2013年04月18日

アクセス数

人気者になりたい、有名ブロガーに成りたいといった野望も希望も根性も無いし、人と繋がるぞという衝動、願望もない。

むしろ人間関係はそんなに積極的に増やしたいという欲求もない。

なのに去年の年末当たりからミルミルと減っていくアクセス数をみると何か寂しい感じがする。

誰とは知らぬ人との微妙な関わり合いなのだけどサービスしたいという思いはあるのだ、殆ど役に立たない頭の悪い駄文なのだが読んでくれた人には何かしら喜んで貰おうという気持ちはあるのだ。

喜んで貰おうという気持ちはあるけど能力があるという訳では無いけどね。

減っていく事に気持ちが揺れる理由を考えてみたら割と直ぐに答えが見つかった、安定していたアクセス数が変動する事で不安になっているのだ。

延々と続く日常感が壊れる事が不安なのである、始めから今のアクセス数で安定していたならばこんなモノかと思っていただけで済んだモノが急激に変動した事により非日常と化した状況に不安を感じているのである。

そしてこの状況の変化を生み出した要因が何なのか?思い当たる事が山程ありすぎてどうしようもない感じが実に嫌な感じである。

そもそも40を越えたオッサンそうそう能力もセンスも変わらないよね。


要望とか有りました少しはききますよ、金貸してとか壷買ってとかは却下しますけど。
posted by mouth_of_madness at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック