2012年03月19日

赤ずきん

チョイとアダルトな感じで赤ずきんを作ってみましたというだけの作品。何とも緊張感がないのである。

現況のしきたり等で雁字搦めになった閉塞感を打ち破るにはWILDが必要とでも言いたいのだろう。そしていつも女の子はそれを待っている、肉食男子最高とでも言いたいのだろう。現状を打破してくれる男子を待っているのだ。

これってもしかすると海外でも草食化が進んでいるのかもしれない。海外でもゲームとかの影響でオタクが増えているのかもね。

ただこの閉鎖感を出す為に箱庭感溢れるセットワークは面白いと思う。作り物感に溢れているのである。何か舞台のセットの様に全てが嘘くさいのである唯一嘘くさくないのは最後の方に出てくる山の上のシーンである、まぁ赤ずきんのでかさが竹中直人のネクタイ位に大きすぎて嘘臭いけどね。

まぁ全体に的に嘘くさい、エロティックな感じを出したいのかもしれないがどうにも生臭さがないのである。肝心なシーンをちゃんと見せない配慮の為になんとも薄いのである、その代わりの赤ずきんなのかもしれいないけれどやはり弱いと思う、死をちゃんと描くことで生を描く事が出来ると僕は思う。

其処が嘘くさい為に生も嘘くさくなるのだ。

結局は空虚なイメージ映像になっているのである。

コレって何か似ている「キャシャーン」だ!!何か狭いセット感溢れる部分も含めて似ていると思う。

posted by mouth_of_madness at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック