2013年03月18日

支配者

世界や日本を支配していると嘯く人々。

確かに金の面ではそうかもしれないし、ある程度社会を人々を誘導はしているのかもしれない。

だが実際はそうではない、何時真実に気がつくかビクビクしながら常に悟られないよう策謀を張り巡らしているというのに何処が支配者だというのか。

いざその構造に気がつき暴走してしまえば止める手立ては無いのである、武力を持って止めれば良い?確かに暴動が小さいうちはそれで止める事が出来るだが人数が増えればもうそれを止める手立てはない。

そんなに大量に殺す事は出来ないのだ、それをやれば一気に世界の構造に気がついてしまい人々は覚醒してしまうし、更に大量に殺してしまえば支配の意味が無くなってしまうのである。

だがこれに反する支配者がいる、時ががきたら支配している者共を皆殺し、絶滅させる事を企む連中だ。

この輩には早く気がつかなければ駄目だ。力を蓄えさせたら終わりだ。

ビクビクしているうちに暴き出さないと駄目なのである。

今世界の綻びから色々なモノが吹き出ている感じがする。ユーロのグダグダ感、バチカンの不正、アメリカの格差問題や国内にあるTPPへの不満、日本でも火が大きく成りつつある在日問題、何時までもゴタゴタが続く中東問題、中国の公害、覇権主義、企業の破綻といった色々な綻びからこれまでの支配構造が間違っていたのではないかという不信が育ちギリギリの所に世界はある。

自称支配者達はこれらを軟着陸させる事は出来ない、軟着陸させるのは支配されいる側なのだ。

支配に気付かれてしまえばコントロールは出来ないからね。


オマケ

人類は地球を支配していると思い上がっている人もいるけど実際は地球の顔色を観ながらビクビクです。

地球に存在する色々なモノに支配されて人は生きているのですよ。あと物理法則とか生物の仕組みとかにね。
posted by mouth_of_madness at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック