2012年07月21日

ムカデ人間

映画観るまで知らなかった、この映画ムカデ人間三部作の第一弾だったという事に頭がクラクラしました。最も衝撃的内容の部分でした・でした・でした。(ムカデみたいに続けてみました)

ゲテモノ映画といわれていますが、其れ程ゲテモノでは無いと思います。なんかコントみたいな感じがするのですよ、オチがもう少し笑えるならば「ごっつええ感じ」のコントであってもおかしく無い感じです。

チョイとシュールコントみたいなノリがあります。

メンバーに選ばれなくて残念がるとか、外された理由あたりに笑いの要素を入れるとかしていけば愉快な映画になりそうです、ウンコネタでは二人目はまだカレー味がするのに3人目は味しないとかで怒るとか、違う味になっていて何で?という展開とかを混ぜていけば細かい笑いもとれそうな感じです。

真ん中の人がゲップすると先頭の人間の口からオナラが出て「臭さっ!!」とかいったネタとかも有りではないでしょうか。トイレのタイミングが合わなくて大変とかの小ネタとか。

また調教するシーンとかもムツゴロウ氏を彷彿させるとかすればこれまた小さな笑いがとれそうです。そして段々一糸乱れぬ動きになり色々な芸が出来る様になったり、新競技3人12脚競争に出て記録を目指したり、世界選手権が有ったり、ライバルが登場したりする不思議な世界に突入すれば更に面白いのでは無いのでしょうか。

ラストの方にあるヤクザと博士との感動的なシーンも臭いまでに感動的にして、涙を浮かべて感動している博士に、鈍器でツッコミをいれるとかすれば良いのではないかと思ってしまいます。

あと全員変態で喜んでいて、博士がどん引きするとかね。日本のヤクザなめんなよ日頃のプレイじゃこんなモノといつて大喜びとかいう変態ネタとかも有れば更に良い感じでは無いでしょうか。

そう考えるオチは全部が繋がりウロボロス状態?永久機関完成と大喜びみたいな訳のわからなさで終わるとかかね。

そんな妄想が起きる今ひとつな感じのヘンテコ映画でした。
posted by mouth_of_madness at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック