2013年06月25日

辞めどき

なんかまた刃牙シリーズを再開するらしい。

なんか辞めるタイミングを逃している感じがする。だらだらと長く続く長編漫画、ファンの人にとってはいつまで読みたいモノなのか?

僕は駄目になっていく作品は読みたくないと思うのだが。どうも世の中的には続いて欲しいという欲求が強いのだろう。

作者はどうなの?儲かるのならば良い?色々な作品を描きたいという欲求はないの?

最近終わったガンツとかにしても長い割に何の面白みもない終わりだった、この再開する刃牙も?な終わりで長く続いてコレなのという感じだ。

いま大人気のワンピースもオチに関してはかなり厳しいハードルがあると思う。

長編で濃い内容ならばまだ良いのだがバトル等でドンドンと薄められていく内容では充実感はない、やはり丁度いい長さで終わらせるべきなのだ。

出版社も作者も読者ももう少し考えるべきだと思う、あまりにも貪欲過ぎるのだ。貪欲になるにしてももう少し色々な作品に挑戦するべきだと思う。

下手をすると最期まで読んでもらう事も出来ない様な作品を作る、読まれていても惰性だったりする様なモノってどうなの?量さえ多ければ良いという考えは僕はどうにもついていけないのだ。


あと刃牙の作者もう少しピシッとしているかと思ったら老人の小便みたいにキレの悪い人だったという事か。スピンアウト展開や宮藤官九郎に対しての発言等をみても何となくゲンナリしてしまう。
posted by mouth_of_madness at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック