2013年07月14日

ネット監視

チョイと前にニュースになったアメリカのネット監視問題。何を今更感が強いニュースだったのですが色々と波紋を起こした。

様々な個人情報を収集するのであれば全てを監視する必要があるとは思うのだが、もっと意味のある情報を手に入れようと思えば国自体がウィキリークスをやれば良いのではないか?いや実際にやっているのではないか?

一見国家等に対するカウンター組織にみえるウィキリークスだけど本気で国家の諜報機関が潰そうと思えば難なく潰せる筈なのだ。それを放置している理由を考えると大した情報が無いか、これ自体がゴキブリホイホイみたいなモノでハッカーや内部告発をする下級諜報部員を誘い込む為にあるのではないかと思えてくるのである。

今回の情報漏洩して亡命とかでフラフラしているのも実は何か情報を得る為に囮に思えてくるのだ。

そう考えていくとエロ動画サイトとか、動画配信サイトを警察の裏組織的な感じで運営するとかいう方法もあるのではないか?そうすれば違法行為している人間の情報収集出来るのだ。児童ポルノを観ている人間が誰かをわかっていれば何らかの問題が起きた時に逮捕するネタとして保持するのである、別件逮捕出来る様に準備しておくのである。

また2ちゃんねるが国家により実は運営されているとしたらどうだろうか?

おかしな書き込みをする者、リーク情報を書く者といった人間を炙り出す為に存在させるのである。出来るだけ自由な書き込みを出来る様にしておけば良いし、情報を集めたければ板を立てれば良いのだ。世論の動きをコントロールする事にも使える。

そんな事誰も本気にしてないよと言われるかもしれない、面白がっているだけだよと言われるかもしれない「駄菓子菓子」「じゃあの」といった人々が何らかの意図を持った工作員だったとしたら?

話題になれば情報は一人歩きするのがネットの情報だ、切っ掛けがあれば陰謀論は真実実を帯びて人に響いてくるのだ。

次のステップはそれを馬鹿にする奴を配置していく、情報を攪乱する工作員が出てくる。これは実際に人を雇う必要はない、最初に出した情報に所々穴がある情報にしておけば良いのだ。

穴に気がついた人間が矛盾を指摘し騙されていると嘲笑させれば良いのである。ネットは馬鹿と暇人がやっていると思わせれば良いのだ。

その小馬鹿にされた感が人をムキにさせてしまう、俺の知っている情報の方が正しいと思い込む様になるのだ。そうなればおかしな情報であろうがムキに信じてしまうのだ。

凄く浅い素人考えではある、だが全部の情報から必要な情報を抽出する手間を考えれば、情報が集まる所の方が効率が良いと思うのは僕だけだろうか?

そう考えると監視していたという以上の何かがある様な気がするのである、監視はバレても良い様な情報になったから故意に漏洩させたのだ。
posted by mouth_of_madness at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック