2011年11月13日

健康に気をつけろ

これからTPPに邁進していくのだろう。そうするともう国はあてにならない、法律もあてにならない様になる。

国民皆保険とかが崩壊し、今までの医療制度が駄目になる事を考えておかないと駄目だという事になるのだ。

また農薬等の問題も出てくるし、産地表記にしても、遺伝子組み換えにしても狂牛病等に関しても野放しになる可能性がある。

此等による身体への影響はどれ位有るのかわからない。大した事無いかもしれないがやはり不安は残るのである。農薬とかに関してはこれまでの日本では駄目な基準で来る可能性もあるのだ。産地表記とかが駄目になれば此等を避けるのは非常に難しくなる。

是非近所とかに信用できる農家があるのならば其処から買う事を考えた方が良い。今の内に色々な入手ルートを確保し、それらの人々を支える事を考えるべきだ。それが自分の身を守る事にもなるのだ。

また日常的に食べる量が増える事を想定して今から肝臓、腎臓等をいたわり強化していく事をおすすめする。毒素の体外排出の負担に耐える様に準備しておくべきだと思う。

国民皆保険が無くなれば医療費が高額になるその時に重病になるのは致命的なのだ。お金が無く治療が受ける事が出来なかったり、出来たとしても大幅に財産を減らす事になり生活が大変になるのだ。

今保険が使える間に怪しい部分を治しておく事をおすすめする。そして日常的に今以上に健康に気をつけるのだ。

そしてこのTPPで失うモノは心である事を忘れては駄目だ、それを失わない様に今から考えておくしかない、人は恐ろしく残酷になれる動物なのだ。いや既に残酷に餌場に放り込まれ様としているのだ。日本人もアメリカ人も其処に叩き込まれようとしているのである。
posted by mouth_of_madness at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック