2012年03月27日

透明人間

卒業文集に「透明人間になったら何したい?」というテーマで書かせたら「殺人」「強盗」で回収、書き直し。

何だろうこの馬鹿なテーマ?

それとも大喜利でも好きな先生なのか?まぁそれならばその事を上手く生徒に伝えられなかったのは説明ミスではないのか?

大体この答えの正解は何だろうか?真面目に書くにも大喜利で書くにもかなり難易度は高いのではないだろうか。

真面目に書く、それでいて犯罪にならない、透明人間でしかなしえない事って中々難易度が高い。警察や探偵になり尾行?万引きGメン?とかがパッと思いつく所、驚かすとかは犯罪になりそうだしね。悪人を懲らしめるとかも何の権利だという事になる。

小学生とかだと学校のトイレでウンコすると笑われる、(今もあるのかどうかはわからないけど)笑われずに堂々とウンコするとかになるのか?

大喜利になると更に難しい、オチとしてはベタなのは透明になる必要ないやんというツッコミが入りそうなモノになるだろうけど、それが面白いかというと微妙である。まぁ小学生こその天然性を出せば面白くなる可能性はある。

科学的蘊蓄とかいうのも何か寒い感じもするしね。

また他の設問も「一億円当たったら」という微妙に夢が小さい感じが貧乏くさい。宝くじの金額とから考えたらリアルなのだろう。そしてリアルな答えを書けば確かに人間性を表す事になるとは思うけどあまり楽しいモノではない。まぁ微妙に経済状況の悪化とかの影響が答えに反映されて時代性を残す事は記録としては良いのかも。

それにしてもなんだかなぁ・・・・・・



それにしても殺人はいいとして、見えない状態で強盗は微妙に間違っている。まぁ大喜利的答えとしては見えないのに強盗するのかいという部分でオチてはいる。コレもまた天然のなせる技!?
posted by mouth_of_madness at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック