2013年06月30日

徴兵制

韓国が在日韓国人にも兵役に就けという話題でチョイと盛り上がっていたりする。

其処では基本的に「ざまぁ!!」という感じで盛り上がっているのだが、僕は非常に恐怖を感じるのである。

韓国は仮想敵国を日本にしているという本当なのか嘘なのかわからない事と、今の中韓併合という噂等を考えると実に危険な匂いがするのである。

この徴兵で出ていった者が兵役を終えて戻って来た時の事だ、その時の日本政府はどの様な対応をするのか?

日本を仮想敵国とみている可能性が高い国で兵役、訓練をした者を再入国させ、永住権を行使させるとは正気であるとは思えないのだが、その時の政府によってはそれをOKといってしまう可能性があるのだ。

人権だの、子供の頃から日本に住んでいたからだのといった理由で受け入れる可能性が非常に高いのである。

きっと現時点では知り合いでない在日同士のネットワークがこの兵役により築かれるだろうし、思想的なモノも兵役で再構築される筈だ、そしてそれらは韓国政府によってコントロールされるのだ。

何かがあれば動く兵士を内部に抱え込む事のこの恐怖。

在日は兵役にいけば虐められるぞといったセコイ事で喜んでいると大変な事になる様な気がするのだ。

帰って来た時から始まるであろう問題を考えると時間は足りない。



それともこれって僕の認識がおかしい?もう帰って来ない?現時点でも兵役終わってから日本に来る連中はいるのだから同じ事なのか?
posted by mouth_of_madness at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック