2013年02月21日

ビジネスモデル

最近駄目かもしれないと思う事。

物作りをしている現場で作るモノの事よりもビジネスモデルがどうのこうのという状態。それもそのビジネスモデルを自分で構築しようとしているのならばまだしも、雑誌やネット上で○○が成功したビジネスモデルはこんな感じという記事をみてその様にやろうという安易な状態。

その記事すら本当に正しいのか否かわからないのに更にそれを理解した、キモはわかったという勘違いっぷり。

ビジネスモデルというのを良く理解してない僕が言うのもなんだが、ビジネスモデルって色々あるのだ、ビジネスモデルで成功するのではなく、成功したのがそのビジネスモデルだったと僕は考える。同じビジネスモデルを行えば成功するというモノではないのだ。

1番手と2番手、更にその後という状態では状況は変わっているのである。確かにノウハウ的生きる部分はあるとしても最初の成功した市場と状況は変わっているのである。

また商品によってもビジネスモデルは変わる、どんな商品でも同じビジネスモデルで良い訳ではないのだ。同じジャンルの商品としてもターゲット層が違えばその修正は必要なのだ。

ビジネスモデルを観て客、商品を観ないという状況になってはイカンのである。

そしてビジネスモデルに合わせて商品を改変する、その商品は作りたかったモノですか?それは客が求めている商品ですか?

そして自分で商品に合わせて作ったビジネスモデルでは無いかぎり何処かちぐはぐの状態になり更にドツボになる事間違いなし。

モノを作っている者が安易にビジネスモデルとかを言いだすのは間違いだ、良くわかってもいない他人の理論よりも自分の作っているモノはどんな人に使用して欲しいかその事をもっと真剣に考えるべきなのである。 

自分が欲しいと思わないモノをビジネスモデル的にはという事で売る事、作る事ってどうなの?そんな不誠実は甘ちゃんといわれても良くないと思う。

面白がったモノを提供しようぜと思うのだ。

まぁ結局はセンスが無いと売れないけどね。
posted by mouth_of_madness at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック