2013年05月20日

増幅器

馬鹿発見器と言われるツイッター等のネットツール。

確か迂闊な発言で炎上したり物議を醸したりしている事は多々有る、馬鹿発見器とはこれはなかなか言い得て妙な喩えであると思う。

確かにそんな感じもするのだが実は馬鹿発見器ではなく馬鹿製造器ではないのだろうか?と妄想する。

悪意を持ってこれを作ったのではないかとすら思う、自己主張したいという自意識は大多数の人にある其処をくすぐり狂気に暴走させる場所を与え、色々なモノから最終的に孤立させるのである。

短い時間で色々な言葉を引き出す、賛同者が増える事により自分が偉くなったかの様な錯覚をさせる、正義を振りかざす、これらの要素が人間の愚かな部分を増幅させるのである。

このプチ人気者感が人を駄目にする、人気者になる事により中途半端に守るモノが出来るのだ、期待に応えようとするし、最近つまらなくなったよねと思われる事に恐怖感を持つのである。

また自分の正義に賛同してくれる人が増えると自分の正義が正しいモノと思っていく事で自分の行動が、発言、思想を客観的にみる事が出来なくなり間違った方向に進んでいても戻れなくなりがちなのだ。

そしてのその自己中な正義は悪意に変わるのである、自分の正義に反する者を叩く悪意に変異するのである。

正義なんてモノは実はろくでもないモノかもしれないからね。正義を振りかざされると鬱陶しいと思った事あるでしょ。自分的にも食べ残したら申し訳ないなぁと思っていても腹の限界で残している時に「無駄にするな、アフリカの飢えている人々の事を考えたらそんな事は出来ない」とかいわれたらゲンナリくるでしょ。

正義の押しつけ、善意の押しつけって実に面倒臭いのよ、使い方を間違うと他人を不快にさせるモノなのよ。

正義なんてモノは小さな自己満足でさりげない位で十分です、自慢する程のモノではないのよ、人に気付かれない程度の事で十分なのである。

アメリカの振りかざす俺の正義みたいな感じは色々と世界に火種を作るだけで意外と誰も幸せになっている感じがしないでしょ。

また今日のブログの様に中途半端に正義とは何だとかいわれても困るでしょ、そんなモノなのです。
posted by mouth_of_madness at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック