2012年10月12日

効率化

効率化の為には東京一極集中の方が良いだのという考えがある、地方に税金を使うという事は無駄でしかない、採算のとれない地方の電車も廃線にして正解だという。

この効率化という考えに僕はやはり納得が出来ない。

これをトコトン突き詰めていくと人間は馬鹿だから1割の人間が9割の富を稼いでいるのだから9割の人間は役立たずだから死ねと言いかねないのである。(9割の人間がいなくなったら1割の人間は金を稼ぐ事は出来ないのだけどね)また職業選択の自由も効率的には問題だと言いかねないのである、能力等により職業を無理矢理押しつける様になるのだ。好き嫌いに関係無く一番能力の発揮出来る仕事をやらされる様になりかねないのである。まぁ現在も多少の自由度はあるけど実質は自分の能力で職業分けされている面はあるのだけどね。

また効率化が一度動き出すと人はモノを考えなくなる、余計な事を考えない事が効率化になるからである。システムとして淡々と決められた事をこなすという機械みたいな生活をするのである。頭の役割をするモノだけが考え下々はその指示に従って動くだけの生活をするのだ。

更に進むと効率的に景気を回す為には何を買い、消費するのかまで指示をする様になるのだろう。自由経済こそ効率が良い、最適化になるという考えも根強いのであるが効率化を訴える者は自分の考える仕組みに人を嵌め込もうとする。

効率化の先に何を見ているのだろうか?

人類が生きるか死ぬかのギリギリの所に居るのであれば効率化だというのはわかるのだが、技術の進歩等により余裕が出来ている筈なのに更なる効率化を図る。余裕なんかちっとも生まれず大変労働は続き、様々なストレスも増大している様に思うのは僕の気のせいだろうか?

僕はこの事に人はどれだけ間抜けなのだと思うのである。

非効率でも回るし、人が色々と楽しめる社会にするべきだと思うのである。なんの為に新しい技術等を開発しているのだ!!

非効率こそ人生の醍醐味なのだ、無駄こそが人生に必要なモノなのである。妄想してナンボなのである。
posted by mouth_of_madness at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック