2013年05月24日

担保

昨日、今日の株価のダイナミックな変動っぷりをみるとマネーゲーム恐るべしである。

遊ばれているモノは株式投資をして懐を満たそうとしている連中のお金ではないのだ、実際に賭けられているのはぼくらの生活なので有る。

この乱高下はアベノミクスの問題とかではない、あくまでアベノミクスはゲームの流れを変える要素でしかないのである。

新しいゲームが始まったに過ぎないのである。

このマネーゲーム、株式投資もFXも先物もやってないから関係無いと思うのは間違いなのよ、先に書いた様に僕達の生活が掛け金なのだから巻き込まれていくのである。

日本でこのマネーゲームに参加している人々、勝ってくれ、そして日本にお金を循環させて下さい、人の生活を担保にそのマネーゲームをしているのだから企業を成長させ、国を発展させる義務がある筈だ、その対価として大きな富を得ているのだから。

それにしても何奴も此奴もお金で遊びすぎ、儲ける為に色々なモノをガタガタにしすぎである。いつの日にか遊びすぎでガタガタになって持っていると思った富が単なる数字になるという恐怖感はないのだろうか?

単に現状の数字が下がるよりそれの方が怖いと思うのだが、どうにも数字を増やす事に喜びを見出してしまい社会が崩壊する事の恐怖を理解していない様に思える。その数字が下がると生活出来ない、しにくいというのは確かだけどね、でも無意味になったら更にどうしようもない世の中が出現するのだ。

社会を崩壊させながら懐を潤した果てに何があるのだろうか?どの様な未来を観ているのだろうか?

僕にはわからない。

多分そんな未来なんか観ていない、そしてお金持ちになる、裕福な生活をするといった事も考えてはいないと思う、単に勝者になるという事しか考えていないのだ、他人より自分はこれだけ優秀という事を証明するという事しか考えていないのである。

人には色々な比較項目があるかもしれないが大多数の項目がお金という基準で表す事が出来る、その為にマネーゲームに参加するのである。その力権力すら動かせるのである。

未来すら破壊できるのである。
posted by mouth_of_madness at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック