2012年02月23日

ドンドンと馬鹿になる

テレビを観ると馬鹿になるという事らしい。刑務所でもテレビがあると監視人を置くより効果的らしいという位にモノを考える事が無くなるらしいのである。

それ位に情報が脳に浸透するという事なのだろう。

また電通は国民を洗脳しているらしい。色々なメディアを通じて日本人をある方向に誘導しているという事だ。

其処で考える、世の中ポピュリズム政治とかいわれているがそれは嘘ではないか?ポピュリズムに見えるだけで特定の権力機関が様々メディアを通じて誘導しているのである、それをポピュリズム政治といって良いのだろうかと思うのである。

ネットもきっと腕の良い仕掛け人がある種のネット言論を作り上げる為に誘導しているのである。ネットこそが真実の最後の砦とかいう甘い考えは止めた方がいいのだ。もう既に操られているのだ。テレビでやらない、新聞でやらない、しかしネットでは観る事が出来るニュースが正しいという根拠はないのだ、その現象を観る事が出来てもそれだけでしかないのだ。ネットでしか観る事が出来ないという事である種のインパクトを与える事が出来るのだ、何らかの仕掛け人がいるとすればテレビで偏った状況を作り出しそのアンチニュースをネットで行うそれによりそれこそが事実と思わせる事が出来るのだ。

特定の情報を消す、しかしそれが果たしてどういう意図なのか僕には全くわからないのだ。不都合だから消すのか、消す事によりそれが不都合な事だと思わされているのか?それとも本当に不都合な内容は別にありそれを隠す為にある種の流れを作り出しているのか?様々な可能性があるのだ、どう考えても真意なんかわからないのある。

何処まで行ってもキリがないのである。

その堂々巡りの迷宮に追い込む事で思考力を奪って行くのである。何が正しくて、何が間違っているのかドンドンとわからなくされているのである。

何もわからないから情報に飛びついてしまい、何かを決める時に新鮮な情報に支配されてしまうのである。

ドンドン馬鹿になっていく人類、だが馬鹿の恐ろしさをわかっていない、馬鹿は予想外の行動をするという事を。利口に誘導したと思っていたら土壇場で脱線してしまうのである。
posted by mouth_of_madness at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック