2018年07月08日

肉屋襲撃

フランスで肉屋がヴィーガンと思われる連中に襲撃される。

ヴィーガンじゃない人達はこの極端な行動に賛同出来るのだろうか?多分できないよね。

人間が動物を食う事を否定する、でも動物が動物を食う事はOKな理由は何?他の動物の命を食らう事が駄目ならばそれに対してもキチンと圧力をかけないとおかしいよ。

それに何度も言うけど植物の命は食らってもOKというのはあまりにも自己都合だよね、一般人が無関心で食らっているのと違い意識して屁理屈をつけ植物食らうこのヴィーガンの悪質な理屈の方が余程酷いと思うけどね。

俺たちの正義至上主義の危険をもう少し考えるべき、正しい思想のの前には法を無視してでも攻撃して良い、暴力に訴えてもよいというこの至上主義の愚かさを知るべき。


単なる想像であるがきっとこの連中アメリカとかが中東とかでやっている軍事活動とかに文句言っているのでは無いかと思う、アメリカの価値観の押し付けを力技でやっているとか言っているのでは無いだろうか。

でもやっている事同じなのです、規模が違うだけでね。
posted by mouth_of_madness at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする