2013年03月11日

休戦協定白紙化

何だろうこの平和ボケ感。

南北朝鮮に戦争が始まるかもしれないのにイマイチ話題になっていない感じ。全く報道されていない訳では無いがどうにも緊張感がない。

実際に戦争になれば戦火を逃れる為に日本にやってくる難民問題や、日本も巻き込まれる可能性も高いのに巻き込まれた時の覚悟、どの様にするべきかを考えさせる様な報道がないのである。

確かにこれまではヤルヤル詐欺みたいなモノだったかもしれない。だから今回も何も無いという考えなのだろう、だがそれでも注意喚起をするべきでなのだ。

これではいざ巻き込まれた時に立ち尽くし為す術無く被害が増大するのである。

政治家も何処までこれに対して考えているのだろうか?311前から有った原発の危険性とかにしても長い事問題が無いのが続くと危機が起きる事を低くく見積もり過ぎて今痛い目にあっているではないか。

リーマンショックにしても起きる前から危険性は言われていたのに目の前の利益に目が眩み被害を受けた、日本は影響が少ないといわれていたが結局それも対策の遅れ、対策の拙さにより被害を拡大させた。

そう考えると人は何か起きるまでその対策しないのではないか?

問題性が言われていても問題が起きるまでそれを甘く見積もってしまうのだ。毎週、毎年確実に起きるというのであれば対策をすると思うが、何時かそれは確実に起きるだろう、だが何時かはわからない、明日か5年後かそれとも100年後かという様な場合にはどうにも鈍くなってしまうみたいだ。

そしてタチが悪い事に10年20年とその事が起きないともう起きないのではないかと錯覚してしまうみたいだ、むしろ危険性が高まっているかもしれないのにである。

東北にしても今は手抜き工事とか手抜き建築とかはないかもしれないが10年20年と絶つと儲けやコスト削減の方に走り手抜きが少しずつ増えて行くのだろう。

今は地震があったトンネル崩落事故があったという事で強靱化もしなければという気持ちもあるが10年事故等が起きず、極々小さな額でも土木利権の贈収賄事件が起きれば強靱化なんか辞めてしまえとなる事間違いなし。そして更に20年とか経った時またしても大事故が起き何故政府はちゃんと対策しなかったのかと怒るのである。

備えてて良かった、色々と対策していて良かったというのは中々無いのが人間なのだと思う。
posted by mouth_of_madness at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック