2013年04月14日

デメリット

物事にメリットとデメリットがある。

何かを決める時にはメリットとデメリットを精査した上で判断する事になるのだが世の中メリットがあればデメリットが大きくても上手くやれる筈という博打的考えで実行しがちでは無いだろうか。

「虎穴に入らずんば虎児を得ず」「リスクをとらなければ現状は打破できない」みたいな事を言う事で周りを納得させがちである。

自信過剰で状況をコントロール出来ると勘違いしているのである。

コントロール出来ていたとしても起きるであろうデメリットがあるのにコントロール出来なかった場合のデメリットの被害を防げるのかと思う。

世の中利益最大化を目指しがちだが政治等は損益最小化を目指して欲しいモノである。常に何か問題が起きた時に対応出来る様に考えて欲しいのだ。

大体メリットの影でデメリットを受ける人々の事を考えていたらそうそう安易に物事を決める事は出来無い筈だ。まぁ判断しない事で起きるデメリットもあるのは確かだけどね。

そしてメリット、デメリットだけで物事を考えるのであればある意味その判断に人はいらない、コンピュータにデータを入力して判断すれば良いのだ。最大利益を出すパターンを採れば良いだけだ。TPPでも利益いくらだの、農業損益がいくらだのといっているよね、色々と隠されている部分もあるけど。

最終的には利益の方が大きいという判断になるのだろう。

此所で気がついた、そもそもメリット、デメリットを正確に判断出来る程に人は未来を見通せるのだろうか?そんな事が判断出来る様ならバブル崩壊も失われた20年もリーマンショックも起きていない筈だ。

予想よりメリットが無い場合、デメリットが肥大化した場合にどうするのか未来を見通せない人間が常に考えておかなければ痛い目に合う事間違いなし。

徐々に蓄積していくデメリットに関しては鈍感だしね、ついつい先延ばししてしまいドツボにはまる、その時が来てやっと理解するのが人間なのだ。
posted by mouth_of_madness at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 メリット・デメリット?、しかも、未来の事である。
 TPP等でももめて居るが、不確実な未来予想で、
終わらない議論をして居る。
 未来の事なんて解らなくて当然だ、世の中の殆どの事は
遣って見ないと解らない事ばかりで動いて居るのだと思う。
Posted by ゆっきー at 2013年04月15日 16:53
どうもです

経済学者や評論家、証券マンといった金融経済で儲けている者、人によってアベノミックスが成功するだの失敗するだのといっている状態。

方向性がほぼ同じで微妙な違いが有るというレベルではなく真反対。

なんかもう何もわかっていない状態か、自分の所属する利権を守ろうとしているだけの輩なのか。

そんな連中に未来を託すこの恐ろしさ。
Posted by 管理人 at 2013年04月21日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック