2012年12月23日

迷惑老人

子供の集まる公園や保育園が迷惑施設だと文句をいう老人達、報道が大げさに言っている部分もあるかもしれないが、これって大人が大人に成りきれていない事を表していると思う。

江戸末期や明治時代に来た外人は日本は子供を大事にする国といった事が言われていたりするのだがそれは大人が大人だったのだと思う。

心の余裕、大人としての役割等がしっかりしていた為に子供に対して優しく出来たのだ。

それが個人の自由だの人権だのが暴走し、大人になる事も出来ず、全てが個性で片付けられる社会の為に自立も出来ないまま距離感もストレスに対する免疫も子供を優しく見守る目も無くしてしまい社会がおかしくなっているのである。

大人の余裕で子供を躾ける事も出来なければ、子供のやっている事と受け流す事も出来ないのである。

結局は大人になれないままの身体知識だけが肥大化した厄介な子供なのである。

子供だから子供に対して同じ様に反応してしまう。子供をライバル視してしまうグズグズな見た目は大人の子供なのだ。

子供の心を持った人って素敵と甘やかしては駄目なのだ。しっかりと年をとったら大人にならなければ駄目なのだ。それが人の成長というモノであるし、世の中に大人がいない社会になれば大変な事になると思う。

まぁ政治にも子供のままで中途半端な知恵だけがあり面倒臭い者が人気だったりするからね

それがどれだけ危険かという事を実感出来るだけの成長してない大人が氾濫しているのが今である。窓から知らない人が入ってきてイチゴを食べたとかいうレベルの嘘を言う政治家がいる感じだからね。

このまま子供が増えて行けば社会は崩壊する、少子化だけど子供が増えるこの異常性。


年をとれば大人になるのではないのだからね。
posted by mouth_of_madness at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック