2012年12月31日

節約

経済評論家とかでインフレだろうがデフレだろうが節約しましょう的な事をいう人がいますね。

兎に角節約、何がなくても節約。

この節約、個人が実践すると何となく貯金が増えていき、豊かな老後が来る様な気がします、なんか必要な時に貯金がある為に余裕を感じると思います。

だから成立する論理ではないかと思う。経済全体の事、人生の楽しみの事無視すれば自分の手元の通帳の数値は増えていくのだから何も間違っていない様な気がするのである。

しかし実際は貯め込む事により経済の動きが悪くなって本来昇給して手に入れていたかもしれないお金を失っているかもしれない。リストラされた時も貯金しておいて良かったと思うかもしれないがそのリストラがその貯金のせいで起きていたとしたら。

老後お金に困らないかもしれないが若い時にしか楽しめないモノは沢山あるのだ、あの時やっておけばと後悔しても手遅れになる事もあるのである。まぁあの時節約して貯金しておけば良かったという後悔も確実にあるけどね。

また老後を考えていても老後が確実に来るのかどうかもわからないという事実もある。まぁ今の医療技術とかを考えればかなりの確率で来るとは思うけど。

現代社会の世の中は大半が無駄で出来ている、本当の無駄は避けた方が良いかもしれないが(本当の無駄とは購入した食べ物を捨てるとか、不味くて食えないとか別だけど、安いからといって買い込みすぎて捨てる様な事と思いねぇ)

自己満足であっても、短い時間の娯楽であったとしても、その人にとって大して役に立たないモノであったとしても、もっと意味のある、効果のあるモノがあったとしても人生を楽しくする事が出来ればそれは無駄ではないと思う。たとえ失敗した思う事があってもチョイと心にグラグラする揺らめきを与えたのだから無駄ではないのだ。

節約は極端に考えると死なない様に栄養をとる、雨風をしのぐ、法律等で捕まらない程度と温度に対して防護する為の着衣以外は無駄となってしまうのである。

でもそうなってくると何の為に生きるのか?人類はなぜ文明を築いたのかわからなくなる様な気がするのだ。余った時間に無駄な事をする為ではなかったのか?確かに無駄な事をするにしてもお金がいらないモノはあるけどね。

お金は大事だが使わないお金に価値は無いのである。



大晦日に僕は何を言っているのだろうか?

さすがに今日はアクセス激少なです。ただでさえ激減中だからね・・・・・・
posted by mouth_of_madness at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック