2012年12月17日

不満はあるのか?

投票率が落ちたらしい、それも戦後最低とか。

色々と政治に不満があるとか言われているけど実の所どうなの?と思ってしまう。投票すべき所が無いからの無投票なの?でも実際の今のシステムから考えると無投票が意味があるとは思えない。いや確かに投票率5%とかになればさすがにこりゃ問題だとなりいくら何でもこの結果で決めて良いモノかとは成るとは思うけど。

今の所、白紙投票や無投票は抗議と言うより決まった事に従いますとの表明にしか成っていないと思う。

良い所が無いとしても此所が勝っては駄目だという意思表明の為に一番マシと思えると所に投票するべきなのである。

それすらも出来ない位に全部駄目という事なのだろうか?

それならば投票の前に色々な抗議活動をするべきなのである、時間が無い、生活が大変というのはわかるのだがどうしようも無い状態に陥っているのに何もしないというのは自殺の様なモノだ。

そう考えると不満はあるけど、それって日常的にあるチョイとした不満程度であり我慢の出来る様なモノでしかないのだ。イジメられていても3年間我慢すればなんとかなると考える事が出来る程度の不満でしかないのである。愚痴を言っていれば何とかなる程度の不満でしか無いのだ。

投票に行く、投票に行く為に多少の知識を仕入れる労力と天秤にかけて負ける程度の不満でしかないのである。

話は変わるが今回の選挙結果は前回と違うと思う。

前回はマスコミによる自民叩きが酷い状況での民主圧勝だったのだが、今回はマスコミによる安倍叩き、沖縄での反米キャンペーン、盛られた反原発デモ等の流れがある中での自民の圧勝である。国防軍とかいっている状況での沖縄での自民の勝利とかをみると如何にマスコミのいう状況と現実が乖離しているかが見え隠れするのである。

既存メディアによる誘導の効果が薄れてきていると言える結果だと思う。まぁネット世論を動かしているのは誰なのかわからないのだけどね。草の根的に人々が作り上げたと思うのは甘いと思う。

今回の結果がネットによるモノなのかというとそういう事では無いと思うけどね。マスコミがいう自民の駄目さよりも更に民主に対する不満が大きかっただけなのだろう。
posted by mouth_of_madness at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック