2013年06月20日

ロッテリア

昨日マクドナルドのキャンペーンメニューの貧乏くささを書いたと思ったら今度はロッテリアが斜め上いくキ期間限定メニューをぶちかましてくれた。

ハンバーグの上に積み上げるという展開から横に積み上げるという水平思考という新機軸だそうだ。

馬鹿なの?死ぬの?

2種類の具材を横長のバンズに挟み二つの味わいって、何この子供の馬鹿発想という感じに頭がクラクラする。二つの味が混じる部分は美味しいのか?肉とエビを一緒に食べるタイミング本当に美味しいの?

2個買って別々に食べた方が食べやすそうだし美味いのではないのか?

ハッタリ、ネタとしては良いのかもしれないけれど美味くないとコレは頼まないのではないかと思ってしまう位の迷走感である。

ありモノで目先を変えようとする貧乏くささ、いや確かに組み合わせによりいままでにない新たなる味わいを生み出すという事はあるだろう。でもそれってこんなに安易な事かは生まれ無い様な気がする。

カレーにひと味拘りの味付けとか、ルーをブレンドで美味さアップとか家庭のカレーがあるけどコレって大体が自己満足でしか無いのよ、大体余計な事をする事でバランスを壊すのが関の山。

そうそう新しく且つ美味いというモノは生まれないのだ。

美味いモノと美味いモノを合わせれば更に美味いモノになるとは限らないのだ、しくじれば新しい味にはなっても不味いモノになる可能性が高いのだ。バラバラな味わいのまま、現状維持が出来ていれば御の字である。

一度基礎に戻る事をオススメしたい、ベーシックなハンバーガーが単純に美味くなる、それこそがいま一番必要な事だと思う。

メニューを増やす事でも、ネタに走る事でもないのだ。
posted by mouth_of_madness at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック