2013年12月30日

類似

韓国の現在の悪口外交が問題になっている。

確かに政治家としては阿呆な事だと思うけど、それを馬鹿にして報じるメディアも同じではないだろうか?

またそれらの報道をみて馬鹿丸出しと大騒ぎしている連中も結局は同じ事をしているのだ、立場が違うから影響力とかがないだけで馬鹿騒ぎをして怒り、嘲笑を周囲に振りまいているのである。

多分ねこれで大騒ぎしている連中は飲み会の席とかでその場所にいない者を小馬鹿にして酒の肴にしているのである、これってある種の悪口外交みたいなものよ。

誰かを誹謗中傷してイジメの構造作りだしているのだ。

同じ事をしていると気がつくべきよ、品性下劣になる前に気がつくべきだと思う。

それとももう手遅れ?

淡々と現状を知り、問題を淡々と処理をするそれだけしかないのよ。

馬鹿な事をしているのを観てあいつは馬鹿だと言っていれば現状は変わるのか?確かに変わるかも知れないがそれは自分達が成長した訳でも、改善したのでもない、相手が落ちぶれただけ
の事。

また馬鹿にしているうちに自分も馬鹿になり同じレベルに落ちてしまう事こそが非常に厄介な問題なのだ。

怒りは大事なのだけど、くだらない事で怒っていると本当にくだらない人間になるよ、そのレベルの人間になってしまうのだ。

怒りを嘲笑で発散するのは心を曇らす。



posted by mouth_of_madness at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック