2013年06月21日

300万

年収300万という事で何かと馬鹿にされる今日この頃。

発端は川越シェフ、そしてその意見をフォローしようとする外食評論家。
貧乏人はものの価値を知らんし、海外では当たり前の事を知らない非常識でかわいそうな奴なんだからといった感じで愚弄する。

そして貧乏人は語るなと言われみたり、貧乏人が支持しているのだからその事は言っては駄目なのよと社会の仕組みを語られゲンナリする事間違いなし。

何この嫌な感じの言論封殺感!?この上から目線感!?

そしてこれらの発言はまた大多数の外食産業を馬鹿にしているのだ、貧乏人、庶民の行く店とオレら高級店を一緒にしてくれるなと線引きをしているのである。

ちゃんとしたサービスも出来ていない感じなのに高級店を名乗り他を愚弄するって滑稽すぎるよ。

自分の常識は正しいと思っている感じ、海外の高級店ではそれが当たり前だからと疑問に思わずそれでイイと思う感じ、おかしな思い込みが思考停止を招く。

今回の件も水が800円という部分に反応している感じがあるしね、高いと思う部分なのか、勝手につがれた事についてなのか、議論がずれていたりするからね、これも思い込みの成せる技。

勝手につがれた事がダメというのなら居酒屋等でのお通しについてももっと抗議しなければダメだと思う。
posted by mouth_of_madness at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック