2013年12月28日

縄張り意識

結局人は動物の範疇を出る事無く、中途半端な知恵、自意識の為にねじ曲がりおかしな事になっていると思う。

色々なモノをコレクションするのも、金やダイヤモンド等に価値を持つのもカラス等がキラキラしたモノ集める事や百舌の早贄とあまり変わらない。百舌の早贄なんかとりあえず買って聞きもしない遊びもしないゲームやCDとなんかあまり違わない様な気がする。

そして領土問題等も結局は縄張り争い、マーキングと何にも変わらないし、マイホームというのも動物が作る巣作りと同じなのだ。

国家単位の縄張り意識から個人の単位の縄張り意識もある。

そしてこの縄張り意識、空間の奪い合いだけではない、物理的だけの問題ではないのだ、空間的にはそれなりに人は自分のプライベート空間を手に入れるに至っていると思う、引き籠もりというのが存在する位にはね。

厄介なのはこの目に見えない精神的縄張り。

この縄張り争いに負け居場所を失う者達がいるのだ、此が俗に言う居場所がないという事だ。

自分の思想、考えが受け入れられない事の絶望感、正解、不正解関係無く自分の思想を否定される、愚かしいモノと潰される、理不尽にも潰されるのだ。

そしてそれは意識的に行われるているのだ。

自分の思想を広める、自分の縄張りの傘下に収める事で自分の精神領域での活動範囲が広がり自由度が増すのである。

その武器として常識ミサイルや理屈的にはボムというモノの撃ち合いになる、自分では殴り合いをしないのである、実に醜悪な戦いでしかない。

格闘家が自分の身一つで殴り合う事に比べたら実に最悪な戦い方だ。

理屈を使っている事で頭が良い、文化的といっているけどやっている事は相手を屈服させる事、自分の利益を失わない様にしているだけの実に原始的な行動に過ぎないのである。

大人の対応だの調和だの、平和意識だの、色々な屁理屈を駆使してもやっている事は単なる縄張り争い、此等は単なるその方法に過ぎない。

俺の方が大人でしょとアピールする事での上から目線、色々な方法で上に立ちたいだけの小人の考えに過ぎないのである。

相手の考えを受け入れる的行動で大人物的にみせようとする、所有欲等がなくなったとアピールすること自体が小人なのよ。

そんな事を考えていないのならばそんな事はアピールしないモノなのだ。

靖国参拝での右往左往ぶり、アジアの平安を乱すだの、失望だのといった日本を非難する感じをみると、世界のダブルスタンダードぶりが良くわかる。

アフリカや中東で火種を作り無茶苦茶にしているどの口が日本に文句を言える立場かと、近隣諸国と紛争を起こしている中国にまともに文句を言えない国が日本には説教ですか?

我慢出来る奴が何時までも我慢すれば良いとでもいうのだろうか?

都合の良い立場をとる大人の対応?

リスクとリターンをみて行動する実に打算的な行動に過ぎないのである、だからダブルスタンダードになるのである。

posted by mouth_of_madness at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは違うなぁ…いつも面白く読んでますけど。
違うって。人間が動物の範疇なら、どれほど平和か。
動物は無益な殺し合いはしない。
動物に失礼です。
戦争が縄張り争いなら、まだ救いはある。
あいつら、信念で行動するから、手におえない。
人間は信ずる物が必要なんです。
クダラナイ信ずるもの(宗教や、恨みつらみ)の為に、
永遠に殺し合いをヤメない。
Posted by ラインオンメイリ at 2013年12月29日 23:59
どうもです。

冒頭で知恵、自意識でねじ曲がりという部分で動物的なんだけど実際の動物と違うよと、劣化しているよと定義したつもりでしたが、説明不足で申し訳なし。

そして後半部分の精神的縄張り争いという部分こそがより質の悪いモノとして通常の縄張り争いと違う悪いモノ、これこそが現在の混沌を生み出す元凶と・・・・

Posted by 管理人 at 2013年12月30日 12:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック