2013年03月25日

不安社会

アベノミクスにより景気の動きは変わった、政治の停滞感も変わった、TPPに対するマスコミの反応も変わった、色々と動き出している感じだ。

一見イイ感じなのにまた不安に取り憑かれる。

僕のネガティブ思考がそうさせているのかもしれないが振れすぎな感じがするのである。

これまでの方向が違ったからといって舵を切るというのはわかる、だが一つ上手くいったからといってドンドンと馬鹿の一つ覚えの様に舵を切っていくのは何かおかしい感じがするのだ。

ダイエットで効果があったからといって三食同じ食事を繰り返した挙げ句に栄養失調に成ってしまうみたいな感じである。

程々という匙加減がないの?

偽装保守だの思想警察だのスパイだのという極端な意見が出てくる嫌な状態。わからない奴は引っ込んでいろという空気が実に不安だ、Aが間違いだからといってBが正しいとは限らない、行き過ぎたAの状態を戻す為にBを選択する事はあるだろうだがずっとBで良いという訳ではないのである位置まで戻った時点で再度考え直す必要があるのである。

基本誰もが手探りで前に進んでいく社会、自称わかったつもりの人が旗を振り人を扇動していくこの恐怖、不安が消える事は無いのだ。

不安を感じる事が無くなった時、人は間違いを犯す、間違った選択をしてしまうのだ。

何かに心酔しそれを信じる事で思考を止める、傲慢な程の自信で何も見えなくなるこの二つが不安を無くす事だ、だが此等はどちらも駄目である、どちらも目暗になってしまい変化等に気がつく事無く失敗を犯すのである。

不安だからこそ慎重になれる、でも変なストレスも溜まる。そう考えると生きるのは大変なのである。
posted by mouth_of_madness at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック