2018年07月13日

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

坊主憎けりゃ袈裟まで憎いという言葉があるけど今の時代本当にこれを実感するよね。

なんか文句を言っている人の大半は理性を無くしている感じがするのよ、隙あらば無理矢理に謎の論理でこじつけして叩くという感じが実に嫌。

更にいうならば嫌いな理由すらよくわからない、実際に何らかの被害を受けた人であるならばそこまで嫌いというのも理解は出来るのだけど、ほぼそんな事は無く周りに流されたり、マスコミやネット情報で知り得た情報で怒りの対象を作り上げ嫌悪しているという。

あまりにも酷すぎる。

まぁ僕もその罠に落ちていないとは言わないけれど。

もっと落ち着け、そうしないと取り返しのつかない社会を作り上げてしまうよ、自分達の嫌悪が社会に渦巻き、とてつもないストレスに。さらされる、悪意の連鎖を止めないと荒むよ。

その嫌悪を抑えようとする善意的な考えでも一方的な嫌悪を肯定する社会になれば取り返しのつかないことになる。

その辺は法なんかに頼らず自制心で何とかする事。

posted by mouth_of_madness at 07:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする