2012年10月28日

どうしてこうなった

子供の頃考えていた大人になった自分の姿、生活。それとは全く違う現実の生活。

何でこうなった!?

現実の生活がみすぼらしいとか、辛いとかそういう事で言っているのではない、あまりにも違いすぎている事にビックリするのである。
それなりに考えて実行して来たつもりのだがやはり全然違う所に到達してしまった感じだ。

加齢臭漂う様に成っているのにちっとも大人に成りきれていないのである。

それよりもこんなに出来ない子だったのかと実感する事山の如しなのである。もう少し出来る子だと思っていたのだが実に出来ない子なのだ。こいつ才能ないだろうと思っている人間にケチをつけられるし(僕の思い違いではなく、実際に失敗続きなのである)指図されるのである。

何の悪い冗談だという感じなのだが、それを半ば諦めて受け入れている自分がいるのである。自分の意見を受け入れさせるだけの能力、説得力がないのである。

何てガッカリな才能だと泣き濡れて蟹と戯れてもどうしようもないのだ。それを我慢するのが大人なのか?多分違う、その様な自分を無理に圧し殺して生きるのは大人ではない、人の顔色見ながら生きるのは大人ではないのだ。少なくとも守るべき家族とかがいる訳では無いのだから其処で立ち上がれるのが大人の筈だ。社会に対してツッパる事が出来ないのが非常にガッカリなのである。

あと結婚だけど此処まで人と出会わない生活をするとは思わなかった。いや出会ってはいるけどそん小さな接点を結ぶ、太くするという努力が足りないのだ。そこまでしないと出会いというのは出来ないと、大変な事だとはこの歳になってやっとわかった。

此処まで何も出来ないと笑うしかない感じだね。

まぁ色々な事を諦めてソコソコの生活を手に入れる才能くらいはあるみたいだけどね。
posted by mouth_of_madness at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック