2012年10月21日

マーシャル・シティー 超人大戦

サーカス団の人が日本軍が遺棄した人類強化ガスで超人になり暴れまくる映画。

其処に絡む様々な恋愛模様と死による永遠の別れといったサービス感に溢れる作りにはなっています、でもサービス感過剰の為に今ひとつまとまりにかけている為に勢いに欠ける。

とにかく三角関係に関しては何でそうなるのという感じが笑いを誘うこと間違いなし(失笑という話も)、あまりにも突然だし、あまりにも熱烈過ぎるのである。

また超人が今ひとつ強いのか弱いのかがハッキリしないのである、警察の特殊事件担当がツボ攻撃で意外と何とかなってしまうのである、様々な技で超人にかなり肉薄するのだ。まぁ超人に対して常人が様々な技で対抗するというのは燃える展開ではあるのだけど、もう少し二重三重の罠を用意してからの戦いにして欲しかったと思う。

ワイヤーアクションや格闘シーン、爆発シーンもイイ感じなのだがもうかなり見飽きている感じがするのが残念なところ。もう一ネタ何かが欲しい。

飽きたから駄目という事ではない、だからこそ組み合わせ等が大事になるのである。新鮮ではないネタはの調理の仕方で工夫するしか無いのである。

この映画美味しそうなモノをただ単にぶち込んだだけなのだ。それなりのモノを入れてあるから不味いという事は無いのだが今ひとつ美味さもない、それぞれはそれなりに美味しくいただけるのだが全体では美味しくない。それぞれも混ぜることで微妙に味が落ちている感じなのである。混ぜることで新しい味わいと重ねられる旨味というのが無いのである。


あとこの映画、馬鹿という調味料が足りないと思う。何か常識的範囲での大暴れしかないのである。頭が悪い所はあるのだけどね。
posted by mouth_of_madness at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック