2012年07月29日

アカンCM

今やっているマクドナルドのCMは実にけしからん。毎日昼飯代を妻に貰うという設定が実に良くないのである。

CMに目くじらを立てるなといわれるだろう、ケツの穴の小さい事を言うなと言われるかもしれない、だがこの何気なく世の中の常識はこんな感じですよというのをCMとかでやる事によりこれが刷り込まれるのである。

婚約指輪は給料の三ヶ月分というCMせいでそう思い込まされていたりするのである。無意識に刷り込まれる新常識という恐怖があるのである。

ドラマとかで繰り返される何となくのお約束的常識も実はよろしくないのではないかと思う。仕事ばかりしている親父・家庭崩壊というパターンとか、やる気のない教師、悪事を働く地元の名士といったいかにもなお約束が変な先入観を生み出しその色メガネで現実をみる事になるのである。

その先入観が現実をリセットしてしまい、これまで作り物だったり、ごく一部の現実だったモノが現実を侵食していくのである。

きっと公園デビューとかもごく一部で有ったモノをドラマ等で拡大解釈を続けていった結果おかしな現実を作り出していったと思うのである。

本編に部分ならもう少し注意するかもしれないが、何気なく入るモノに関しては考える事無く処理される事になる。多分脳は本筋とは違う部分に関しては処理を効率化する為に基本設定として正しいモノとして定義されてしまうのだ。

マクドナルドのCMの場合だと平日は150円お得という部分がメインであり妻から昼飯代を貰っているという部分は考え無しにスルーされてしまう新常識として処理されてしまうのである。また昼飯は愛妻弁当より外食というのが定着している感もある。

それらを繰り返し見る事の影響力は実に恐ろしいのだ。
posted by mouth_of_madness at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック