2012年11月16日

オカルト稼業

最近流行のアセンション、世の中にはオカルトが溢れている。

科学だの教育だので迷信を追い払おうとした結果の現在の状態。僕が考えるに追い出そうとするからおかしな事になっているのだろうと思う。

知識が不完全だからその隙間を埋める為に別の情報が入り込んでくるのである。まぁ完全な知識を手に入れる事は人間には多分不可能だからいつまでたってもオカルトは残ると思う。

またオカルト懐疑論者も結局はオカルトに取り憑かれている。無いと否定する事で自分の知識、世界を守ろうとしているのである。

其処で今流行のアセンションについて妄想してみた。

もうアセンションは始まっているのです、今の宇宙意志とか宇宙人とか高次元生命とか天界からの通信を受けメッセージをネットとかに発進している人は落ちこぼれです。

もう選ばれた人は次の次元に既に移動完了しているのです、2014年にその時が来るとかそんな事は無いのです何時でも何処でも高次元にいく為の準備が出来た人は次の次元に移行していくのです。ただその高次元に行ってこの世界からいなくなった人の事を僕達はわからなくなっているのです。

高次元に移行していく過程でこの世界の時間軸上からもいなくなり僕達の記憶等から完全に消えてしまうのです。

高次元に行く行為、実は人は日夜予行練習というか無料体験というかそういう事を行っています。

夢です。

高次元の世界に移行するという事は夢の世界から帰ってこれなく成るという事です。夢の世界では飛べたりする(上手く飛べなかったりしますけどそれはその世界の住人としての生活が浅い為に経験不足で飛べないのです)のが高次元世界の証拠です。

嫌な夢、苦痛溢れる夢ばかり観る人はレベルダウンすると言う事で残念ながら低次元の世界に移行しようとしているのです。

この世界にいる人は移行した人がいた事に気がつく事は無いと書きましたが、それでは移行した人はその事に気がつくのか?それもまた気がつきません。それまでの体験を新しい世界の住人として観た夢の様に思うだけです。そしてこれまでと同じ様に日常が続いていきます。周りにいる人間が大幅に変わっていたとしても世界が変わっていたとしてもその事に気がつく事無く当たり前の様に日常が続きます。

今までの事が夢になるだけなのです。

また人は高次元に行ったりレベル不足で落ちたりと世界を行き来きしているのです。それが原因でデジャヴという誤動作が起きます。

夢の中の世界で記憶に無い人、街等があるのもそれは別世界だからです。

1999年もノストラダムスで世界が滅ぶといわれていましたがこの世界に居る人は滅びなかった時間軸を持つ世界に移行したのです。滅びた世界にいる人はまた滅びを感じた後時間が戻りまた始めからやり直しをしています。

高次元に上がると凄い事になると思っているかもしれませんがそうは成りません。10個飛ばしで移行する様な事になれば別でしょうが0.1次元程度の移動を積み重ねながら移行していくのです。

ホンの一寸だけ変わった世界です。

アセンションに出てくるこの世界に干渉し導くみたいな事をいう高次元の意志ですがこの連中も今の世界の住人とそんなにレベルは違いません、一寸だけ上で少しだけ世界の事を理解が多いだけの俗物です、下々の者を導く事でなんか俺って凄くない、何かいい事やったと勘違いしている程度の俗物です。0.3次元程度上にいるだけでそんなに人間と違いはありません。

これがアセンションの真実です。


私、馬鹿よねー、お馬鹿さんよねーー!! ほらこんなにお馬鹿さん!!

これがオカルトです、妄想逞しく楽しめば良いのです、所詮は彩りです。
posted by mouth_of_madness at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック