2013年02月25日

耳のストレス

視覚のストレス、匂いのストレス、味覚のストレス、触覚のストレスという五感には
色々なストレスが伴う。その中でも僕は聴覚のストレスが嫌である。触覚のストレスもかなり我慢出来ないがこれは満員電車等を除けばストレスは自分が原因であるから何とか折り合いがつく。視覚もみなければ良いし、味覚も食べなければ大丈夫だ。

匂いも確かに避けにくいのだが僕的には音のストレスに比べたらまだマシである。下水掃除とかバキュームカー掃除とか腐乱死体回収とかしているのであれば別だが日常的にある変な匂いは意外と避ける事が出来るのだ。

息苦しさはあっても多少匂いを遮断してもそんなに困る感じはしない。

だが音のストレスは突然耳に飛び込んでくるのである、耳をいきなり攻撃してくるのだ。耳をふさぐと今度は自分の体内の音が気になりだし無音状態に出来ないのである。

今そのストレスが極限に達し、胃は痛いし、耳はおかしくなるという最悪の状態である。

一日何度も無造作に繰り出される馬鹿みたいに発するクシャミ、切れない痰を無理やり出そうとする嗚咽、反芻しているかの如くニチャニチャとする口内音、何度も何度も匂いを伴い出されるゲップ、10分、20分に渡り鼻詰まりの不快感をとろうとして規則正しく鳴らされる鼻の音、これまた何度も聞かされる生欠伸とそれを誤魔化そうとしてビュリュリュリュリュという唇音。

そんな音を1年以上も毎日聞かされると殺意も覚える位のストレスになるのである。そして音を出している本人は人に猛烈にストレスを与えている事に気がついていないこの恐怖。

その音を塞ぐ為にヘッドフォンのボリュームを上げると「音漏れてますよ、変な音楽で邪魔です」といわれる始末。

自分がどれだけの不快な音漏らしているかをわかっていない無神経さにもストレスがたまります。

注意しても病気だから、病院いけといっても行っても直らないからと返事を返されたらどうすれば良いのよ・・・・・・

ウイルスとかでなくても病気は人に感染するのである、ストレスを媒介にして人は病気になるのである。


兎に角聴覚のストレスは嫌だ!!

愚痴です、今耳鳴りが凄いからね。





posted by mouth_of_madness at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック