2012年02月14日

故障

福島原発の2号機の温度が上がっている、でもそれは故障のせいらしい。

だがまてよ温度計が故障しているという事は制御が出来ないという事ではないのか?そんな事で大丈夫なのかと思ってしまうのだ。

また温度計以外は大丈夫なのか?他にも故障があるのではないかと思ってしまうのだ。見た目的には安定運動しているような数値をだしているのだが実際はトンデモない状態になりつつあるとかはないのか?実に心配である。

また温度計が上がっている情報が出てからセシウムの降下量が増えているという情報もある。これもまた測定器の故障なのか?これらの二つの情報から温度上昇は真実で蒸気がどこからか漏れていてセシウム降下量が増えたというのが正しいのではないのかと思うのは思慮の足りない考えだろうか?

大変な事になる前に収束させれば問題は無かったという事にしたいという考えに思えるのだ。そしてコレは裏目に出るような気がする、裏目に出て欲しくはないけど。
posted by mouth_of_madness at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック