2011年11月18日

馬鹿発見器

ツイッターとかがのネットメディアが馬鹿発見器として認知されている様なされていない様な。

確かに馬鹿発見器と言われるのがうなずける程のうっかり感や暴言が凄い人々がいる。それなりに有識者的にみられる人だったり、一般的に良い大学の学生だったりもするのが迂闊な事をする。

しかしふと思った。

コレは馬鹿発見器ではないのではないか、元々世の中馬鹿ばっかりだったのではないか?その虚構を剥いでいるだけではないのか?迂闊な発言をする方もだがそれをひたすら煽り炎上させる者、それを野次馬根性で見守る者、それをネタに記事にする者、律儀にまとめサイトを作る者、その行動をみて上から目線でネットは馬鹿と暇人ばかりと鼻高々に言う者とどれをとっても賢い行動に思えないのである。

此等の右往左往、七転八倒、欣喜雀躍、悲喜交々、ペリーコモをみていると元々賢い人なんか殆どいなかった事が露呈しただけだという気がするのである。従来のメディアは発表するまでに他人に色々ともまれて表に出ていた。それで馬鹿が目立たなくなったし、出るまでに時間がかかる分自分の中でも熟考が進む分も有ったのではないだろうかと思う。

テレビで素人が溢れだしそれが感染し馬鹿の拡大生産、それがネットになり更に拡大生産していく、馬鹿に馬鹿たしゃ馬鹿ばかりである。

しかし世界は馬鹿ばかりでも意外と動いていくのだ、中途半端な賢い奴(うすら馬鹿)こそが物事を複雑にしていくのである。困った事に自分は賢いと思ってやがるのだ。まぁ中には本当に賢い人もいるのだろうけどね、確率的には凄く低いのだ。

また賢い人では中々馬鹿の力には勝てないのである。賢い人が勝つとしたら馬鹿をまとめて消去するしかないチマチマと消去していたら人権馬鹿に逆襲されるのである。馬鹿と馬鹿を衝突させこの世界から消去するのである。そうすると賢い人が考える理想の社会が出来るのだろう。だがその中でもまたもっと賢いと思うエリート達がきっと同じ事をするのだ。

僕はネットにより人類が俺達って馬鹿だらけだよね気が付きあんまり上を目指さないようになる事が理想だと思う。


自慢じゃないが俺も馬鹿!!


posted by mouth_of_madness at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック