2013年07月22日

清き一票

選挙終わりましたです。まぁ大方の予想通りの結果だと思います。まぁ予想以上に民主が議席を獲った感じもしますが(共産党や維新、みんなにもう少し流れるかなと思ってました、あと山本太郎が当選というのもねぇ・・・・)

それにしても投票率の低さよ。

投票しない人は大体「自分が投票しても何も変わらない」と言う。

コレを聞く、観るとどれだけ自意識過剰なのよと思ってしまう、自分の一票で自分の思う様な社会に成らなければ投票行為をしないってドンだけなのよ。自分が投票する事で変わるか否かはわからないけど投票する、その積み重ねが民主主義。

実際投票に行っていない人間が全て投票すれば組織票で成り立っている政党の議席を一つや二つは十分に減らせると思う、組織票の人達は基本的に投票するからね。

それに自分の一票で劇的に政治が変わるとしたらそれって目茶苦茶ストレスな話だ。いや未来を見通せる、俺の政治的感覚こそが正しいと思える位の自信の持ち主ならばそりゃ良いけど、不安だらけで投票している者にとってはそんな重大な判断をしろと言われたらストレスで胃に穴が開いてしまいますよ。

微妙な責任だから投票行為が出来るのですよ。喩え僕が間違えたとしても全体的には最善手に成ってくれる筈という甘えがあるから投票出来るのである。

まぁ実際には最善手に成らないという愚かさがあるのが人間なんですけどね。

僕達の一票は微妙な境界のせめぎ合いの結果程度は変えられるそんなモノでしかない、基本は時代の流れ、社会の空気で大体の輪郭は決まってしまうのだ。

結局人は色々な情報等を鵜呑みにしてしまうからね、自分でこれからの政治はこうあるべきだ何か考えていないからね。提示された争点だけで何となく決めているだけのモノなのよ。

だからこそ投票しないとでも言うのだろう。

でも投票しない人が自分が想像する結果の逆を目指せば予想外の結果になるだけの力を現実には持っているのだけどね。

まぁ実際には其処までへそ曲がりには成れないだろうけどね。
posted by mouth_of_madness at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック