2013年12月25日

家カレー

家でカレー作るのが減っている記事、洗い物が面倒、時間がかかる、高齢化と少子化というが大雑把な理由らしい。

カレーってそんなに洗い物面倒?むしろ皿一枚で済むから洗い物が面倒というのはないと思うのだが、それに鍋も今はテフロン系が多いのではないの?そうでなかったとしても使い終わった後の鍋にお湯でも入れとけばそんなに苦労はしないと思う。

また時間がかかるというがカレーってそれ一品でOKな訳で色々作る事に比べたら時間はかからないと思う。

本格的にタマネギを炒めたいというのであればそれなりに時間はかかるけど、家カレーで其処まで炒めているの?洗い物が面倒と思う人間が其処まで炒めているとは思えない。

牛スジとかで作るのでなければそんなに煮込む時間もかからない、昼に煮込んで、ルーを入れずに放っておけば夜には良い塩梅。

いや確かにトータルの時間はかかっているかも知れないけれど実作業は大した事はない。

カレーが大変とか言うのであれば大概の煮込み料理は駄目でしょ?もうサラダしか食べない?もう一手間で野菜炒め?

また次の日とかも食べられるから結局は時間短縮、カレー状態ではなくスープで煮ただけでスストックして食べる分だけカレーにすればスパイシーな味わいですよ。

シチューにも出来るし、ポトフにも出来るのよ、実に手間がかからない。

まぁ高齢化、少子化は納得だけどね。

高齢化向けのあっさりしたカレーとか、ソバ屋のだしのきいた和風カレーとか、胃に待たれる、胃酸過多になりやすい小麦を抜いた、少なめにしたルーとかを商品化すれば良いのではないの?
posted by mouth_of_madness at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック