2011年11月30日

妄想力

妄想というと何か悪い想像力の様に思われている。陰謀論とか結びつき色々とおかしな状態になる。

確かにそんな一面が有るのは否定できない。

だが妄想力というのは実に良いモノなのだ。バラバラに見えている様々出来事から関連性を導き出す創造力があるのだ。確かに多少の強引さが有るかもしれない、だが此所には独りよがりかもしれないが関連性を導き出す目があるのである。

大概は単なる勘違いで終わるかもしれない、しかしこの妄想から新たなる発見を生み出す視点はちゃんと内包しているのだ。積み上げた結果に発想できるモノとは違う創造力が有るのである。

発明、発見の切っ掛けが此所には有るのである。

一見関連性の無いモノを結びつける、コレは非常に高度な事なのである。規則性、関連性無いモノから独自の共通性を導き出す、それは素晴らしい事なのだ。独自の視点を持ち得た事は人類の可能性という面で素晴らしい事なのである。

コレを上手くつかえば持ち歩くという共通点からカメラと携帯を結びつける発想力に繋がるである。

多分大多数の科学的発見も妄想から生まれていると思う。(根拠はない)バラバラを組み立て新しい体系を生み出すのだ。陰謀論やタレントが自分を観てくれたきっと自分に気があるとかいう妄想にはあまり生産性は感じられないがその逞しい妄想を捨てるのは非常にもったいないのである。

また陰謀論も一概に間違っていると言うにはあまりにも世の中は複雑怪奇なのだ。そのまま正解とは言えないにしても、誰かが企んだ結果そうなったという訳では無いにしても、世の中の流れがその様に流れていると思われる面が見え隠れしている現状を考えて損はない。切り捨てて良いだけの確たる証拠は無い以上たとえ1パーセントの確率しか無いにしても0でない限り色々と考えておくべきなのである。

妄想を逞しくして生きよ。残酷な事も良い事にも何らかの意味がある。自分の考えている事が常識なのか非常識なのかそんな事はわからないのだ、妄想を愉しめばいいのだ。
posted by mouth_of_madness at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック