2012年07月16日

認識

いじめ問題で暴力はあったけどイジメではなかったとか、自殺の原因がイジメであったとはいえないとかいう認識問題にしてしまえば死人に口なし状態の今、なすすべ無しなのかもしれない。

いや生きていた、遺書があったとしても其処までいじめていたという認識は無かったという認識問題にしてしまえば中々苦戦しそうである。

生きていたりすればむしろイジメ側をはめる為に大げさに言っているとかいう弁護士の反論とか出てきそうである。

実際に行われていた行為の映像があったとしても行き過ぎた悪戯だといいかねな無い、そしてこの程度のイジメで自殺する事は予想できないと言うのだろう、実際に同じ様にイジメに遭って死んでいない、死のうと思わなかった例を持ち出したりするのだろう。

イジメとは被害者側の認識に依存しているからである。そして被害者も嘘をつく可能性も皆無ではない、大げさに言う者もいるからである。

認識だけで判断しなければ成らない事案に対して今の法制度や人間はあまりにも無力なのである。教科書を破るとか喝上げをするという個別の事案での処罰は出来たとしても、自殺という名の殺人に対しては処罰は難しいのである。

未成年を守ろうという甘っちょろい人権主義も壁になる。被害者を守る事は出来なかったくせに加害者を守ろうという腐りきった人権主義者達。冤罪を防ぐ為だ、これから先の人生を考えてやる必要があるという考えが更なる被害者を生んでいる事に気がつきもしないのだ。

再犯しなかったら良いというモノではないのである。そのぬるま湯を利用しようとする連中がいる事を忘れているのだ。子供は其処まで頭が回らないと考えているとしたらあまりにも甘い考えである。色々と浅知恵な部分もあるかもしれないが悪知恵を働かせているし、自分が助かるのならば平気で嘘をつくのだ。

子供は純真なんかではない、むしろ自分の快楽に従い行動する獣なのだ。(まぁそういう意味では純真だけど)

まぁ大人になったからといってそう変わるモノではないけどね、色々と打算の部分とかリスクの部分とか考える様に反射的に動かないだけなのだけなのだ。

悪意に対して被害者の認識に頼るのはあまりにも頼りないモノなのである。裁判にしても結局は裁判員、裁判官の匙加減だしね。口が上手ければ罪を軽くする事も出来るのだ。第三者が
イジメと認識できるか否かにかかる裁判にどれだけの意味があるのだろうか?
posted by mouth_of_madness at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック