2017年05月11日

VRドライブ

車の自動運転の研究が進む、無人運転のタクシーとか近々走るのだろう。

しばらくは自動運転は信用出来ないとかいう意見が出ると思う、其処で考えた自動運転の仕組みに加えVR技術を使い人間が外部からフォローするシステムはどうだろうか?

一緒に乗りハンドル握れば良いのにというだろう。

確かに個人のドライブに関してはそれでも良いと思う、でも長距離トラックとかに関してはVRが使えれば自宅で仕事が出来るのですよ、毎日家に帰る事が出来るメリットは大きいと思うのです、三交代とかするにしても一緒に乗る必要が無いというメリットは大きいと思う。

家でシッカリ寝る事が出来るという事がどれだけいい事かと思うのです、色々な場所に行きたいというのならば別だけど家族との時間を共有したり出来るのは色々とありがたいと思う人も多い筈だ。

それに物理的に移動しない為にシフトの自由度も高い筈だし、途中で具合が悪くなった時の交代もスムーズに出来るし、メシ休憩とかの間もシフトを上手くやればノンストップで車を走らせる事が出来て時間短縮にもなるのではないかと思う。

タクシーとかだと事件に巻き込まれるのを防げたり、制服とかの経費をけちれるし、タバコ好きのドライバーでも大丈夫というのも雇用の面で良いのでは無いかと思う。

免許さえとれば副業で1日2時間だけとかいう仕事形態を作る事も可能になるのではないかと思う。
posted by mouth_of_madness at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

便所の落書き

ネットの掲示板とか便所の落書きと同じという意見がある、ネットは馬鹿発見器という意見もある。

でも新聞とかのマスコミはそのネットとかの情報を元に書いていたりもするし、フェイクニュースを流したりもする。

そう考える僕達は社会情勢を便所の落書きと東スポとかで認識しているのではないかと思えて来る、だから世界はこんなにいかがわしいのではないかと思う。

まぁそれならば色々と腹を立てるというのは筋違いではないか?

便所の落書きの性欲を持て余している女性の電話番号だったり、アメリカ大統領と宇宙人の密約とかに目くじら立てるのは無粋でしょ?

でも便所の落書きだと現実とのギャップで色々と間違うという問題があるのだけどね。
posted by mouth_of_madness at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

フジテレビの社長交代劇

今でも死にそうなのにこの交代劇、もう自殺したいのという感じしかしないのだけど。

むしろ40代ぐらいに若返る位の事やらないと駄目だと思う、今の変化について行く事が出来る柔軟性が必要だと思うのよ、スポンサーに頭を下げる役割としてのベテランとかは必要かもしれないけれど現在のメディアの荒海の舵取りをするのは若さが必要。

単純な経営とかいう感覚では駄目だと思う。

そんな風に思ったけれどもう若者のテレビ離れに関しては諦めた、高齢化社会に向かっているからその高齢者向けに特化するという戦略なのではないかと思えて来た。

時代劇とかを復活させたり、北の国から的なドラマとかやるとか(いま倉本聰の昼ドラとかをテレ朝でやっているし)を考えていたりしてね。

意外と高齢者は金持っているから新しいスポンサー戦略を考えればこれはこれで商売に成るかもね。

ネットで呟かれているフジテレビ反日説とかを払拭しようと考えているのであれば「ユアタイム」とかを昔の11PMの様に曜日により司会を変え曜日毎に報道の方向性を大幅に変えるみたいな事をやるべきではないか、単純なコメンテーターでの変化ではなく曜日により政治的立ち位置がガラッと変る位の極端な変化をつければ面白いのではないかと思う。

笑い物にする事なく真面目に極論を展開するのだ。

同じ事象に対して違う視点を提示するそれこそが面白い筈、一度に両方やると何か視点がブレ駄目だけど曜日を変えてやればブレが押さえられのではないかと僕は考える。

討論形式は単に混沌になるしね。


まぁそれにしても僕はなんでこんなにフジテレビの混乱に関して反応しているのだろう。

何でこんなにテレビが好きなんだろうか。
posted by mouth_of_madness at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

世の中馬鹿ばかり

世の中馬鹿ばかりというこれまた当たり前の事を言ってドヤ顔する馬鹿。

馬鹿を啓蒙しなきゃという感じが実に痛々しいのです、自分が馬鹿という事を受け入れる事が先ですよ、自分が馬鹿という事を認めればもう少し楽になるのにね。

馬鹿だからひたすら考える、もっといい手はないかと足掻くのです、まぁそうは言っても安易な答えを導き出しがち馬鹿だからね。

それに賢くても善人とは限らないのです、賢い悪人もいるのです(誰にとっての悪かという)、合理的に考えれば悪人は効率が悪いとか言う人もいるけれど、合理的に考える事が出来ないという事は馬鹿だ言うのかもしれないけれど多分その認識自体が馬鹿だから思いつく幻想なのです。

突き詰めれば善悪も合理的利益も人の思い込みが作りだした基準でしかないから、その知能によりドンドンと作り替えられる価値観でしか無いのですよ。

褒められると有頂天になる、自分の考えに支持者がつくと何かそれが正しいと思い込んでしまうそれが馬鹿の馬鹿たる所以。

馬鹿の考えなんて飲みの席の肴程度で愉しむのが丁度良いのです、その程度のモノを偉そうにいうモノでは無いのです。

それを偉そうに言うから馬鹿で軽薄だと言う事が世間にバレてしまうのです、でもその事に気がつかないのよ馬鹿だからね。

此所だけはずっと馬鹿だと言われて来た者には勝てませんよ、自分が馬鹿だという事を強烈に刷り込まれて来ているからね、色々と間違っている事を知っているからね。

でも褒められ耐性が無い可能性もあるのが問題になるかも。
posted by mouth_of_madness at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

何を今更

すべての教育は洗脳であるってホリエモンがいっているみたいだけど何を今更っていう感じしかしない。

それにねぇそんな事をいうのも自分で導き出したというのもきっと幻想。

色々な所からの知識だの情報が積み重なった結果その様な事を言っているに過ぎないのですよ、既に何かに洗脳されているのですよ。

赤子の時から洗脳は始まっているからね、幼稚園とか学校行く頃には基本人格というのを親とか周りの環境によって作りあげられているのですよ。

多分好きとかいう条件判定もその時にはチョイと出来ているのですよ、その後も思春期とかで変るとかいうのもあるみたいだけど多分無意識のベースの部分はそんなに変らないと思う。

それにねぇ好きな事が得意な事とは限らない、好きだから努力とか出来るかもしれないけれど食えるだけの能力になるとは限らないのです、ソコソコに能力が伸びたとしても需要と供給の関係で誰も好きな事でメシが食えるとは限らないのです。

腕の良い職人全ての仕事がある訳では無いのよ、食えないから後継者が育たなかったりもするしね。

それでも好きな事をやるのが良いのだというのであれば経済システム自体を再構築しないと駄目ではないのかとも思うしね。

別の可能性も残しておく保険の意味も教育にはあるし、常識を共有する事で様々なモノの伝播が速いとか楽とかあるのも大事なのだと思う。

教育内容も時代のメリット、デメリットの天秤の結果揺れているでしょ?それにまだまだ適度に緩いと思うけどねガチガチではないから変な事も起きているし、色々と変な人もポコポコ出ているでしょ。大学行って警察官になる人もいればヤクザになる人もいる、ニートになる人もいるば、社畜になる人もいる十分に様々選択が出来ているのよ、そりゃ最高のパフォーマンスは出ていないかもしれないけれど、そのデメリットを補って十分にメリットを享受していると思います。

国にとって都合の良い人間を作る、これが果たして問題なのか?

人が野獣化しないのはこの都合の良い人間を作っているからではないのか、日常の様々な利便性があるのもこの教育のおかげではないのか?

ある程度好きな事に手を出せているのも社会が安定しているからではないのか、全ての教育を放棄し、自由にして社会が上手く回るのであろうか?

その様な状況で走ったりするだけでご飯が食べる事が本当に可能なのかと思うのです、其処に価値をもたらしているのもまた教育の洗脳の結果。

現在の全ての価値は教育の結果だよね。

これからの教育はこうあるべきという考えも自由が良いという洗脳の結果にしか思えないのです、ある程度価値感を共有しないと国なんかバラバラになって野生に帰る?

バラバラになった集団は自衛の為に独自ルールを作り出し徐々にまた纏まって行くのだろうけど。
posted by mouth_of_madness at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

アンフレンデッド

PCの画面上だけで話が展開するホラー映画。

これデカイ画面で観ては駄目です、僕はデカイ画面で観て後悔しました、これはPCのモニターでヘッドフォンかPC用のスピーカーとかで観るべき映画です。

是非これから観ようと思う方はPCで見て下さい、ノートだとより良いかもね。

臨場感という面でPCという部分と字幕という面でPCをオススメします、部屋もチョイ暗めで酒とかポテチとかを用意していると更に良いかも、臨場感アップの為にフル画面にしないとかもオススメします。

話自体はチョイリア充が友達の恥ずかしい映像をネットにアップした事で起きる事件とその復讐劇です、それぞれ様々な隠し事とかチョイ悪な部分とか暴露されてさぁ大変という感じ。

基本みんな映画で観るとろくでなしに見えるかもしれません、事件の発端になった者もなんかチョイと嫌な奴です、嫌な奴は死んでも嫌な奴という感じです、でもある種のリアリティがあります、殆どの人が色々な面で嫌な事するってあるでしょ?イジメって何処にでもあるし、周りが盛上がっていると無意識で荷担している場合もあるでしょ?

人間のクソな部分ですよ、其処にいない人間の悪口を言ったり不幸を喜んだりって割と卑怯な真似するでしょ?
正面から悪口を言うと更に衝突して社会生活が上手く行かなくなる事も多いし、孤立覚悟でやるしかないという事も多いからね。

群れると何か強くなった様な気がして更に暴走する、でも本質はみんなクソだから何かを切っ掛けに簡単に崩壊する。

そんな感じの危うさを恐怖として描いた映画だと思います。

ラストのブーイングがこの映画の肝だと思います、人間の業がラストの一連の書き込みに集約されていく、無意識に同じ事を繰り返す馬鹿さ、悪質さの恐怖が其処にあります。

この映画短いのだけど、もう少し短くても良いかもと思いました、絵的な変化が乏しい為にさすがに飽きてくる部分があるのです。
posted by mouth_of_madness at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

コピー

ゲームもアニメも音楽、映画にも似た様なモノは沢山ある。

パクりだ言われる事も多いのだが真にオリジナルと言えると様なモノはどれ位あるのだろうか?

類似性成分濃度の違いだけでほぼ何かを模倣しているのではないだろうか、それに模倣しているつもりは無くてもこれまでの体験等により身体に染み込んだモノが滲み出る事もあると思う。

それに神のみわざの模倣はそこかしこにあるしね。

そうなるともうパクリ問題はオリジナルに対してどれだけ敬意を払うかだけに思えて来る、オリジナルなアイデアなんか皆無なのだからその事を踏まえた上で自分のしたい表現をするしか無いのです。

意識的にパクっているのにオリジナルアピールはどうにもカッコ悪いし、パクるなら更に洗練して上を目指す位の覚悟は欲しいよね(別に上にならなくても良いのよそれを目指す志が必要なのよ)。

まぁ敬意を払っていても結局は金の問題になるのだけどね。

著作権とかの良い解決法があれば世界はもっと楽になると思うのだけどね。
posted by mouth_of_madness at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

日本人でよかった

「私 日本人でよかった。」京都に貼られているというポスター問題。

これを差別的とか恐怖を感じる人は何か人格とか性格にに何か障害があるからあんまり表に出ない方が良いと思うよ。

ネットとかににも繋がらない方が更に良いと思います、閉鎖された所に止まっていれば傷つく事も差別を感じる事も無いと思います。

また何か問題があっても情報が入って来なければ幸せな世界に居続ける事が出来て幸せですよ。

世の中には色々な考えがあるし、モノを伝えるとという面では色々と不備がある、それなのに自分の考えは不変的正義と思い上がる、自分だけは言葉の裏にある真意を理解し、未来に対して恐怖を感じる。

妄想豊かというかネガティブ思考というか実に生きるのに辛いのでは無いかと思うのです。

きっと日常が死ぬほど嫌なのだ、余所の国に生まれていたとしても同じ様に文句を垂れるのだ。

日常的に日本人である事を恥じているから文句を言いたくなるのである。

此奴等は「日本は良い国だな〜!!」「次生まれ変わっても日本人になりたい」とかそんな言葉にもケチをつける、そんなに日本が良いとは思っていないから此奴等は文言の裏に差別意識を感じるのです。

アメリカが「アメリカ・イズ・NO1」とか言っても文句を言うのだろうか?内政干渉とかいって逃げる?いやきっと何も思わないというのが正解だと思う。

日本人でよかった、これをおかしいと思う論理、それでは日本人以外は駄目なのかという変な曲解、それを言い出すと「フランス料理最高!!」とか言ったらそれではフランス料理以外は駄目なのかとケチをつけるのか、恐怖を感じるのか?

それこそ曲解だ言うのだろうけどね。


兎に角そんなに嫌だったら何処か余所に行くという選択肢もありますよ。
posted by mouth_of_madness at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

ペット

モフモフ感がスゴイCGアニメ。

リアルか?と聞かれるなんか微妙だけどモフモフ感は実に観ていて気持ちが良い。

話自体はこの手の映画のはしりの「トイ・ストーリー」の動物版といった感じです、安心して観る事が出来る映画です。

これはパクリとかいうモノではなくある種のフォーマットに沿っている感じです、バディものというフォーマットと、元は同じだったのに何かの切っ掛けで天国と地獄に別れたモノの恨み節というフォーマットで作りましたという感じです。

ホラー映画とかにありがちなパターンとかをみてパクりとは言わないでしょ?そんな感じです。

なんかこんな絵を撮りたかった、オリジナルな話を見せたいという欲求より絵を見せたい、絵を見せるのに快適なストーリーを選んだという感じです。

まぁそんな感じなので絵がグッと来ないとどうにもモノ足りない作品になっています。

僕的には人類に復讐しようとするウサギがキャラ的に良いのに絵的デザインがシックリ来なかったのでイマイチ作品に入れませんでした、他の動物の生物の匂いにするデフォルメに比べあまりにもヌイグルミ感のするデフォルメの為にグッと来ませんでした。

カワイイデザインにしたいという気持ちはわかるのですがその為にその世界から逸脱しては駄目だと思います。

といっても僕の好みの問題だから大した問題でもないけどね、別の人は中途半端に元の飼い主の話とか、薬でもやっているのかウォンカのチョコレート工場かという感じのソーセージ工場のシーンいるかというのとそんなに変らない様な些細な不満です。

全体的にはアメリカ製のチョコ菓子を食った時の感想が脳裏によぎる映画です。
posted by mouth_of_madness at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

シッカリ

野党がシッカリしたら困るのは自民党という意見。

はぁ?となる、自民党が困った所で何の問題もない、シッカリとした野党があれば議論はより熟成し、得するのは有権者であり国民であるから別に何の問題もない。

問題は野党がシッカリしていない事、それにより自民党から緊張感が無くなる事の方が駄目なのです。

シッカリとした意見、論理構築等が出来ている議員が緊張感を持って議論を戦わせるそれこそが国民の利益になるのです。

そもそも自民党に投票している人間の大半、別に自民党より良い政策をやる党が出て来ても何も問題に思わないよ、別に自民党から直接的利益を得ている訳ではないからね。

一番の問題はおかしな党がまぐれとか気まぐれで政権を獲ることなのです。
posted by mouth_of_madness at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

政治家2

出来もしない選挙公約を掲げるのはどうなのか?ある種の詐欺行為ではないのか。

まぁ色々な政策のぶつかり合いがあるからそりゃ全て上手く行く様なモノではないのはわかるのだが、他の党の政策を潰す為に関係無い問題に脱線し国会を停滞させる事は明らかにおかしな行為だ。

審議拒否をするのもこれまた政治家のやる事ではない、議論をを止めるという事で政策を潰すという面で効果があったとしてもこれはやはり反則行為だ。

此等の事象が日常的に行われている報道をみると実に自分達の政策を通す為の活動をしているとは思えないのです。

他党の政策を邪魔する事ではなく自分達の政策の方が正しいと理屈でねじ伏せる、国民をも説き伏せる事が政治家のやるべき行為なのです。

それをやっていない状況をみるとやはり選挙公約は詐欺ではないかと思うのですよ。


また能力が無い者が選挙に出る事もやはり問題ではないのか?公認されたと喜んで出るのは人としてどうなのかと思う。

医者とかで考えるとその恐ろしさがわかる、チョイと医術に興味のある人気者に医者になってみないかと声かけられて患者の投票で勝てば医者になってしまう。

これって目茶目茶でしょ?そんな病院行きたくないよね、院長がしっかりしているから大丈夫とは思わないよね。

普通は医者にならないかといわれても無理と答えますよ、でも政治家は公認してくれるのならばと安易に出ちゃうよね、それって自意識過剰のサイコ野郎な感じがするのです。

そう考えると政治家も国家資格の免許制にするべきだと思うのです、大体先生と呼ばれる人って何らかの資格を持っているモノでしょ?

議員資格2種は市町村レベル、議員資格1種は県レベル、議員特種は国会レベルみたいな感じで最低限の知識レベルの確保とその資格を取るという事で覚悟を決めてもらいたい。


まぁそうなると頭でっかちになりかねない危険性もあるけどね。
posted by mouth_of_madness at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする