2013年12月15日

軽減税率

消費税を上げると低所得層が困るとか景気が冷えるだとか、文化が駄目になるとかいった理由で囁かれる軽減税率。

食料品は低くするとか新聞は低くするとかいった事が議論される。

其処にまた利権が生じるとか言われている、此所は軽減税率の対象にしてくれと陳情が始まると言われていたりする。

何処で線引きをするかが非情に難しい議論になるのだろう。

でもこれって品目で決めるのではなく価格で決めるの駄目なのだろうか?価格で累進課税的に上がる消費税にするのだ。

一万円以下の商品は5パーセント、10万円以下の商品は8パーセント、50万円以下の商品は10パーセント、200万円以下の商品は15パーセント1000万円以上は30パーセントみたいにするのである。

まぁそんな事をするとばら売りにする事で価格を下げる事を企む可能性があると思うし、オープンプライスとの相性も悪いという問題点はある。

単価で算出する部分とか色々とあって色々と面倒臭い事になる感じがするから駄目か!?






posted by mouth_of_madness at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック