2017年01月01日

民主主義の失敗

アメリカ大統領選挙とかイギリスの離脱とかが民意の暴走の結果間違った選択をしているといった論調。

これをもって民主主義の失敗って言っちゃったりするけれどそれは違います、元々民主主義が持っている脆弱性なのですから失敗というのは間違いなのです。

民主主義が常にベストな答えを導き出すという考え自体が間違っているのですよ、民衆が頭が良いと、いや他者の事まで考えて社会の事を考えて行動するとでも思っているのだろうか?

それにねぇマスコミの人とかは自分達の影響力とかが変化している事に気がついていないのだろうか?また影響力が有ると考えているとしても自分達の報道が正しい選択をさせると自信を持って言える程のモノを送り出していると思っているのだろうか?

他にマシな仕組みが思いついていないから使っているだけの民主主義に何処まで期待しているのだろうか?兎に角次の仕組みを考え出すしかないのよ、これまでも様々な問題を引き起こした民主主義を信じ続けるのは馬鹿のやる事なのです。

新しい仕組みを考える、それまでの間だ問題点を理解してその問題が出ない様に民衆に判断する情報を与えながら騙し騙しやって行くしか無いのです。

失敗とか言っていては駄目なのよ。
posted by mouth_of_madness at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする