しのつかない事になりまっせ。

posted by mouth_of_madness at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

フィフス・ウェイブ

今年観た映画の中で現時点で一番面白くない、もっとも退屈な映画でした。

途中3回は寝る位に面白くない映画でした。

作っている人が何を見せたいのか全くわからないという感じもそうだし、話も二つに視点が別れていて今ひとつ入り込めない、まぁこれは腕が良ければそんなに問題は無いのだけど、この監督には其処までの技術が無いと僕は思いました。

兎に角たいして話も進んでいないのにチョイチョイと視点が切り替わり集中出来ないのですよ、それにねぇ片方視点だけを注視したとしても全く面白い話が無いのです、これほど話が欠落したモノはないのです。

宇宙人の侵攻は冒頭で終わり、それに立ち向かう感じがなく全く盛上がらない、そもそも宇宙人の侵攻にしても全くといって良いほど見所が無いからね。

絶望が足りないのです、それに立ち向かう勇気が足りないのです、全てを吹き飛ばす火薬が足りないのです、そんな風に足りないのに意味不明に安易に挿入される恋愛話って何?

恋愛話を入れる前にオチを入れろと思いました。
posted by mouth_of_madness at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

憲法9条

欧米ではとか世界ではこれが常識といった事を言う人々。

憲法9条って変だよねとは言わないのは何故?そんな事を言うと物事を考えて判断しているからというのだろう。

有り無しは考えていると言うのだろう。

でもねぇ大麻の合法化が欧米で進んでいるという考えを振り回す様な連中が本当に考えている様に思えない、なんか未だにヒッピームーブメントの中に生きている感じと合法化する為に最近の医療用とか油とかいう部分を乗っけている感じしかしない。

その様な脳天気感じで欧米ではというのはチョイと何か馬鹿みたいだよね。

そんな事を考えていくと大半の欧米ではというのは思考停止と自分の考えを正当化する為のバックボーンとして虎の威を借る狐みたいなモノですよ。

何か欧米では流行っているから良いモノという感じは通販とかでNASA開発のハイテク○○とかいうのとあまり変わらない、ドイツの環境基準をクリアーとかね。

微妙に間抜けの底抜け感。

オカルトに騙されるなとかいう連中はこの様な欧米ではとかいう連中にも啓蒙しなよと思います。
posted by mouth_of_madness at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

周回遅れ

民進、野田幹事長の安倍・トランプ会談についてのコメントでの「びっくりぽん」というセンス。

明らかに周回遅れです、「じぇ、じぇ、じぇ」だったらまだしも(これでもまだ寝かし時間が足りないと思うけど)「びっくりぽん」今使うと筈恥ずかしいタイミングです。

そもそも流行ってすらいないと思うのですよ。

せめて今使うなら「なんか、なんかなぁ」ではないのかと思う、まぁそれでも幹事長としてはチョイと薄ら寒し、低次元な受け狙いで重みも何もない。

そもそも社交辞令的発言しかしていない安倍首相の言葉をそのまま鵜呑みにするってどうなのよ、一度は首相やった訳ですからその辺の事情はわかる筈。

その辺をわかった上で気の利いた発言をしないと何の説得力も意味も無いのです、それが出来ないから無能を垂れ流し、支持率を下げるのです。

そもそも信頼が出来なくても、安易に信頼の出来ない人間だと次大統領に対して言う事か?具体的に何かが決まるという様な会談でも無い様な気がするし、守秘義務的な部分もあるのだからね。

第一報としてはこんなものでしょうが。

安倍自民を貶めたいという気持ちが空回りしているのよ、そんな事だから周回遅れの微妙な言葉を使うのですよ。
posted by mouth_of_madness at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

足を知る

資本主義という考えとそれに反する足を知るという考え。

これらの考えの違いが人の生活にあるから社会は混乱する、日本人はどっちが正しいと思っているのだろうか?

実際には程々というのが良いのですよ、その匙加減をどうも使えていないのですよ、個人ではなく社会が上手く使えていない、ミニマルとグローバル経済というその両極端に右往左往しているのです。

足を知る経済政策って作れるのだろうか?

経済発展も技術発展も満足していないから発展する、其処を足を知るで止めてしまえば発展はしないのだろう、

でも人間の限界もあるし発展速度の不安定さもある、時折戻ったりする事もあるグダグダなのが人類、そうなると途端に経済は一気に問題になってしまう。

停滞をしても問題の無い経済政策、いや長期的に見れば発展しているのだろうけど単年度でも問題が出るとやたらと問題を叫ぶ、止まる事があっても良いではないかと言える、不利益を被らない経済政策。

作らなければいつ戦争が起きてもおかしく無い、経済政策の為に貧しい者を作り出していて何が政策だと思う。

行き詰まりや閉塞感を打開する為に戦争を起こす、瓦礫に戻ればもう一度作り直す事で経済の成長感は味わえるし刻一刻元に戻る街に高揚感を得る事が出来る、だからといって何度もそれを繰り返すのは馬鹿丸出しだと思うのです。

単純に瓦礫にする事で足りていない状態にするって余りにも暴力的過ぎで安易です。
posted by mouth_of_madness at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

愛国

愛国っていうと何となく右翼的ですよね、でも左翼の人の反日的振る舞いもまた同じ穴の狢。

支持しているモノが違うだけなのよ。

僕もねぇ右翼的な日本万歳的な感じはチョイと危険性を感じます、余りにも盲目的な状態は危険なのですよ、でもだからといって斜に構えて愛国「ケッ!?」と舌打ちをするのも違います。

ふとした時に「日本は良い国だな〜」としみじみ思う位が丁度いいのです。

そのしみじみとと日常を淡々と守りたいと思う心こそが愛国に必要な部分、それぞれの人が思う日本というモノがあってそれが複雑に絡み合っているのが文化というモノなのです、何か一つの強力な思想でこうあるべきとやってしまうと大事なモノを見失うのです。

まずはリラックスしましょう。
posted by mouth_of_madness at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

報道

朝のワイドショーとかを観ていると朴槿恵のスキャンダルのデモとか、トランプ反対デモとかの報道ヤリすぎではないのか?

絵的に面白いから?クダラナイ情報だから無責任に報道出来る?

なんか此等の報道のせいで国内のニュースでやるべきモノが欠落している様な気がするのですよ。

特にねぇ朴槿恵の報道に関してはくだらなさ山の如し。

ソウルデモ報道に関しても日本からデモに参加している連中の背景と意図を暴くのならばまだしもそんな報道しているテレビとかあるのかね?

それにねぇ報道がこうクダラナイというのはそれを観る僕達がクダラナイという事なのだろう、みんながそれらを求めているのだろうし、馬鹿に真実を明かすと出鱈目の行動をする危険性とかを考えているのかもね。

まぁ実際は本当の事を報道しても、面白みが無かったり、一言で終わったりして番組の尺が埋まらなかったり、別の話題を探すのが大変だったりなのかもね。

ゴシップ的にタブロイド的にしたりするのが視聴率を安定させる事なのかもね、朝のワイドショーなんか真面目に観られて遅刻でもされたら困るしね。

バタバタしている時に真実が報道されても中途半端理解だったらゴシップ状態的な理解にしかならない恐れもあるからね。
posted by mouth_of_madness at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

角度

民主主義で成立する意見の角度は何度ぐらいまでなのだろうか?

180度違う真逆の意見に関しては対応出来ない、不満が溜まるだろうし、考えは圧殺されると思う。

ちょい違う意見摺り合わせできるだろう、その小さな差異を議論をする事も可能だと思うだが全く違う考えの場合は議論にすらならないのではないだろうか。

共に相手の事を頭がおかしいとか馬鹿だと思うのである。

角度が違えば違うほど民主主義は上手くその意見の違いを吸収出来なくなるのである。

まぁ意見の角度ってどう調べれば良いのわからないのだけどね。
posted by mouth_of_madness at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

挨拶禁止

マンションで挨拶禁止という奇妙に思えるルール。

何だろう此所まである種の自己中に人はなれるのだ、プライベートを此所まで重視する様になれるのだという事にビックリする。

きっと今にマンションだけでなく町内で挨拶禁止とかになるのだろう、知らない人とは挨拶というコミュニケーションもとらないという事が進むと今に近所は知らない人だらけ。

良くネットに貼られている奇妙な事案、小学生に「元気!?」と声かけとかいった感じで「おはよう」という声かけ事案発生みたいに事になるのだ。

片方は相手の事を知っていたりしても声をかけたら駄目なのだ、下手すると親戚のおじさんとかでも子供が覚えていなければ犯罪の如く扱われる嫌な世の中になるのだ。

誰かの紹介無くして知り合いになる事のない寂しい社会になってしまうのだ。

プライベートな事を聞く訳では無いのだから挨拶するくらい良いでは無いかと思う、知らない人に声かけられても挨拶位だったらと思うけどね。

それを切っ掛けに悪戯されたり、連れていかれたりとかいう問題があるのもわかるけど知っている人を増やす事が犯罪を減らす事でもあると思うのですよ、ご近所さんの存在を知るという事とプライベートにまで踏み込むのとは違うのです。

そんな事を考えると僕が子供頃って結構怪しいオッサンとかと遊んでた、名前すら知らないし、何処に住んで居るかも知らない、不労者程では無いけれどチョイとスエた匂いもするし昼間からこのオッサン何しているのと子供心で思う位に怪しいのよ、まぁオッサンに見えるけど非常に老け顔の大学生とかだったするのかもしれないけれどね。

実にルーズだったと思う、気がふれた様な人も町にいたけど、それを当たり前の様に受け入れてたからね。

色々な関係性を分断すると人間の成長とか、危機回避能力を無くすのでは無いかと思うし、孤独に耐えられない者が暴発する事に成っているのだ。

いい感じに発散出来ていたモノが発散出来なくなる妄想が暴走しおかしな犯罪に成っているのが今なのではないかと思います。

それがもっとガチガチになると暴走は破滅的になる様な気がする、幼稚園とか託児所とかが出来る事に反対する近所の声とかいうのも、知っている子供ならば多少うるさくても楽しめるけど知らない子供だと苛つくという事では無いのかと思う。
posted by mouth_of_madness at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

マスコミ

アメリカ大統領選でマスコミが取材をしてその情報を分析し発表している訳では無いというのが更に明らかになった。

自らが思想や情報を拡散する為のモノに成り下がっているのですよ。

それにねぇ日本のマスコミは現地調査を独自にする事もなく、アメリカから上がってくるマスコミ情報を鵜呑みして判断を誤ったという感じではないだろうか。

むしろ日本は客観的に取材をするべきだったのよ、そうすればアメリカの報道とは違う分析と情報によりもう少しトランプが勝つという可能性を導き出せたのではないだろうかと思う。

そもそもトランプが大統領になる事で日本が世界が受けるダメージを本当の意味で理解しているのだろうか?

あくまでマスコミが報道するデメリットを真に受けているだけでそれを鵜呑みにしている過ぎないのですよ、まだマスコミが取材をし分析をしそれを客観的に報道しているのならば鵜呑みでもそんなに問題はないかもしれないが、今回の選挙報道と結果を見る限りかなり怪しい偏向情報なのよ。

そんな報道でデメリットを考えて批判をするというのは間違っているのですよ。

単なる予想がハズレたというのではない、アメリカに内包する社会問題の現実を伝えていないという問題なのですよ。

マスコミ報道で誘導できない位に現実の痛みがあるのかもね。

posted by mouth_of_madness at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

何じゃこりゃ

ソウルデモの写真に何故かJR東労とかJR総連とかのノボリが立っている。

これって本物?と疑いたく成る位に衝撃的です。

でもこれは非常に拙いのではないのか?内政干渉ではないのか?今は一緒になって盛上がっているから文句は出ないかもしれない、だが自体が収束した後にこれらの写真により脅される事になるのではないかと思う。

其処までが仕組みで賠償金という形で資金を還流させる為のモノではないのかとすら思えるのですよ。

またこれの逆が起きた場合、日本での安倍退陣デモとかが行われてハングルのノボリが上げて抗議をした場合にどうするのかという事になる、韓国人を排除しようとするとヘイトだといわれ実行出来ないとしたら実に面倒臭い事になる筈だ。

あと比率の問題もある、99対1とかで圧倒的に自国の方が多かったら何となくスルーしそうな気がする、だが何割が許容範囲なのか?少しでも許してしまえば其処から屁理屈が溢れだし99対1で自国の方が少なくてもOKになるのだ。

下手すると総理の外交政策が駄目だから海外からわざわざ抗議しているのだという位の輩が出て来るのではないかとすら思える。

沖縄のデモとかにも外国人が参加していたりするし、国際デモネットワークが出来ているのだろう。
posted by mouth_of_madness at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

急げ自動運転

老人の運転する車が暴走して人をはねる、反応の遅さだったり、軽い認知症だったりするのが原因だったりする。

これから老人は増える、1人暮らしとかで家族に運転してもらう事も難しくなる。

そうなると危険ながらも車を運転しなければ駄目な状況になる、事故を減らすには車メーカーには自動化を速くやってもらわないとねと思う。

完全自動運転には時間がかかるにしても事故回避する様なモノだけでもユニット化してどんな車にもつけられる様にしないと駄目だと思います。

発作とか突然死と違反だけどアルコールとか色々と危険がある、それらを出来るだけ減らす、これまでは速いとか、低燃費とか、クリーンとかで色々と便利になって来たのよ、今は自動ブレーキで安全性を追求中。

でももっとその開発速度を上げないと増える老人に対応出来ないのですよ、年寄りが勝手に事故って死ぬ分はまぁいいんですけど、巻き込まれる人がねぇ、巻き込まれるのが子供とか社会的にも冗談じゃ無いのですよ。

まぁ別のアプローチとして家から一切出る事なく生活が出来る様になれば良いのかもとも思います、健康問題とか孤独死問題とかあると思うけどこれもまた技術で解決するしかねいね。
posted by mouth_of_madness at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

弊害

アメリカの大統領選挙によって株価がガーッと下がったり上がったりラジバンダリー。

これってグローバル化の影響ですよ、色々なモノが結びつき何かの変化によって企業が調子に乗ったり、どん底に叩き落とされたりする、これっていい事なのか?

色々なモノが結びつき安定するのならば良いが激変するのはねぇ。

でもねぇ激変するという事は其処にビジネスチャンスがあるという事なのよ、其処で儲けようという輩が暗躍するのがグローバル化なのよ。

大多数の人は博打なんかしたくない、儲けたいと思っていても博打はしたくないのですよ、ある程度予想出来て、コントロールもそれなりに出来ている未来が良いのですよ。

ちょっとした良い方のサプライズがある程度の未来を望んでいるのです、上手くいかないときに破滅的な未来を望む人もいるかもしれないけれど、何となく続く日常がいいのです。


国により文化も価値観も違うのをある一つの基準でまとめる、産業状態も経済状態も違うのに同じ土俵に乗せようとする、それがグローバル化。

その枠に取り込まれればもう泣き言をいっても手遅れ、自分と関係無い所で物事は進み色々な事に巻き込まれる、その国が滅んだ方が利益が高いとなれば利益というルールで潰されるのですよ。

ルールこそが神になり、ルールの奴隷に成り下がるのがグローバル化、個の考えなんか無くなるのですよ。

そのルールが色々なモノに影響を与えて行く、それは誰にもコントロール出来ないのだ、それで儲けようと上手く出来ると思い込んでいる連中、ルールを考えたという連中ですら一度動き出せばそのルールに巻き込まれていくのですよ。

世界はルールで雁字搦めになっていく、何処かの問題は瞬時に伝わり色々なモノに影響を与えて行くのである。
posted by mouth_of_madness at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする