2017年01月10日

銃規制

アメリカからみると日本は何で銃規制出来ているのかが不思議みたいだ。

銃が犯罪で使われて死んでいる人数が桁違いなのですよ、でもねぇ多分これは銃が問題ではないと思うのですよ、銃を規制してもナイフとかで犯罪をするだけ、鉈とかで襲うだけだと思うのです。

まぁ銃で死ぬ人は減るだろうけどね。

銃より治安とか格差とかを改善するべきなのですよ、それに日本も格差とかが酷くなれば多分増える、それにねぇ猟銃なんか結構日本でも持っている人はいるのですよ、非合法組織とかが持っているモノとかもそれなりの数があるだろうし、マニアとかが隠し持っているモノも都市部では少なく無いと思う。

修羅の国といわれる福岡では手榴弾とかも落ちていたりするしね。

実際は使うか否かという問題なのです、アメリカの問題は殺す事に抵抗が無い人が多すぎるのではないかと思います、犯罪者にしても警察にしてもね。

合理主義のの国と思われているアメリカでも実体は非合理なのではないか個人の自由こそが大事という思考が個では合理的に思えても集団では非合理になってしまうという事ではないのか。

日本のファーストフードとかで並んでいるのが不思議に思える程非合理な集団なのだ。

非合理だから無駄に衝突するのです、まずは銃よりその部分を治すべき。

まぁこれは欧州とかも同じかもね、思いつきで難民を助けたりするのも非合理的なのですよ、難民が出来た理由とかを考えずに引き受けるからおかしな事になるのです。

全然問題をみていないのです、自分の人としての感情に動かされすぎなのです、日本のクジラ捕るなとかもね、頭がいいのだとかいう理由はあまりにも馬鹿みたいだったでしょ?それは頭が悪ければ良いと言っている訳だからね。

まぁそれだと問題だから今は絶滅するとかになっているけどね。

クジラがそれで増える事により魚が食われるというのもあるのよ、何処かでバランスはとれるのだけど、人間が食べる魚が増えればそのバランスも怪しくなったりもするのです、絶滅という面での考えでもどれがベストな回答かというのは難しいのに安易に感情論で答えを出す、其処に合理性はないよね。

ある文化で安定していても自分達の文化の方が良いと仕組みを壊すとかいうのにも合理性はない。

グローバル化こそ合理的といっていた連中がチョイと拙い事になるとナショナリズムに走るそんな連中の何処に合理性があるのだろうか?

結局は殺人の無駄性を考える様にならないと駄目なのです。

posted by mouth_of_madness at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

SPY・スパイ

ポスターだけ観たらジェイソン・ステイサムとジュード・ロウが大活躍するスパイアクションコメディの様に思えるけど実は違う、冒頭シーンを観てもジュード・ロウ版の007みたいな感じだしオープニングも007みたいでニヤニヤする事間違いなし。

でも其処から事態は急展開、後は怒濤の展開です無理に変なネタで笑わせようという事もなくシリアスなスパイアクションを中年おばさんが大活躍するという置き換えでジワジワ来る笑いなのですよ、そしていつもは有能な役を演じるステイサムが微妙にセルフパロディの感じでドジっ子キャラを演じるのもまた面白いのですよ。

苦労話もまたドジだからじゃないのと思えるのがいい感じ、最期までその調子だからね。

アクションは冴えているし、2転3転するストーリーもまたいい感じ、あれは予想出来たけどその後は予想外です、でも痛快です。

兎に角、登場人物が魅力的なのです同僚の頼りになるのかならないのか感じとか、オッパイ大好きの奴とかCIAのグダグダっぷりとか実に世界観が楽しいのですよ。

シリアスな話をユーモアでコーティング、それも過剰にならない感じで甘さ控えめのギリギリ加減が絶妙なのです。
posted by mouth_of_madness at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

共謀罪法案

反対するのは容易い、しかし反対するだけの説得力を持たせるのは非常に難しいのではないだろうか。

悪用されれば誰でも犯罪者に仕立てる事が出来るとか言うのだろうけど、共謀罪なんか無くても十分に今の法律を悪用すれば出来る様な気がするのですよ、それがチョイと緩くなるだけではないの?

そのチョイと緩くなるのが問題というのだろうけどね。

それに反対するのであればこの悪巧みを事前に知っていてもそれを阻止出来ず、実行された結果人が死んでも政府等に文句は言えないのよね。

計画の全貌がまでわかって対策出来る事ってほぼ無いよね?事前に知っている情報だけで対策していても不幸な事は起きるのですよ、実行するまで手を出せなければね。

自爆テロなんかだと実行即人死にみたいなモノは計画の段階で阻止しなければ難しいと思う。

その時に文句をいわない覚悟はあるという事だよね、自分が被害にあっても共謀罪の悪用を阻止する為には仕方の無い事と信念をもっているという事ですよね。

それにねぇ一般人がこの罪で逮捕されるという感じがピンと来ない、自分達には関係無いからと無責任に考えるのはよろしくないかもしれないけれど、悪用されると大変な事になるというデメリットの吹聴だけで判断するのもチョイと問題。

これなんか報道の自由とかの悪用だよね、自分達の誘導したい方向に向かわせる言論形成をするなんて共謀罪よりタチが悪いよ。

むしろ単純に反対するより共謀罪の目的であるテロ等を効率的に阻止したり日本転覆を企む外国人勢力にと行動を共にする売国奴等をとりしまったりする機能をのこしつつも悪用出来ない仕組みを考え無いと思うのです。

無実の者が逮捕されないようにね、誤情報で逮捕されても速やかな名誉復帰と社会復帰が出来るような仕組みと、事件の可視化という事が大事だと思うのです。

共謀罪に反対する政党って悪用される事ばかりをいうけれどそれは逆に言うと自分達が政権をとれば悪用するという事を表わしている様な気がするは僕だけ?

自分達がするから自民党もするという事ではないのか?

それにねぇ自分達が共謀罪で逮捕されるという恐れを持っているという事は何かそれに値するだけの後ろ暗いモノがある事を表明しているのでは無いだろうか。
posted by mouth_of_madness at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

中途半端

ドラマに他のドラマのキャラが出るパターン。

でもねぇ中途半端すぎるワケですよ少なくとも前クールでやっていた分はグズグズなのですよ。

やるならばトコトンやりなさいよ、中途半端過ぎるノイズは邪魔なのですよ、同時期にやっているドラマを観ていないと良くわからないネタなのに他のドラマを観たいと思わせない様な絡みならば無い方が良いのです。

再放送で観た場合とか意味不明になるでしょ?

ガッツリと組み込まれていれば他のドラマを観ようかというテンションにもなるだろうけどそんな感じではないからね、他のドラマを観なくていいから楽っちゃ楽だけど本編にあからさまにいらないシーンがあるのがどうにも嫌。

一度トコトンやってみて欲しいと思う。

刑事ドラマ>>そのドラマに出ている若手刑事の恋愛ドラマ>>その恋愛ドラマでの彼女が働く企業ドラマ>>その企業ドラマに出てくる不正を行うライバル企業と政治家の癒着が刑事ドラマでの事件に絡んでくるといった感じで是非。

安易?
posted by mouth_of_madness at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

ベビーカー初詣自粛

嫌に思う母親の事を想像出来ないのかという意見、逆にそんな人混みに子供を連れて行く危険性とかを想像出来ないのか?足元が見難い状態でのベビーカーの危険性、邪魔性を想像出来ないのかと思う。

また車椅子も同じ様に見られているのかという意見にも邪魔と思う事はあるというのが本音だと思うよ、邪魔だと思っても排除しない、手を貸すのが人の寛容性でしょ。

全てを何のストレスも無く受け入れる様な大きな人間は少ないと思うよ、邪魔だと思われているかもという事でストレスを感じ嫌気をチョイという部分の何処に世の中寛容じゃないという説得力があるのだろうか。

寛容になんでも受け入れろという傲慢、それこそ不寛容ですよ。

むしろ迷惑かけるかもという思いを巡らせ行動する事が第一でしょ、それでも迷惑かける事はある訳でその時に申し訳なしというスタンスですよ。

助けられて当たり前と思っているとしたら傲慢ですよ。

それにねぇ今回の例である初詣、行かないと罰せられる訳ではないのですよ、自分の娯楽の為に行く訳ですから何らか制約があったとしても文句を言うのは筋違いとも思います。

どうしても行きたければベビーカーOKの所に行けば良いのですよ、遠いだのとか言うのは身勝手ですよ。

寛容というのは我儘をきいてあげる事ではないからね。
posted by mouth_of_madness at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

進歩なのかもね、空気なのかもね

少子化って実は進歩の結果なのかもね。

生存競争的に数が多い方が良いのは原始的な状態とも言える、生物的に強ければ数は少なくても良いのですよ。

最強の生物ならば、不死の生物ならば一人でも良いのですよ、むしろ増えるとマズイかもしれない、死なないだけで腹が減るのであれば他の生き物を食い尽くす恐れがあるからね。

地球の環境等を考えれば科学の進歩に合わせて人口を減らして行くというのが環境保全的的には良い事なのです、増え続けたら地球に収まらない様になりますよ、それまでに次の移住先とかが移住する技術があれば良いのかもしれないけれどそれが出来なければ殺し合いになりかねない。

それにねぇAIとかが発展すれば仕事は無くなるよ、其処で人が十分に成長していれば富の再分配とか出来るかもしれないけれど今の技術の進歩の速度を考えれば其処まで人は成長しないと思う。

これから寿命も伸びる、年金という面を考えれば子供は必要かもしれないけれどそれを支える為に必要な数だけ子供が増え続ければ大変な事になるのよ。

今に社会に必要な人数を割り出し減った分だけを補填する様な管理出産になるのでは無いだろうか。

人減らしで殺す事はできんでしょ?

多分少子化になるのは今の社会に其処まで人が必要ないという事なのだと思う、ある面では問題あるけれど全体的には最適化された結果人は減っているのだと思うのです。


戦争何ぞが起きて社会がダメージを受ければ人は増えますよ、必要になれば増えますよ、減るのは必要としてないからです。

収入が足りないとかでは無いのです。

むしろ今生きている人達が自分は別にこの社会に必要とされていないという思いが少子化に向かわせているのです。
posted by mouth_of_madness at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

平和

世界は混沌に向かう、誰もが平和を望んでいても混沌に向かう。

それは求める平和という状況が人それぞれで違うから。

でも戦争で疲弊した時にだけ一時的に同じ目標に向かう事があるそれが仮初めの平和だと思う。

しかしその状態が当たり前になるとその状態に内包する問題とか停滞感にウンザリする人が出てきて暴れ出す、また欲も出てくるのですよ、そうなるともう歯止めが効かない。

平和を求めるのもまた欲なのですよ。

平和ってある種の管理社会、何かを安定させようと思うとルールとか規則で縛るのです、そのルールに反するモノは排除してでも維持しようとするのが人間の業。

自由と平和って本当に共存出来るのだろうか?
posted by mouth_of_madness at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

レコード大賞

知らない曲がレコード大賞。

まぁここ何年もヒット曲っていうモノを良く理解していない、興味がないというのもあるけどね、といっても子供の頃はレコード大賞とった曲って興味無くても耳にしていたりした。

歌番組というのが崩壊しているのもあるだろう。

テレビが力を失ったのも大きいのだろう、ネットで好きなモノしか観ないという状態が続けば他の流れは存在しないが如くなっていく、共通認識がなくなっていくのだ。

そしてこれは邦楽だけではない、洋楽にしても今年の大ヒットという感じイマイチピンと来ない、何となく音楽の力が無いのだと思う。

MTV時代が最期だったのかもね。

ピコ太郎は世界的に当たったのかもしれないけれどどちらかというとアレは音楽の力というよりネタの力、本業のお笑いの力だと思う。

ドンドン消費される音楽、消費されるから力がありすぎると駄目なのかもね、半年にわたってヒットとかいうのは業界が許さないのかもね。

あと音楽の力が弱くなったのはPCとかでレコーディングとかが出来る様になったからかもね、ひたすら細かくエディット出来る様になった為にパーソナルになりすぎているのだと思う、マニアックになりすぎているのだ。

四角形でいうと全周20cmでの面積みたいなモノなのかもね、良いモノは5cm×5cm、でもマニアックなモノは1cm×9cmみたいな感じなのだと思う。
posted by mouth_of_madness at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

社会をバラバラにする方法

国家を破壊し社会をバラバラにする方法。

社会をある程度裕福にし生活の為に他人が必要という感じを希薄にする。

これが第一段階

個性という眉唾なモノを吹聴し、個人の人権をひたすら大事にする。

これが第二段階

ある世代を狙い撃ちした流行を作り出す。

これが第三段階

そして情報を氾濫させる。

これが最終段階。

第二段階で個性という思想がある為様々な価値観があって良いというフィルターが人それぞれの情報をチョイスする様になり共通の認識がなくなっていく。

第三段階で世代間の共通認識が壊され、第四段階で個の共通認識も壊していくのです。

ある共通認識が社会を固めている部分がある為にその認識が壊れると徐々に社会はバラバラになっていく。

国という形だけ、器だけではイマイチ纏まらない、纏まっていないと舵取りも出来ないのよ、学級崩壊状態では先生も為す術無しでしょ?

それが国家状態になれば国もグダグダになりひたすら停滞する、偶に強力な個性とがボヨヨンと出てきて状況が動いたりするから良いと思うかもしれないけれどトータルではあまりよろしく無い。

今までは宗教とか民族文化だとかが根底にありそれらを結びつけていたけれどそれが古い考えとして葬られようとしている今(反動も起きてはいるけれど)実に危険な状態だと知れ。

社会がバラバラになった時いよいよ民主主義は暴走を始めるよ、

これまで二択だった選択肢が4択くらいになった時3割ぐらいの票数でも動く事がある訳だからね、それに投票率とか考えると有権者の1割5分位かもしれないのだから。

第一段階で中途半端に裕福になった人間はそれを維持しようと動き社会を歪ませるから尚更おかしな選択をしだすのですよ。
posted by mouth_of_madness at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

民主主義の失敗

アメリカ大統領選挙とかイギリスの離脱とかが民意の暴走の結果間違った選択をしているといった論調。

これをもって民主主義の失敗って言っちゃったりするけれどそれは違います、元々民主主義が持っている脆弱性なのですから失敗というのは間違いなのです。

民主主義が常にベストな答えを導き出すという考え自体が間違っているのですよ、民衆が頭が良いと、いや他者の事まで考えて社会の事を考えて行動するとでも思っているのだろうか?

それにねぇマスコミの人とかは自分達の影響力とかが変化している事に気がついていないのだろうか?また影響力が有ると考えているとしても自分達の報道が正しい選択をさせると自信を持って言える程のモノを送り出していると思っているのだろうか?

他にマシな仕組みが思いついていないから使っているだけの民主主義に何処まで期待しているのだろうか?兎に角次の仕組みを考え出すしかないのよ、これまでも様々な問題を引き起こした民主主義を信じ続けるのは馬鹿のやる事なのです。

新しい仕組みを考える、それまでの間だ問題点を理解してその問題が出ない様に民衆に判断する情報を与えながら騙し騙しやって行くしか無いのです。

失敗とか言っていては駄目なのよ。
posted by mouth_of_madness at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする