2012年03月20日

満腹

僕は人は満腹になれば大概の事は何でも無い様に思えるとと考えている。争いの大概も腹が満たされていないからである。戦争で領地を取り合うのも資源の分捕り合戦もお金の奪い合いも基本は空腹が原因だと考える。現時点もかなりの人が物理的にも飢えに苦しんでいるし、アメリカも貧困国家としておかしな風になっているから変な戦争をしているのかもしれない。

また肥満も、その原因になる飽食グルメもまた空腹から来るのである。決して食いしん坊という訳では無いのである。むしろ食いしん坊の人は満たされない胃袋と永遠の空腹に悩まされる悲しい人々なのかもしれない。

これは食を蔑ろにしたツケの様な気がする。

美味しいモノを人は多分食べていないのだ、そこそこ美味しいモノは食べているからこそむしろ飢えを増大化させる事になっているのだろう。いや殆ど人は美味しいモノ食べていないのかもね。

だからこそ次から次へと美味しいモノを生み出しているのである。

物理的満腹は満たせても精神的満腹がないのである。

治安をよくしたければ国民を満腹にする事である、アメリカの治安の悪さは個人主義とハンバーガーといったファーストフードが原因である。偏りある不健康な食事が飢えに拍車をかけ人間性を無くさせているのである。

日本がおかしくなっているのも多分同じ原因だと思う。外食産業が発展する事により飢餓者が増え更に外食産業が増えるという循環に陥っているのではないだろうか。経済的には良いのかもしれないけれど。お総菜とかもそうだ、質、価格等も良くはなっているがやはりこれでは人に満腹を与える事は出来ないのだろう。

少しずつ飢えつつあるのが今の日本だ。

何時何処で誰と何を食べるのか?それこそが人には大事なのだと思う。

まずは家族で家で美味しいモノを食べる事が出来る環境、社会システムを作る事が今必要なのである。無茶な残業も共働きもおかしな塾通いも全て程々にする事が今の世の中には必要なである。

これこそが腹を満たしてくれるのだ。

そして親から子へ料理を仕込む事も事も忘れずにね。
posted by mouth_of_madness at 19:57| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
違うーと思ーう。
満たされない空腹ではなく、満たされない欲望だと思ーう。
不安は無くせないからねー。
うん。( ̄^ ̄)ゞ
Posted by メリノロ at 2012年03月20日 22:30
違いますかね?その満たされない欲望の根源に空腹がある様な気がするんですけどね。

満たされぬ思いそれが空腹と認識できず他のモノで代用しようとして色々な欲望が生まれているのではないかと。

不安も明日ご飯が食えないかもという恐怖感が人間の根源ある恐怖の一つという妄想なんですよ。

飢えの恐怖は死に繋がる・・・・・
Posted by 管理人 at 2012年03月21日 01:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック