2013年06月16日

エイトレンジャー

いわゆるアイドル映画、いわゆるヒーローモノ映画(パロディ?)

笑いの部分は笑えないのだが映画自体は結構良かった、関ジャニ∞の演技もちゃんとしていると思う、むしろアイドル感を捨て去っている位の汚れな感じが素晴らしい。

色々と予想がつく展開ではあるのだがだからどうしたという感じで清々しいと思う、言いたい事はいくらヒーローが頑張っても全ての人は救えない、でも出来る事をやり助けられる者を助けるという部分だろう。

この部分はちゃんとヒーローモノ映画として成立していると思う。

団結の部分はもう少しピシッとして欲しい感じが残ってはいる、其処がこの映画の弱い部分だ、もう少しガツンと来る何かが欲しかった。

あと舘ひろしのはじっけっぷりが素晴らしい、CMとかでも弾けているのだがこの映画でのはじけ方は実に気持ちが良い。そこはかとないおかしさが滲み出ていて本編の中途半端な笑いネタより愉快な気持ちにしてくれるのである。真面目にヒーローの演技をおこなう其処に笑いが生まれる感じが実に良い。ゼブラーマンで哀川翔が出来なかった自然さを舘ひろしは軽やかにやっているのである。

面白可笑しいけど、悲哀がある実にイイ感じの枯れ具合にグッときます。

また続編を作る為にフリも含めて東山の演じるダーククルセイド総統の微妙なねじ曲がり具合も良い感じ、単なる馬鹿な悪役という訳ではない、もしかするとコイツもこのおかしな世界を潰そうとする正義かも思わせる部分も単なるヒーローパロディモノにしていないと思う。

誘拐された子供は幸せななのか不幸せなのかというオチもこの映画を良いモノにしている。

気負って観る事無く楽な気持ちで観れば面白かったとなる筈。どうせつまんないでしょ、あら探してやろうと思いながら観ては駄目。
posted by mouth_of_madness at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック