2012年02月11日

地震予知

4年以内に直下型地震70パーセントから50パーセントに下方修正された。70パーセントの時も科学的根拠無しだのヤマ勘だのと言われていたけのだが、この修正にどれ位の意味があるのだろうか?

まぁ説明を聞けば何となくの屁理屈があるのだろうけどね。実際は政治的な配慮というのが実情なのだろうけどね、という反応が多いと思う。

コレまでも定期的に関東大震災、富士山大噴火だのといった記事は風物詩の様に紙面を飾った、でもコレまで当たったと実感する事も東北地震も予知をする事も出来ていない、だから予知のパーセントが何パーセントでも大した問題じゃないと思っているのが実情だと思う。

これが科学的根拠の基づいたモノだったとしても多分信じる事はないと思う。(まぁ少し心配するかもしれないけどね)70パーセントといえばかなり危険性が高い状態といえるのだが引っ越しを考える事も仕事を辞める事もないだろう、地震保険に入る位が関の山だと思う。あとは突っ張り棒とか揺れに対応する振動吸収ゴムを家具とかテレビの下に引く程度か。

人は色々な危険から麻痺しているし、今の利益から囚われ逃げる事は非常に困難だからである。

一般人には70パーセントも50パーセントもあまり変わらない、どうでもいい情報なのである。しかし政府的には緊張感をもって欲しいと思うのだ、政府的には50パーセントにする事で対策費を減らす事が出来ると考えて欲しくないのである。

政府的には100パーセント来ると考え早急に対策して欲しいモノなのだ、少なくとも起きた場合の対策マニュアル、指揮系統の設立を速やかに行うべきである。そして消防、自衛隊等への国防と災害対策への要請と強化。とやるべき事は山ほどあるのだ。

起きなかった時に予算が無駄になるではないかという者もいるだろうだがコレは掛け捨ての保険なのだ、何か起きた時の為に被害を最小限度に抑える為のコストなのだ。コレを無駄といっては駄目なのだ。
posted by mouth_of_madness at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック